« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

11月30日(水) ヤーコン

161130yacon過去記事を調べてみて、あれからもう7年か!とびっくりです。当時、あちこちでヤーコンの葉は見ることができても花を見ないので、ちょうどその年に栽培していた近所の人に無理を言い、花が咲くまで芋の収穫を遅らせてもらったのでした。
それが、今度はなんなく、しかも花盛り状態で、かつ葉や茎も健康優良状態という畑を見つけました。ミニヒマワリと言っても通りそうです。
お里はアンデス山脈だと言いますから、ワタシらが「寒くなったねー」というころが「気持ちいいー」季節なのでしょう。つい「コンドルが飛んでいく」のメロディを口ずさんでみたのですが、さてヤーコンにはそれと聞こえたかどうか…。

○○年のきょう 2015ゼンマイ> 2014ハナトラノオ(カクトラノオ)> 2013シラン> 2012緑光(りょっこう・四季咲きバラ)> 2011サンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010ショクヨウギク(料理菊)> 2009シロダモ> 2008ヤブムラサキ> 2007キヅタ> 2006ムクノキ> 2005リキュウバイ> 2004ウインターコスモス

| | コメント (0)

11月29日(火) ツタ(ナツヅタ)

161129tutaツタの花と実を撮らなくては!と思ってもう2年です。なのに、そのノルマをようやく半分だけ達成です。しかも、そのターゲットはもうカラカラで粉を吹いた状態なので、シビアに言えば、ノルマ達成率は1/3か1/4というところでしょう。
そんな成績不良状態なのに、じつは気持ちの半分以上はこの赤い「棒」に奪われていました。葉(葉身だけ)を落としたあとの葉柄です。
ふつうなら葉は葉柄をともなって落ちるのに、ツタが葉身だけを落とすわけは、前に触れています。その「わかっていること」に、まだ興味津々です。
いま、近くのトチノキ並木の歩道は細い鉛筆のような物体で埋まっています。トチノキも、ツタと同じく葉柄は葉身に遅れて落ちるのです。この「小葉と葉柄の間に離層を持つ」仲間がまだいそうで、出歩くたびにキョロキョロしています。

○○年のきょう 2015サワグルミ> 2014シリブカガシ> 2013マテバシイ> 2012アルテルナンテラ(アキランサス、テランセラ)> 2011ドラゴンフルーツ(ヒモサボテン、ピタヤ)> 2010オオモミジ> 2009センニンソウ> 2008マムシグサ> 2007ヒサカキ> 2006タチバナ> 2005ベニバナボロギク> 2004スイセン

| | コメント (0)

11月28日(月) ノダケ

161128nodakeどうやらこれがノダケの最終章のようです。カメムシかどら焼きか…のように見えた濃紫色の実は、薄片に分かれて枯淡の境地となりました。
あとは順番に木枯らしに運ばれるのを待つだけです。前にヒメガマの綿毛が飛ぶのを見ながら、冬は北風だから、群生は南に移動し続ける?という心配をしたことがありました。しかし、実際はどうした具合か南風(はえ)や西風(ならい)が吹くこともあれば、小春日和で東風(こち)が頬をなぜるときもあり、たぶんノダケの種もこれから四方八方、てんでに撒き散らかされるのでしょう。
特に羽を持つわけでもなく、長距離飛行はできなくても、軽く湾曲したこの丸い種は、案外上手に風に乗りそうで、賢い形に思えます。

○○年のきょう 2015イカリソウ> 2014モミジヒトツバ> 2013オオバギボウシ> 2012ナンテン> 2011バンレイシ> 2010サザンカ> 2009マユハケオモト> 2008キミノオンコ> 2007ウンリュウヤナギ> 2006カラタチバナ> 2005ニホンスイセン> 2004クコ

| | コメント (0)

番外編 : ZenFone 3

161128zenfone_3_bすげー! 本当のスマホってこういうものだったんだ…と、なにを今さらの感想です。
ZenFone 3(ASUS=台湾メーカー)、けっこう最新機種(国内発売10月7日)です。で、ケチ衛門のくせにけっこう張り込みました。国内正価42,780円のところ、並行輸入品を29,600円(税・送料込み)でゲットです。この1年愛用したFreetel Priori3に比べると、実購入価格なんと2倍以上の「高級品」です。
機種を替えるにあたって要求した諸スペックは、ざっくり言ってPriori3の2~4倍でした。そのうち一番のポイントはROMサイズで、Priori3=8GBでは、さすがにもうどうしようもなく(追加した64GBのSDカードに移行できないものが多数あり)なっていたのです。そのほか、カメラの画素数がもっと!とか、電池がもうちょい持って!とか、1年使い込んでみて、ホントのところの「ほしいもの」が見えてきた感じでした。

で、ZenFone 3の「すげー」ところです。なんにもする必要がありません。テキトーにPriori3と同期させたら、ぜんぜん手間いらずでそのまま使えるようになりました。それでも、初めての機能がたくさんあるので、あちこち寄り道しながら、だいたい2時間くらい「楽しんで」設定終了です。
少しだけ心配だった並行輸入品(台湾現地品)の使い勝手は、まったく無問題でした。報道で見かけた「一部の漢字が中国語」ということも今のところ見つからず(問題部分は改善されていた)、なんのストレスもありません。

