« 12月5日(月) アメリカハナノキ | トップページ | 12月7日(水) カイノキ(ランシンボク) »

12月6日(火) ヘミグラフィス・アルテルナタ(注2)

161206hemigraphis_alternata
そそられる色合いです。葉に紫を兆す草と言えば、ウラムラサキムラサキオモト、あるいはギヌラなどがあるものの、それらの色配合は単純でした。それに対して、この葉の玄妙さにはため息が出ます。まるで鎧の縅しのよう…。
ヘミグラフィス(注2)にはいくつか種類があり、おおむね葉に紫を呈します。そのなかでも、このアルテルナタの色具合が一番芸術的に思えます。
そんな美貌に反し、暑さにも寒さにも水涸れにもタフだというから感心します。今回初めて温室で見かけたものの、どんどん町に出てほしい一品です。

<補注1> 同じヘミグラフィス・アルテルナタでも、葉の様子が少し違うものを収録しました。(2019年2月4日
<補注2> 近年、ヘミグラフィス属(ヒロハサギゴケ属)はイセハナビ属(Strobilanthes)に移動しているようで、つまりこの草本の呼び名もゆくゆくは不適切なものになります。そのときのために、「シソモドキ」というやや失礼な和名(標準)もあることをここに書き添えておきます。(2021年10月)

過去のきょう 2015 タイワンホトトギス 2014 ツルムラサキ 2013 タチシオデ 2012 ノブキ 2011 ホソイトスギ(イタリアンサイプレス) 2010 フユザンショウ 2009 ハゼノキ 2008 ハウチワカエデ 2007 ソヨゴ 2006 タラノキ 2005 メギ 2004 ダリア

|

« 12月5日(月) アメリカハナノキ | トップページ | 12月7日(水) カイノキ(ランシンボク) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月5日(月) アメリカハナノキ | トップページ | 12月7日(水) カイノキ(ランシンボク) »