« 11月9日(水) モミジバフウ | トップページ | 11月11日(金) イヌシデ »

11月10日(木) クサソテツ

161110kusasotetuこれがもし人間だったらおかしな話で、腰は曲がってきたのに生殖機能はいまからバリバリ!?という悩ましいことになってしまいます。常日頃、草木を人間になぞらえて師と仰ぐはた衛門も、クサソテツの真似は止めとしておきましょう。
5月の青々とした葉に始まり、7月には栄養葉のなかに残った胞子葉に気づき、12月には枯れゆく栄養葉と成熟した胞子葉、2月には機能全開中の胞子葉を見てきました。そんな過去記録では手薄だった胞子葉の芽生えどきを、ようやくとらえることができました。そして栄養葉もまだ健在というツーショットです。
春から夏には栄養葉で我が身の充実に励み、周りに葉が少なくなって胞子を撒きやすくなる冬を目指して胞子葉が頭をもたげる…じつに賢い機能分担をしているわけで、真似はできなくても、その処世術は見習うべきことのようです。

2015年のきょうネコノヒゲ(クミスクチン)> 2014年のきょうアイノコセンダングサ> 2013年のきょうツワブキ> 2012年のきょうユリノキ> 2011年のきょうツリバナ> 2010年のきょうウラジロノキ> 2009年のきょうトキリマメ> 2008年のきょうミドリハッカ(スペアミント)> 2007年のきょうトウゴマ> 2006年のきょうアザミゲシ> 2005年のきょうヒメツルソバ> 2004年のきょうユズリハ

|

« 11月9日(水) モミジバフウ | トップページ | 11月11日(金) イヌシデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月9日(水) モミジバフウ | トップページ | 11月11日(金) イヌシデ »