ただ、開封してちょっとビビったのは、シャンパンゴールドの色合いでした。いや、シャンパンゴールドであることに間違いはなく、色相的にはとてもシックなのに、つい今までの真っ黒と比べるもので、かつサイズ(画面=4.5→5.2inch)が大きくなったもので、「いやあ、ちょっと派手か?」と腰が引けたのです。たぶんすぐに慣れるでしょうが、しばらくは人前で出すには「言い訳」が必要です。

あと、ASUSのPC・スマホと言えば、すぐに壊れることで有名です。しかし、この機種に限るとその問題からはかなり解放されているようなのです。あとで「やっぱり」という記事を書くかどうか、今から不安ではあっても、製品設計というのはたまにアタリもあることを信じてみたいと思っています。(写真はASUS・HPから)

<補注> ROMサイズなどに加え、もう一つ、Freetelを見限った理由は、エリアメール(ETWS:地震・津波警報システム)に非対応(メーカーに確認したら、全機種)だったことです。そして、その対策として「Yahoo!防災速報」を入れたところ、電話がすぐに切れるというトラブルに見舞われました。
泣く泣く「Yahoo!防災速報」をアンインストールして電話機能は回復したものの、やはり災害情報は必要です。そこで、ETWS対応ということも要求スペックの一つとして、今回のASUSチョイスとなりました。

| | コメント (0)

11月27日(日) フウリンブッソウゲ

161127huurinbussouge向こうの世界というのは花が咲き乱れているとは言うけれど、それがタンポポとかウメとかだと、行ってがっかりすると思うのです。ぜひ、そこでは頭上からこのフウリンブッソウゲとか、あるいはシクンシの花が降り注ぎ、見渡す野辺には四季を問わずにマンジュシャゲナツズイセンが咲き乱れていてほしいものです。
あ、そうだ。そんな向こうの世界の草木も、このブログに記録し続けられたら面白いかも…。はた衛門の霊界日記! むふふ、楽しみが一つできました。

○○年のきょう 2015コウジ> 2014ハマビワ> 2013メギ> 2012アマチャヅル> 2011サクララン> 201アオハダ> 2009カミヤツデ> 2008アカネ> 2007オキザリス・バーシカラー> 2006シャクチリソバ> 2005コブクザクラ> 2004イネ

| | コメント (0)

11月26日(土) シュウメイギク

161126syuumeigiku前衛華道の展示会にでも出かけたような一枚です。もちろん、正真正銘、屋外の花壇で撮りました。シュウメイギクのお笑い芸人的一面です。
麗人の誉れ高いシュウメイギクにこんな隠れた才能(?)があることは、すでに何年か前に気づいていました。そこで今回は花びらを完全に落とし、見る人が見なければ正体がわからない姿に変身するまで待ってみたのです。
計算外だったのは、茎の捩(よじ)れです。前にミソハギとかトクサでも意味不明のクニャクニャを見ています。意図的にこういう育ち方をさせることができたら、けっこうヒット商品ができるのでは?と取らぬ狸の皮算用をしてしまいます。

○○年のきょう 2015アワコガネギク> 2014パイナップルリリー> 2013ミセバヤ> 2012ハシバミ> 2011フウリンブッソウゲ> 2010ノガリヤス> 2009シャコバサボテン> 2008センボンヤリ> 2007ジョウリョクヤマボウシ> 2006ガーベラ> 2005ガマズミ> 2004フェイジョア

| | コメント (0)

11月25日(金) ギンツノサンゴ

161125gintunosango有刺鉄線に生命を吹き込んだらこうなるでしょう。ジャケツイバラを見たときも、すぐに生垣用途を思い浮かべたけれど、軍配は明らかにこちらです。
マダガスカルの特産だそうで、あのアアソウカイ(亜阿相界)と出自が同じです。アジア(亜細亜)とアフリカ(阿弗利加)相互の境界というマダガスカルには、こんな特異な動植物がわんさかと存在するようです。

○○年のきょう 2015ハクサンボク> 2014ケヤキ> 2013ニッサボク> 2012オギ> 2011オンシジューム> 2010ヘラノキ> 2009サカキ> 2008ペラペラヨメナ(ゲンペイコギク)> 2007カワヤナギ> 2006ナツハゼ> 2005カマツカ> 2004サネカズラ

| | コメント (0)

11月24日(木) トシエ・アオキ・ポカイとオリエント・アンバー

1611124blc_toshie_aoki_pokai紅葉と黄葉のどちらが好きか…なんて迷っていたら、「赤と黄で迷うなんてナンセンス! 2色一緒でほらきれい!」という蘭がありました。
161124slcorient_amberしかも、もう少し渋めの赤&黄配色も見つけました。
先日の靴下がそうだったように、紺とかグレーとか、ほかの10色は売り切れなのに、赤と黄だけ売れ残り…というのが日本人の一般的嗜好だと思うのです。なのに、ことが蘭となると、その2色を組み合わせてしまう超常世界です。
あ、そうか。自分の靴下も、右は赤、左は黄と組んで履けばいいかも。きょうはトシエ・アオキ(1枚目:BLC. Toshie Aoki 'Pokai')風、あすはオリエント・アンバー(2枚目:SLC.Orient amber)風、なんて、家族の顰蹙をものともせず、これからの寒い毎日を明るく楽しく乗り切っていくことにしますかね。

○○年のきょう 2015クジャクシダ> 2014カタバミ> 2013シマカンギク> 2012サルスベリ> 2011ゴレンシ(スターフルーツ)> 2010ゴシュユ> 2009ツルソバ> 2008リンゴ> 2007マンデビラ(ディプラデニア)> 2006ツタウルシ> 2005オトコヨウゾメ> 2004アキノウナギツカミ

| | コメント (0)

11月23日(水) エンコウカエデ

161123enkouこの季節は燃えるような紅葉もいいし、ほんのりの黄葉も捨てがたいし、赤と黄のはざまで心が揺らめきます。そんな優柔不断の男をからかうように、「ほら、黄色だけじゃなく、赤(葉柄)も添えてあげたよ」とお節介なエンコウです。
どうせなら、春にも「ほら、これが花だよ」と見せびらかしをしてくれればいいのに、そのころは案外に愛想なしです。…などと、開花写真を得られないでいるのをエンコウのせいにしようとしたら、草木の写真を撮り始めたころ、母種のイタヤカエデについては簡単に花を写していました。
もっとも、そのときは花の雌雄もわきまえずにただ「花だあ」とやっているので、今度の春にはもう少し「違いのわかる男」になっていたいものです。

2015年のきょうシラカンバ> 2014年のきょうウオトリギ> 2013年のきょうムクロジ> 2012年のきょうカラスノゴマ> 2011年のきょうサンジャクバナナ> 2010年のきょうオウゴンカシワ(ナラガシワ)> 2009年のきょうラクウショウ> 2008年のきょうキカラスウリ> 2007年のきょうシロウメモドキ> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうキカラスウリ> 2004年のきょうハクサイ

| | コメント (1)

11月22日(火) クイーン・エマ・リリー

161122qel「先日は大変に失礼をいたしました!」とお詫びの一枚です。まるで化粧を落としたあとのような、たった一輪の咲き残りを掲載してしまったクィーン・エマさまの、今度こそ「どうじゃ!」というお声が聞こえてきそうなお姿です。
これが一面に植えられたお庭というのはさぞや壮観だったことでしょう。恥ずかしながら、世界の観光地ハワイにまだ行ったことがありません。もしや気の迷いで彼の地を訪れる機会など巡ってきたら、クィーン・エマ・リリーに埋め尽くされた花壇のあり場所だけは事前チェックしておくつもりです。

2015年のきょうヤブミョウガ> 2014年のきょうオヤマボクチ> 2013年のきょうシャコバサボテン> 2012年のきょうエノキ> 2011年のきょうアアソウカイ> 2010年のきょうシマカンギク> 2009年のきょうホコリタケ> 2008年のきょうコダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)> 2007年のきょうギンバイカ> 2006年のきょうナギ> 2005年のきょうカリン> 2004年のきょうオオモミジ

| | コメント (0)

11月21日(月) モミ

161121momiつい「樅ノ木は残った」と呟いてしまいます。史実と小説とを一緒にするのもどうかとは思いながら、権力におもねることなく、周囲にへつらわず、己の命を「至誠」に捧げるのは、明らかに男の理想像の一つでしょう。
幹がバッキリと折れても委細かまわず立ち尽くすモミには、そんな男たちの、ほぼ実現不可能なロマンの気が立ちこめているのです。
そう言えば、前も山中で太い幹を折ったモミに会いました。強いものはまた折れやすくもある…という不条理な絶対則も含んでいるようで、か弱い男心は折れたモミの幹に見果てぬ夢を重ねてみるのでした。

2015年のきょうブラシノキ> 2014年のきょうヤマハギ> 2013年のきょうヒメイチゴノキ> 2012年のきょうカナムグラ> 2011年のきょうメガルカヤ> 2010年のきょうミツデカエデ> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうアメリカヅタ> 2007年のきょうカタバミ> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうシロダモ> 2004年のきょうドウダンツツジ

| | コメント (0)

11月20日(日) ディコリサンドラ・ティルシフローラ

161120dichorisandraこのところ毎日のようにこの写真を見つめ直しては名前を唱えようとするのに、悲しいことに出だしの「ディ」しか出ないのです。「ディ」は、ふだん使わないD-H-Iという打鍵順なので記憶に残るようでも、あとはさっぱりです。
そして、これを撮るときも帰ってからも、てっきり木だろうと思っていたのも悔しいことでした。つくづく見ると、葉がヤブミョウガに似て草本っぽく、茎も決して「枝」ではなく、しっかり緑色を呈しています(画面左や上の葉は別物)。
さらにゲゲゲなのはこれがツユクサ科だということで、そりゃ花色はかすってはいるでしょうけど、なんぼなんでもそりゃないでしょ…と聞く人もいない不満を写真にぶつけながら、ディコリサンドラ・ティルシフローラ!と連呼してみるのでした。

2015年のきょうオミナエシ> 2014年のきょうウバユリ> 2013年のきょう房咲き水仙・ペーパーホワイト> 2012年のきょうナンキンハゼ> 2011年のきょうメグスリノキ> 2010年のきょうキチジョウソウ> 2009年のきょうイワニガナ(ジシバリ)> 2008年のきょうチシャ(レタス)> 2007年のきょうオキザリス・フラバ> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうツリバナ> 2004年のきょうチャノキ

| | コメント (0)

11月19日(土) イロハモミジ

161119heirinji最近、室内履きの靴下を買い替えました。季節からしてもう売れ残りになっていて、真っ赤と真っ黄という不人気品を処分価格で買うことができました。
さて、面白いことに気づいたのは、布団を抜け出してこれを履く明け方のことです。周囲が真っ暗でも、黄色の靴下はすぐにつかめるのに、赤のときはそれがどこにあるかさえ、わかりません。手探りで見つけても、「え、こんな黒いのは持ってないよ」と思うほど、赤みは欠片もなく真っ黒に見えるのです。
ハハア、これが明度の差ってヤツかとわかって古刹の紅葉を眺めれば、みんながレンズを向けて褒めそやすこの楓も、明け方にはただの真っ黒クロスケでしかないのでは…と斜に構えつつ、うーんきれい!とパシャパシャしたのでした。

2015年のきょうコトネアスター> 2014年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2013年のきょうアレカヤシ> 2012年のきょうマンデビラ(ディプラデニア)> 2011年のきょうスズメウリ> 2010年のきょうスイショウ> 2009年のきょうダンコウバイ> 2008年のきょうツノナス(フォックスフェイス)> 2007年のきょうドウダンツツジ> 2006年のきょうヒラナス(アカナス、カザリナス、ソラヌム・インテグリフォリウム)> 2005年のきょうシロヨメナ> 2004年のきょうビワ

| | コメント (0)

11月18日(金) アアソウカイ

161118aasoukai久しぶりにアアソウカイを写して、我ながらいい出来ではないかとご満悦です。その大きさから、温室の天井が必ず邪魔になるのに、今回はかなりうまくごまかすことができました。そして、ご本体にもぐっと肉薄です。
去年、パキポディウム・グラキリスを取り上げたとき、サイズはまるで違っても、二つは仲間であることを確認しました。いま、こうして見直すと、たしかに相似形のように作りが似ています。際立つ葉軸のきれいさもそっくりです。
さてこのアアソウカイは、キョウチクトウを思わせる白い花をつけるのだそうです。ここまでくればあとはその開花シーンが欲しいもので、今度出会ったこの元気そうな株には、♪咲~けよ咲けよ…とささやきかけておきました。

2015年のきょうシマカコソウ> 2014年のきょうノダケ> 2013年のきょうホトケノザ> 2012年のきょうニガキ> 2011年のきょうビレヤ・シャクナゲ> 2010年のきょうシマサルスベリ> 2009年のきょうヒオウギ> 2008年のきょうスイレンボク> 2007年のきょうエアーポテト> 2006年のきょうフユノハナワラビ> 2005年のきょうムサシアブミ> 2004年のきょうセンリョウ

| | コメント (0)

11月17日(木) コブシ

161117kobusiコブシというのは葉の落ち際が早く、あるいは葉の傷みも進みやすく、なかなかきれいな黄葉にはお目にかかれません(この辺でのこと)。そのせいで、このように健全に「老いてゆく」葉を見かけると、軽く感動してしまいます。
うれしいことに、来春の花芽(ぽっちゃり体型)も葉芽(ほっそり型)もたくさん備えていて、順調な世代交代が行われていることがわかります。
野良歩きの効用は、こうして草木の本然たる姿に触れられることでしょう。無用な欲望に犯されず、自分の生来の機能を全うするために生きる…人生の目的がわからないなどと小癪なことをいう若者に、見せてやりたい姿です。

2015年のきょうコバノギンバイカ> 2014年のきょうクスドイゲ> 2013年のきょう四季咲きバラ(ピンク・パンサー)> 2012年のきょうシュウメイギク> 2011年のきょうペペロミア・オブツシフォリア> 2010年のきょう島バナナ(バナナ)> 2009年のきょうヒッコリー> 2008年のきょうムラサキカタバミ> 2007年のきょうチョコレートコスモス> 2006年のきょうウコギ> 2005年のきょうヨメナ> 2004年のきょうヒイラギ

| | コメント (0)

番外編 : MSよ、社外品は摺り潰すのか!

Atokまったく、マイクロソフトの横暴というのは目に余ります。システムをシャットダウンするときに、「更新してシャットダウン」しか選べなくされて、数日は仕方なく物理的に電源を落としていたものの、根負けして更新したら、ものの見事にいろんな「自分の使い勝手」を狂わされてしまって…。
最悪だったのは、ワタシのかわいいATOKちゃんがまるっきりのお馬鹿になってしまったことでした。文字を打っても、入力中の文字が見えない!のです。つい5カ月前、Win10化にあたって5,000円近くも投資したばかりなのに、くそ~。
まあ、改善策は簡単でした。一度ATOKを全削除して再度インストール、それだけでどうやら旧に復してはくれました。しっかし横暴です。憤懣やるかたなく、もぉ、いい加減にしてくれよな…という怒りの記録です。

| | コメント (0)

11月16日(水) パフィオペディルム・リーミアヌム

161116p_liemianumこのパフィオペディルムという属については、前に尾長鶏の尾羽のような側萼片を持つサンデリアヌムを載せたことがあります。あのインパクトには少し負けるかとは思いつつ、このお髭もまたなかなか心惹かれる姿です。
こういう異形のパーツというのは、たぶん虫をおびき寄せるためでしょう。自分が虫だったら、こういう毛むくじゃらは避けて通るはずでも、そこはそれ、蓼食う虫はいろいろいるのだろうと推測します。
願わくば、その物好きな虫の顔を拝みたいのに、そこまで現地環境を再現してくれる温室がないのが残念です。関係各位には鋭意ご検討をお願いしたいものです。

2015年のきょうツノゴマ> 2014年のきょうコダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)> 2013年のきょうゴシキトウガラシ(ハナトウガラシ)> 2012年のきょうイロハモミジ> 2011年のきょうカイノキ> 2010年のきょうキッコウハグマ> 2009年のきょうシオデ> 2008年のきょうアシ(ヨシ)> 2007年のきょうフユザクラ> 2006年のきょうコンギク> 2005年のきょうノコンギク> 2004年のきょうアブチロン

| | コメント (0)

11月15日(火) カホクザンショウ(カショウ)

161115kahokuzansyou日本のサンショウとは同属なので、見かけはよく似ています。ただし、その気で見ると枝の棘が異様に太く、また葉が少し大ぶりです。
植物的にはカホクザンショウ(華北山椒)と呼ぶのが正式でも、一般にはカショウ(花椒)という名の方がポピュラーです。この花椒を中国語的に発音するとホァジャオで、例の麻婆豆腐が独特の風味を持つのはこの調味料のおかげです。
ふつうの山椒は雌雄異株なのに対し、華北山椒には雌雄がないそうで、春の花をつぶさに眺める楽しみができました。

2015年のきょうキウイフルーツ> 2014年のきょうコクサギ> 2013年のきょうコモチクジャクヤシ> 2012年のきょうオオバナノノコギリソウ> 2011年のきょうワイルドオーツ(ニセコバンソウ)> 2010年のきょうヘビノボラズ> 2009年のきょうコウカジュ> 2008年のきょうルリフタモジ(白)> 2007年のきょうイヌマキ> 2006年のきょうサイカチ> 2005年のきょうノコンギク> 2004年のきょうコセンダングサ

| | コメント (0)

11月14日(月) リュウビンタイ

161114ryubintaiこの夏、露地で育つリュウビンタイをここに載せました。いかにも在来の羊歯と変わりない慎ましやかなサイズで、本領の片鱗も見せない姿でした。
それが、大きな温室のなかだと、さすがに巨大でした。これなら南方の驟雨に遭遇しても、大人が二人・三人は楽に雨宿りできます。
しかもこの美しさです。けだるい夏の午後、この葉陰で涼をとったら、まるで王侯貴族の気分でしょう。などと夢見て外へ出ると、ウホ、冷えます。四季があるからこその日本とわかってはいても、やっぱり寒さは嫌いです。

2015年のきょうオランダセンニチ> 2014年のきょうヌスビトハギ> 2013年のきょうイエギク> 2012年のきょうシロモジ> 2011年のきょうトネリコ> 2010年のきょうカラスノゴマ> 2009年のきょうミツデカエデ> 2008年のきょうヒシ> 2007年のきょうハツカダイコン> 2006年のきょうヒメノウゼンカズラ> 2005年のきょうモッコク> 2004年のきょうウインターコスモス

| | コメント (0)

11月13日(日) シロダモ

161113sirodamo谷に落ちていく傾斜面にシロダモが4本ありました。それが悲しいことに、どれもみな雄株なのです。どう探しても、あの赤い実がないし、どの木もみなモコモコとむさ苦しい雄シベを噴き出しまくっているばかりです。
植栽とも思われない場所だし、雄株だけを植栽する意味もないでしょう。たぶん山のなかの実生なのに、なぜ「男だらけ」になったのか不思議です。
これまでは「雌雄異株だから、雌株に会える確率は50%」と単純に考えていたのに、もしかしてシロダモは「娘一人に婿三人」状態なのでしょうか。おっと、この言い回しには婿八人とか婿十人のバリエーションもありました。さて、実生のシロダモの男女比率はいったいどんなものか、ちょっと面白い課題ができました。

<補注> 引用したことわざ本来の意味は少し違うものの、ここでは単純な男女比になぞらえて用いました。

2015年のきょうサキシマフヨウ> 2014年のきょうアベマキ(とクヌギ)> 2013年のきょうイヌビワ> 2012年のきょうサルビア・インディゴスパイア(ラベンダーセージ)> 2011年のきょうアシボソ> 2010年のきょうサルビア・エレガンス(パイナップルセージ)> 2009年のきょうヤブサンザシ> 2008年のきょうムシカリ> 2007年のきょうコミカンソウ> 2006年のきょうプレクトランサス・モナ・ラベンダー> 2005年のきょうセンニンソウ> 2004年のきょう早咲きツバキ(西王母)

| | コメント (0)

11月12日(土) キッコウハグマ

161112kikkouhaguma小悪魔ならまだしも、性悪女め!とまで罵ったキッコウハグマが、「私のこと、忘れてない?」とばかりに突然目の前に現れました。しかも、以前は見ることができなかった性転換後の姿(雄シベが雌シベに変化)です。
出会いはきのうの記事と同じ「なじみのない山」でのことでした。山襞を縫うように登ったり降りたり、3時間ほども彷徨したなかで、たったひと株だけ、ポツネンと路傍で待っていてくれました。かわいい奴です(態度豹変・笑)。
さて、これであのオレンジ色の雄状態からこんな雌状態になることはわかったものの、それが本当に同一人物(?)かどうかは俄に信じられません。願わくば小悪魔さん、今度はその性転換中のお姿など拝見できないものでしょうか。

2015年のきょうオオアマドコロ> 2014年のきょうメガルカヤ> 2013年のきょうゴクラクチョウカ> 2012年のきょうバクチノキ> 2011年のきょうセイヨウニンジンボク> 2010年のきょうアコニット(セイヨウトリカブト)> 2009年のきょうヤブムラサキ> 2008年のきょうカキ(品種不明) > 2007年のきょうイチゴノキ> 2006年のきょうケンポナシ> 2005年のきょうハマギク> 2004年のきょうセイヨウアサガオ

| | コメント (0)

11月11日(金) イヌシデ

161111inuside1アカシデの実が賑やかな様子をとらえてから、もう1カ月近くが経ちそうです。仲間のイヌシデの実も確認したくて、ヤキモキした期間でした。
あてにしていた近場のイヌシデにはどういうわけか実が見つからず、ふらりと訪れたなじみのない山で、ようやくワンちゃん発見!です。ただ、あいにくのドン曇りと情けないカメラのせいで、どうにも悲しい写真になりました。
161111inuside2それでも、落ちていた実を拾うと、イヌシデの特徴がハッキリわかりました。実全体の構造やサイズはアカシデと同じでも、果苞の先がじつにのびやかです。
ただ、わからないのはこの果苞の役割です。形からして、風に舞って種を遠くに運ぶものだと思うのに、こうして房ごとボテッと落ちては、せっかくのスマートな翼形がなんの役にも立たないではありませんか。
もしかして、これから木枯らしが吹いたとき、この房が崩れて、一枚一枚が地面から飛び立つのか…などと、あり得そうもないことを考えてしまいます。

2015年のきょうウンナンハギ(四季咲きウンナンハギ)> 2014年のきょうウワミズザクラ> 2013年のきょうコハウチワカエデ> 2012年のきょうセンブリ> 2011年のきょうトマチロ> 2010年のきょうカイノキ> 2009年のきょうオシロイバナ> 2008年のきょうシュウメイギク(八重)> 2007年のきょう早咲きツバキ(西王母)> 2006年のきょうラッキョウ> 2005年のきょうミツマタ> 2004年のきょうウメモドキ

| | コメント (0)

11月10日(木) クサソテツ

161110kusasotetuこれがもし人間だったらおかしな話で、腰は曲がってきたのに生殖機能はいまからバリバリ!?という悩ましいことになってしまいます。常日頃、草木を人間になぞらえて師と仰ぐはた衛門も、クサソテツの真似は止めとしておきましょう。
5月の青々とした葉に始まり、7月には栄養葉のなかに残った胞子葉に気づき、12月には枯れゆく栄養葉と成熟した胞子葉、2月には機能全開中の胞子葉を見てきました。そんな過去記録では手薄だった胞子葉の芽生えどきを、ようやくとらえることができました。そして栄養葉もまだ健在というツーショットです。
春から夏には栄養葉で我が身の充実に励み、周りに葉が少なくなって胞子を撒きやすくなる冬を目指して胞子葉が頭をもたげる…じつに賢い機能分担をしているわけで、真似はできなくても、その処世術は見習うべきことのようです。

2015年のきょうネコノヒゲ(クミスクチン)> 2014年のきょうアイノコセンダングサ> 2013年のきょうツワブキ> 2012年のきょうユリノキ> 2011年のきょうツリバナ> 2010年のきょうウラジロノキ> 2009年のきょうトキリマメ> 2008年のきょうミドリハッカ(スペアミント)> 2007年のきょうトウゴマ> 2006年のきょうアザミゲシ> 2005年のきょうヒメツルソバ> 2004年のきょうユズリハ

| | コメント (0)

11月9日(水) モミジバフウ

161109momijibafuu40~50mほど続くモミジバフウの並木です。お見事、拍手!!です。
前に、まだ緑のままの枝を残した「局部的紅葉」を載せただけだったので、この画像はどうしても欲しいものでした。しかも、これは決して「狙った一枚」ではなく、お泊まり先であてもなく出かけた朝の散歩での収穫というところがミソです。
つまり、「犬も歩けば…」です。寒い・寒いと部屋に籠もっていてはなにも得られないわけで、この写真はマメ男くんへのご褒美と考えることにします。

<追加記事> (2016年12月6日)
161206momijibahuu真っ赤に染まったモミジバフウに拍手をしてからほぼひと月、今度は「あれれ?」と首を傾げることになりました。
陽当たりもよく、木も十分に大きく、環境にはなんの問題もないように思える4~5本の並木が、どうにも情けない色づきです。まるで一人で紅黄葉の見本帳になったようなこの色具合はどうしたことでしょう。
考えられることは、地域差(=寒暖の変化度合いとかその速度差)でしょうか。お見事な色合いだった上の写真は金沢市での一枚だし、思い出に残る真っ赤なモミジバフウ並木は山形市のものでした。
たった2カ所を根拠にするのは不心得でも、やはり日本海側に比べると、関東南部の気候はダルイのだろうと思わざるを得ません。どうかモミジバフウさま、近所でもお見事!と拍手したくなるような色合いに染まってくださいますように…。

2015年のきょうコエビソウ> 2014年のきょうコウヨウザン> 2013年のきょうカンレンボク> 2012年のきょうソバ> 2011年のきょうイワレンゲ> 2010年のきょうキクニガナ(チコリ)> 2009年のきょうアワコガネギク> 2008年のきょうジャコウソウモドキ> 2007年のきょうシラキ> 2006年のきょうスズメウリ> 2005年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2004年のきょうダチュラ

| | コメント (0)

11月8日(火) ヒラナス(アカナス、カザリナス、ソラヌム・インテグリフォリウム)

161108hiranasu畑に植わっていると、どうしても目立ちます。そこでついパシャリとしてみたのに、成果は昔の写真と大差なしです。パッと見は派手でも、葉はボロボロだし実には傷が多くて、どうにも締まりのない一枚になってしまいました。
それなのにあえてここに載せるのは、記憶の呼び覚ましのためです。写すときに頭にあった名前は「ソラヌム」だけで、それに続く種小名はもちろん、和名や別名はまるっきり思い浮かべられませんでした。
そこできょうの写真を昔のものと比べると、今回の実の方が平たくて、ヒラナスという和名のすり込みには役立ちそうです。実の色味の配分も今回の方が具合がいいので、カザリナスという別名にも得心がいくというものです。
さて、それではインテグリフォリウムです…あ、これは無理です。くたびれた葉っぱが我が頭の老朽具合を投影していて、「あきらめようよ」と笑っています。

2015年のきょうアサリナ> 2014年のきょうオオハナワラビ> 2013年のきょうエドギク> 2012年のきょうカキノキ> 2011年のきょうジュウガツザクラ> 2010年のきょうツルナ> 2009年のきょうヤマツツジ> 2008年のきょうイロハモミジ> 2007年のきょうオナモミ> 2006年のきょうサルノコシカケ> 2005年のきょうイロハモミジ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

11月7日(月) センダン

161107sendanもうずいぶんな登場回数を誇るセンダンも、実が色づきはじめたタイミングを載せるのは初めてでした。葉がまだ若々しくて、ほんのりと色みを兆した丸い実のかわいらしさをよく引き立てています。
ところが、この撮影の舞台裏たるや、なかなかに騒々しいものでした。近くの木にたくさんのヒヨドリが潜んでいて、ヒーヨ・ヒーヨとわめき散らしていたのです。
センダンに近づいてシャッターを切ると一瞬静まるものの、背を向けるとまた一斉に大声でがなり立てます。「いつ食べようか」「あいつ邪魔だな」「もう食べられるんじゃないか」「あいつ、横取りするんじゃないか」などと騒いでいるようです。
日がな一日どころか、毎日ずっと実を見張りながら、食べ頃の順にパクリとやるつもりなのでしょう。生きる目的は食べること=超シンプルな鳥さんの生活には、ときどきではあってもうらやましさを感じることがあります。

2015年のきょうハンカチノキ> 2014年のきょうマメツゲ(マメイヌツゲ)> 2013年のきょうシラカシ> 2012年のきょうリンドウ> 2011年のきょうオオバシコンノボタン(アツバノボタン)> 2010年のきょうサルビア・インボルクラータ> 2009年のきょうヒラミレモン> 2008年のきょうハヤトウリ> 2007年のきょうノアサガオ> 2006年のきょうハマナス> 2005年のきょうノジギク> 2004年のきょうハヤトウリ

| | コメント (0)

11月6日(日) ツバメアサガオ

161106tubameasagaoヒトツバの植え込みのなかからヒョロンと顔を覗かせたツバメアサガオです。もう7~8年も前に種から育てたら、その後、こうしてほかの植物の間から、健気に蔓をのばし、葉を広げ、「忘れないでね」と言いたげに花を咲かせます。
某種苗会社が同名(表記は「つばめ朝顔」)のアサガオを売り出してはいても、あちらは花が赤く、葉が斑です。対して写真のものは古くからあるもので、花は小さく(直径3cmほど)て色も控えめです。斑模様では燕になんか見えやしない葉もすっきりシンプルで、これなら少しオデブの燕に見えなくもありません。
それにしても、もう11月です。ノアサガオなら暮れが押し詰まっての花など珍しくはなくても、ツバメアサガオはごくふつうの朝顔です。ご近所と「今朝は冷えるね~」なんて挨拶を交わしている主人を見て、「どこが寒いんだか、まったく」とツバメアサガオは鼻で笑っていそうな気がします。

2015年のきょうサルビア・イエローマジェスティ> 2014年のきょうササクサ> 2013年のきょうサガギク> 2012年のきょうハウチワカエデ> 2011年のきょうヒメイチゴノキ> 2010年のきょうシロバナキツネノマゴ> 2009年のきょうオオミサンザシ> 2008年のきょうイシミカワ> 2007年のきょうオオオナモミ> 2006年のきょうアキノノゲシ> 2005年のきょうムベ> 2004年のきょうヤツデ

| | コメント (0)

11月5日(土) ヒメショウジョウヤシ

161105himesyoujouyasi赤と緑の対比に目を惹かれます。そこに黄色の葉も加わってさらにカラフルなのは、たぶんこの葉が不調だからで、ご愛敬でしょう。葉の付け根からタデのような形の白い花穂(けっこう長い)を出すこともあると言います。
ということは、緑・白・赤の三色が並ぶわけです。ということは、もしかしてイタリア原産?というのは悪い冗談で、熱帯アジアのご出身(温室で撮影)です。
姫ではない大きなショウジョウヤシもあるとはいうものの、姫でも5mくらいはあるので、ちょっとやそっとの温室では育てきれません。原産地方面への旅の予定はまるでないので、このブログへの収容は姫だけで我慢となります。

2015年のきょうアマメシバ> 2014年のきょうツルウメモドキ> 2013年のきょうトウネズミモチ> 2012年のきょうチチコグサ> 2011年のきょうタチシオデ> 2010年のきょうマコモ> 2009年のきょうヤブミョウガ> 2008年のきょうセイタカアワダチソウ> 2007年のきょうヒメバレンギク> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうナンテン

| | コメント (0)

11月4日(金) オオケタデ

161104ooketadeオオケタデについては、全体の草姿と花のクローズアップを同時に載せたことがありました。ところが、その二枚では表現できていないことがあったのです。
それがオオ「ケ」タデの「毛」です。ふんわりと柔らかな質感の葉に加え、茎を覆うこの密な毛は、ほかのタデ類には見られない特徴です。
もっとも、そんなところを見なくても「大」きさだけで十分に見分けができるので、この毛はなにやらムダに思えます。「これがホントのムダ毛?」などと、せっかくのリリカルな写真を台無しにするオヤジのつぶやきこそがムダでした。

2015年のきょうハナトリカブト> 2014年のきょうミズタマソウ> 2013年のきょうフユノハナワラビ> 2012年のきょうカツラ> 2011年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2010年のきょうマルバノキ> 2009年のきょうアブチロン(黄花)> 2008年のきょうザクロ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうアイ> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうヒメツルソバ

| | コメント (0)

番外編 : 動いてくれ~(志免鉱業所竪坑櫓)

Tatekouyaguraドライブ中の視界にいきなり飛び込んで来た「なんじゃこれ」です。デカい(高さ48mほど)し、ゴツいし、まさかハウルの動く城ではあるまいな!?
なんと、ここ(福岡県志免町)の地下は石炭層(だった)で、地中430mまでエレベーターを上げ下ろしするための塔なのでした。残念ながら東京オリンピック(前回)の年に閉山になり、今は廃墟(周辺立ち入り禁止)です。
とは言いながら、これだけの風体なので全国的に有名らしく、知らなくて驚いたのは恥ずかしいことだったようです。赤面する自分の頬は、まるでこの日の夕焼け空みたいだったことでしょう。(写真は色調補正あり)

| | コメント (0)

11月3日(木) ジョウリョクヤマボウシ

161103jouryokuyamabousi花盛りという言葉があるのだから、実盛りと言いたいところです。ウチの鉢植えが2mほどに大きくなり、今年は150個以上の実をつけました。
5年前はわざわざ遠出して「実盛り」状態を撮影したので、ウチのジョウリョクヤマボウシは、そのころはまだ幼かったはずです。去年でさえ、赤い実を貴重品扱いしたので、今年の成長ぶりには「親」として目尻が下がります。
心配なのはこれだけ実をつけた反動です。お礼肥というのをどっさりあげなくてはと考えています。枝の先にはもう蕾がついていて、これが花蕾なのか、それともここから葉を展開するのか、観察する楽しみもできました。

2015年のきょうニオイサンタンカ> 2014年のきょうナナコバナ> 2013年のきょうサルビア・グアラニチカ(メドーセージ)> 2012年のきょうリュウノウギク> 2011年のきょうネリネ> 2010年のきょうウキクサ> 2009年のきょうフジバカマ> 2008年のきょうエビヅル> 2007年のきょうハイアワユキセンダングサ> 2006年のきょうタコノアシ> 2005年のきょうサワフタギ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (0)

番外編 : せめて1~2ひき

Semete12「ぜったい獲るな!」とは言えないんでしょうねえ。4年生ですもん、自分たちだってゴマダラカミキリを獲ることはあるんでしょうねえ。
自分たちはよくって、よそから来た人だけダメ…ということを言わないところがとってもフェアです。「せめて1~2ひき」というひと言が泣かせます。
いい子たちなんだろうなあ。日本はまだまだいい国でいられるかな。篠栗の山のなかで、ほっこりと暖かな気持ちになりました。

| | コメント (0)

11月2日(水) アメリカフヨウ

161102americafuyou夏の花だと思っていたアメリカフヨウを、秋風に吹かれながら写しました。驚いて、図鑑の上での花期を調べると、盛りは7~8月で、「9月まで持ち越すケースもあり」ということになっていました。1カ月ほど延命中の芙蓉さんです。
さて、9月のこの辺の平均気温はと言えば22~23度です。そして、今年は10月の下旬はそのくらいの気温の日が少なくありませんでした。
たかだかこの程度のことで温暖化がどうこうとは言えなくても、「なんか、ワタシ、どうしたらいいの?」と言いたげな芙蓉さんには同情してしまいます。

2015年のきょうアフリカホウセンカ(インパチェンス)> 2014年のきょうカワラノギク> 2013年のきょうリンドウ> 2012年のきょうクヌギ> 2011年のきょうオオデマリ> 2010年のきょうカエンキセワタ(レオノティス)> 2009年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2008年のきょうジャケツイバラ> 2007年のきょうルリフタモジ> 2006年のきょうオリヅルラン> 2005年のきょうクフェア・タイニーマイス> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (0)

11月1日(火) ハクサンボク

161101hakusanboku灌木の連続的な植え込みも「並木」と言えるのか?という自分の悩みは解決の兆しをまったく見せないまま、「並木」の実は色づき出しました。
いやいや、この2カ月半、まるで無抵抗でいたわけではなくて、「生け垣」ではどうだろうとは考えたのです。ただし、「生け垣」だと枝葉が密なイメージが伴うのに対し、ハクサンボクはどうにも「脇が甘い」のです。
…という浅学丸出しの悩みを尻目に、ハクサンボクの実は色づきました。撮影者のボキャ貧に似て実はまだプアーでも、これから冬に向かってもう少し豊かな体型になるはずです。さて、その頃までに適切な言葉は見つかるでしょうか。

2015年のきょうパキラ> 2014年のきょうコブクザクラ> 2013年のきょうマテバシイ> 2012年のきょうヤマラッキョウ> 2011年のきょうキッコウハグマ> 2010年のきょうセキヤノアキチョウジ> 2009年のきょうナンキンハゼ> 2008年のきょうアカカタバミ> 2007年のきょうアブラツツジ> 2006年のきょうナギナタコウジュ> 2005年のきょうススキ> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »