« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

10月31日(月) ハヤトウリ

161031hayato1ハヤトウリはすでに3回も掲載したのに、花の雌雄にはまったく無頓着でした。初めての登場は、もちろん実の形に惹きつけられ、二度目もフェンスに挟まってしまったかわいそうな実をからかい、三度目こそ実からはピントを外したものの、花の雌雄を疑うそぶりなど毛ほどもない写真です。
それが、あれから8年、ハヤトウリの大きな棚に出会って、まずは雌花を探したのだから自分を褒めてあげたい気分です。雄花に比べるとグッと数は少なくても、蔓のところどころに赤ちゃん子房を背負ったお母さんがいました。
161031hayato2そしてお父さんはあちこちでパッパカ開いています。かなり分厚い花びらのくせに、役目を終えると悲しいほどに残骸と化しているのが哀れです。
さて、無事に花の雌雄を確かめたあとは葉脈が美しい葉の鑑賞です。時期がまだ少し早いので、奥の方に見えている実は小学生サイズでした。
161031hayato3さて、無事に花の雌雄を確かめたあとは葉脈が美しい葉の鑑賞です。時期がまだ少し早いので、奥の方にあった実は小学生サイズでした。

2015年のきょうミツガシワ> 2014年のきょうフジバカマ> 2013年のきょうダイズ> 2012年のきょうサンゴジュ> 2011年のきょうサボテン(金鯱)> 2010年のきょうヒキオコシ> 2009年のきょうエノキ> 2008年のきょうゴマギ> 2007年のきょうノゲイトウ> 2006年のきょうマルバフジバカマ> 2005年のきょうツワブキ> 2004年のきょうミゾソバ

| | コメント (0)

番外編 : いーっぱい・幸せ

161024kitijousouこの花が咲いたら吉祥なのだから、ワタシの余生はさぞや幸せなものになることでしょう。たぶん、過去に見たなかでは最高の密集開花状態です。360度カメラがあればと悔やんだほど、足下の四方がキチジョウソウの花で溢れていました。
161030sarasinaサラシナショウマの群落としては、以前に掲載した写真の方が密度は上でした。ただし、今回感動したのは動画撮影をしようかと思ったほど、山道の脇が連続的にサラシナショウマだらけだったことです。山頭火をもじるならば、「歩いても歩いてもサラシナショウマ」でした。
歩けばまだまだ幸せがそこここに転がっている…ニッポン・万歳!

| | コメント (0)

10月30日(日) タチバナモドキ

161030tatibanamodoki知らなくて恥ずかしいことは数あれど、かつてはこれをピラカンサの色変わりと思っていたのだから笑ってしまいます。
タチバナモドキという和名は伊達ではなくて、この黄色い実がタチバナの実を思わせるということなのでした。タチバナの実がいかに小振りとは言っても、この見立てにはやや無理があると言いたいのは負け惜しみです。
幸いにこのブログにはタチバナモドキは初登場でも、増補版の方で「ピラカンサの色変わり」扱いしていたので、慌てて修正しました。

2015年のきょうサンゴノボタン> 2014年のきょうアズキナシ> 2013年のきょうマルバノキ> 2012年のきょうキンエノコロ> 2011年のきょうオウゴンカズラ(ポトス、ゴールデンポトス)> 2010年のきょうホソバタイサンボク> 2009年のきょうニワナナカマド(チンシバイ)> 2008年のきょうズミ> 2007年のきょうマムシグサ> 2006年のきょうキチジョウソウ> 2005年のきょうダンチク> 2004年のきょうツリバナ

| | コメント (0)

10月29日(土) ダルマギク

161029darumagiku名前や風貌からして園芸品種かと思いがちでも、これは立派な野生種です。日本海側の沿岸に自生するそう(撮影は海なし埼玉の植栽品)で、言われてみると渇水や強風に耐えられるように肉厚の葉を持っています。
加えて、背が低く、這うように横に広がる特性も環境適応の結果でしょう。冬の暗くて荒い日本海の風濤に耐え、夏の暑熱を過ごしたあと、こうして咲かすきれいな薄紫の花の姿は、崇高とさえ言いたいほどです。
そんな背景を知ってからこの名前をつくづく考えると、命名した人は案外とあの面壁九年の達磨大師を連想したものかと独り合点してしまいます。

2015年のきょうアブラススキ> 2014年のきょうイヌコウジュ> 2013年のきょうノササゲ> 2012年のきょうマテバシイ> 2011年のきょうシマトネリコ> 2010年のきょうヒヨドリバナ> 2009年のきょうアツバキミガヨラン> 2008年のきょうコバノガマズミ> 2007年のきょうマルメロ> 2006年のきょうニオイザクラ(ルクリア)> 2005年のきょうミセバヤ> 2004年のきょうモクレン

| | コメント (0)

10月28日(金) ケヤキ(品種不明)

161028keyaki埼玉の平地でもそろそろ色づく木々が出てきました。しかし、ケヤキはまだまだその気配が浅いなか、この1本だけは目立っていい色合いでした。
加えて、葉幅がかなり細めです。通常のケヤキの葉に比べ、その幅はほぼ半分しかありません。ケヤキにはシダレケヤキ(未収録)とか「むさしの1号・2号」とか品種がさまざまあるので、これもそんな「なにか」かもしれません。
こういうバリエーションを見つけたときに口ずさむのは、島倉千代子の「あの歌」なのは案外に悲しくて、いまの若い人ならなにを歌うか、気になります。

2015年のきょうハシバミ> 2014年のきょうムクゲ> 2013年のきょうシリブカガシ> 2012年のきょうススキ> 2011年のきょうマメヅタ> 2010年のきょうケナフ> 2009年のきょうキミガヨラン> 2008年のきょうイヌザンショウ> 2007年のきょうツルコケモモ> 2006年のきょうクヌギ> 2005年のきょうクコ> 2004年のきょうニラ

| | コメント (0)

10月27日(木) トウガラシ(観賞用・品種名不明)

161027tougarasiそう言ってはなんですが、先日載せたブラックパールと違って、固有名称を調べきれません。その他一同の観賞用トウガラシです。
葉色はブラックパールに勝るとも劣らない迫力なのに、実の色と形の面白みが今ひとつなのでしょう。芸能界での売れる・売れないの差も紙一重なのだろうし、どんな世界でも抜きん出るということは大変なことです。
ただ、売れないタレントにもファンはいるように、この無名トウガラシくんに見惚れたオジサンはいたわけです。その数寄者はどこに惹かれたかというと実の色の移り変わりで、紫色が若くて、熟したものが赤だというところです。
ただし、この点もブラックパールは黒から赤になるわけで、「紫から赤では、やっぱり君は三流か」とがっかりしながらお別れしたものでした。

2015年のきょうヤブソテツ> 2014年のきょうセンダングサ> 2013年のきょうヒガンバナ> 2012年のきょうスダジイ> 2011年のきょうモクゲンジ> 2010年のきょうノハラアザミ> 2009年のきょうツヅラフジ(オオツヅラフジ)> 2008年のきょう原種シクラメン> 2007年のきょうツルレイシ> 2006年のきょうタウコギ> 2005年のきょうミゾソバ> 2004年のきょうヤマノイモ

| | コメント (0)

10月26日(水) ヒイラギ

161026hiiragi満開のヒイラギモクセイを載せて、その開花どきがうまい具合に二親の真んなかであると書きました。書いてみたあとに近くをパトロールしてみたら、モクセイ(銀ではなく金だったけれど)はショボショボと咲き残りを見せていました。
完全に終わったと思っていたモクセイにもまだしぶといものがあることに慌て、それよりはぐっと見かけにくいヒイラギもチェックしてみました。たった2本(2カ所)しか確認できなかったものの、蕾はまだこんなに小さくて固く、そして緑色でした。
「ヒイラギの花はまだまだ」としたことがウソでなかったことにホッとしながら、焦ったのは葉の形でした。ずいぶん前に、葉が丸くて悩んだのはかなりの古木なので仕方なかったのに比べ、今回見た木は2本ともまだ若々しいものでした。なのに、蕾をつけた枝は丸い葉ばかりで、ヒイラギの写真になりません。
ずいぶん眺め回してようやく見つけたひと枝がこれで、それでも画面左下には棘のない葉があり、奥でボケているのもみなそうです。「丸くなるな」というビールの宣伝文句は、ヒイラギにこそ聞いてほしいものです。

2015年のきょうエゴノキ> 2014年のきょうコバノガマズミ> 2013年のきょうカツラ> 2012年のきょうツルニンジン(ジイソブ)> 2011年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ> 2010年のきょうアキチョウジ> 2009年のきょうムクロジ> 2008年のきょうヤマラッキョウ> 2007年のきょうフェイジョア> 2006年のきょうヤクシソウ> 2005年のきょうホンコンカポック(シェフレラ)> 2004年のきょうツワブキ

| | コメント (2)

10月25日(火) ヤハズソウ

161025yahazusou道路の端で、コンクリート擁壁と舗装面の狭い間を埋めていました。花は終わっていたのに目を惹きつけられたのは、季節外れの若葉のせいです。一年草なのだから今から新葉を出しても仕方ないと思うのは人間の抹香臭さで、そんな似非(えせ)の達観とは無縁なところが野草の偉さです。
そんな「尊敬すべき師」を引きちぎってしまうのだから罰当たりな奴です。前回は「矢筈型に裂ける」と説明だけだったところを、今度は実演しました。
そんな遊びをしているときには気づかなかったのに、写真で見たら、中央の茎の先には実がついていました。節果といって、ヌスビトハギのように莢の節ごとにくびれがあるはずなのに、そこがまだ不明瞭です。単に時期が早いだけならいいのに、なにか違うものと間違えているかもしれず、再会を約しておきましょう。

2015年のきょうハナミョウガ> 2014年のきょうホトトギス> 2013年のきょうサラシナショウマ> 2012年のきょうキンモクセイ> 2011年のきょうヒメイタビ> 2010年のきょうトラノオスズカケ> 2009年のきょうカキノキ> 2008年のきょうコウヤボウキ> 2007年のきょうクロウエア・エクサラタ> 2006年のきょうスプレーギク> 2005年のきょうキヅタ> 2004年のきょうコスモス

| | コメント (0)

10月24日(月) ヒイラギモクセイ

161024hiiragimokusei_all2先週木曜にここを通ったときはまだ固い蕾だったので、ここ2~3日で一気に開いたようです。前のレポートと同じ木で、あれからずいぶん大きく(逞しく)なり、花つきもかなり豪勢になりました。志木市の名木に指定しておきましょう(笑)。
161024hiiragimokusei
6年前には「ヒイラギとモクセイが交雑」と逃げた生い立ちも、そのモクセイはギンモクセイであることがわかりました。わりとレアもののギンモクセイを片親に持つとは、ヒイラギモクセイはなかなか高貴なご出自であらせられます。
ギンモクセイに限らずモクセイ類の花はもうほとんど終わっており、ヒイラギが咲くまでにはまだ間があるので、なんともうまい頃合いに咲いてくれるものです。一方で、散り際が儚いモクセイには似ないで、ヒイラギの性質を受け継いで花持ちがいいなんて、鼻持ちならないほどうまくできているヤツです。

2015年のきょうハナセンナ(アンデスの乙女)> 2014年のきょうウダイカンバ> 2013年のきょうモミジバフウ> 2012年のきょうホウチャクソウ> 2011年のきょうフウセントウワタ> 2010年のきょうシュウブンソウ> 2009年のきょうゴマ> 2008年のきょうキランソウ> 2007年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)> 2006年のきょうオタカンサス> 2005年のきょうオリーブ> 2004年のきょうニシキギ

| | コメント (0)

10月23日(日) ヒナタイノコヅチ

161023hinataふつうのイノコヅチ(ヒカゲイノコヅチ)を取り上げ、そのうちヒナタイノコヅチも収録しようと思ってから、もう8年が経っていました。現実世界と草木遊びの世界とでは、時間の目盛りがまるっきり違うことに一人で感動します。
さて、そのヒナタイノコヅチです。茎に毛がビッシリです。一方のヒカゲイノコヅチの茎にも毛はあるものの、こうまで茎が白くは見えません。

で、「以上おしまい」の簡単レポートのはずが、難題に気づきました。語源からすればイノコ「ヅ」チが妥当なはずなのに、前回の掲載ではイノコ「ズ」チとしていました。あれ?ミスっていたか?と焦ります。
しかし、あらためて確認すると図鑑の多くは「ズ」派だし、国語辞典も同じです。ホッとしながら、念のため例のYListで調べると、標準和名は「ヅ」でした。
この「ズ」か「ヅ」か問題には内閣告示が影響していて、「一般に二語に分解しにくいもの」は「ズ」にするというお達しがあるのです。したがって、「いなずま」とか「つまずく」とか、やや飲み込みにくい仮名遣いに悩むわけです。
つまり、図鑑や辞書はこのお達しに従っているのに対し、YListは「植物世界にはそんな馬鹿なルールはいらないんだよ」と言っているようです。自分でも、漢字にすれば猪子槌で、槌はツチであってスチではないや!と思います。
したがって、今回を機会に、過去の記事もイノコ「ヅ」チに修正統一します。

2015年のきょうナガボノシロワレモコウとワレモコウ> 2014年のきょうシロヨメナ> 2013年のきょうシロホトトギス> 2012年のきょうケンポナシ> 2011年のきょうパキスタキス・ルテア> 2010年のきょうアカバナ> 2009年のきょうマユハケオモト> 2008年のきょうマルバグミ> 2007年のきょうツリバナ> 2006年のきょうチカラシバ> 2005年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)> 2004年のきょうマユミ

| | コメント (0)

番外編 : 交差点で立ち止まる・その2

Minamititosemati久しぶりの交差点話題です。「ど」と読むか「と」と読むか、発音の違いだった前回に比べると、今度は漢字をどうあてるか、やや深い問題です。
画面左上から右に走るのが県道で、それと直交して右上に抜けるのが市道です。それぞれの信号には交差点名看板があって、それが県道は信号の上、市道は下についているのが笑えます。ただし、それは今回は不問とします。
Kakudai問題はここが「南千歳町」なのか「南千才町」なのかということです。ふつうの地図では「歳」だし、この町の統計データでも「歳」なので、「才」はこの看板に限った当て字であることがわかります。30歳を30才と表記する「あれ」です。
たぶん、画数の多い「歳」は見にくいからという配慮だとは思います。だとしても、外来者が首を傾げるには十分な「ご配慮」です。この「ご英断」をなさった某県某市・道路行政担当のお方のご尊顔を拝したいものです。

| | コメント (0)

10月22日(土) トチュウ

161022totyuuきのうのエビスグサ&カワラケツメイとはお茶つながり、そしておとといのホンカイドウとは中国つながりになりました。
この葉を煎じると杜仲茶になり、血圧が下がるとか肝臓にいいとかで、過去に何度かブームになっています。そして、この木は中国原産なのです。
トチュウ科トチュウ属にはこれ一種しかないという変わり者です。雌雄異株で、この時期、雄株は愛想がありません。そこで、翼果が賑やかな雌株についレンズを向けたものの、本当に見るべきはこのゴワついた葉のようです。

2015年のきょうジュウガツザクラ> 2014年のきょうマルバノキ> 2013年のきょうパパイア> 2012年のきょうホトトギス> 2011年のきょうアメリカヅタ> 2010年のきょうトリカブト> 2009年のきょうオキナワスズメウリ> 2008年のきょうウラハグサ(フウチソウ)> 2007年のきょうイレシネ・ヘルブスティー> 2006年のきょうホソバアキノノゲシ> 2005年のきょうシャクチリソバ> 2004年のきょうベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

10月21日(金) エビスグサとカワラケツメイ

161021ebisugusaうまい具合に、エビスグサの完熟した実と咲き残っていた花を一緒に写せました。花びらを落としたあと、莢がグィーンとのびている様子もわかります。
大きな手が見苦しいという噂はあるものの、こうしないと莢からこぼれたせっかくの種を写し込むことができないのでご勘弁です。この種(決明子)で作るハブ茶(ハブ草茶)のことを書いたのは2カ月前のことでした。
161021kawaraketumeiさてこちらはカワラケツメイです。決明子の河原バージョンというネーミングではあっても、莢の仕掛けがずいぶん違います。
エビスグサのそれが自然に割れて種をこぼすのに対し、こちらは割れたときに莢が強くねじれ、その勢いで種を弾き飛ばします。そのためか、種の形はよく似ているのに、サイズと重量は決明子の半分程度です。
色も決明子に比べると真っ黒なのですが、これも良く弾け飛ぶための工夫なのかどうかは、残念ながら皆目見当がつきません。

2015年のきょうハグロソウ> 2014年のきょうサツマイモ> 2013年のきょうアマチャヅル> 2012年のきょうキンメイモウソウチク> 2011年のきょうコミカンソウ> 2010年のきょうレイジンソウ> 2009年のきょうミゾソバ(白花)> 2008年のきょうハマトラノオ> 2007年のきょうウメバチソウ> 2006年のきょうアキノキリンソウ> 2005年のきょうサザンカ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

10月20日(木) ホンカイドウ

161020honkaidouもう少しすれば、この実のほとんどが真っ赤になって、色づきの遅れている実とのコントラストは誠に見事なものです。
では、なぜその頃の写真を載せないかと言えば、一つは光線に恵まれないで来たことと、あとは実の数がここからどんどん減っていくからなのでした。ここ数年、悔いばかり残してきたので、今回の写真に記憶の色を重ねておくことにします。
ホンカイドウというのは元々中国で栽培されてきた品種(中国名:海棠)で、日本では極レアものです。海棠の名をお借りしているハナカイドウとミカイドウとをようやく区別できるようになった程度の身にはなんともまぶしい存在です。
まぶしすぎて、まだ花を見ていません。本家中国では傾城の美女にたとえられることしばしばの白い花…見ない方がいいかなあとビビリます。

2015年のきょうユーカリノキ> 2014年のきょうネコノチチ> 2013年のきょうラクウショウ> 2012年のきょうヤクシソウ> 2011年のきょうキクダイダイ> 2010年のきょうサルビア(サルビア・スプレンデンス)> 2009年のきょうアオノリュウゼツラン> 2008年のきょうイワダレソウ> 2007年のきょうアケビ> 2006年のきょうアキギリ> 2005年のきょうダチュラ(八重)> 2004年のきょうゴールデンピラミッド

| | コメント (0)

10月19日(水) トダシバ

161019todasibaトダシバのトダは武蔵国の戸田だと言います。それって今の埼玉県戸田市のことで、ずいぶんご近所が命名の地だったものです。
しかし解せないのは、これが日本はおろか韓半島から中国まで広くどこにでも生育することで、なぜ戸田と特定されなくてはいけなかったかが不思議です。もう一つ、芝というくせに結構な背丈があることも名前の難点ではあります。
さらに言えば、際立つ特徴がないことは、掲載をここまで控えてきた大きな理由です。草丈や構造はススキに近くても、小穂は芒が目立たず疎らで、葉も控えめです。変異幅が大きいのも避けて通りたい一因で、「だいたいこんな感じ」と逃げておきます。

2015年のきょうカワミドリ> 2014年のきょう原種シクラメン(ヘデリフォリウム)> 2013年のきょうコナギ> 2012年のきょうカンノンチクとシュロチク> 2011年のきょうヒシ> 2010年のきょうタヌキマメ> 2009年のきょうウオトリギ> 2008年のきょうマツブサ> 2007年のきょうミヤマガマズミ> 2006年のきょうヨモギ> 2005年のきょうイシミカワ> 2004年のきょうギシギシ

| | コメント (0)

10月18日(火) ウルシ

161018urusi1きのうに続いて輪島土産です。輪島にはさすがに漆器の美術館が二つあり、その一つ、漆芸美術館の前庭に植わっていたウルシの木です。
花の時期にはほど遠く、実の房の一つも見えず、せっかくの紅葉もまだその兆候さえないという三方ふさがりの時期ではあったものの、自分には見分けがむずかしいこの木を、100%保証付きの場所で写せて大満足です。
161018urusi2さらに、美術館のなかにはこんな展示もありました。ハゼノキのそれによく似た実を確認できた上に、漆掻きのカンナ痕を目にして、もう大々満足です。
さて、今回の輪島旅行は甥の結婚式参列のためでした。この甥のことはアテ(ヒノキアスナロ)の項で触れました。エネルギッシュに活動してきたおかげで地元にも溶け込み、今回は村総出の心温まる式と披露宴となりました。
その様子は、ご参加くださった地元の市議さんが素敵な写真と上手な説明でご自分のブログに載せてくれていますので、リンクさせていただきました。

2015年のきょうエゴノキ> 2014年のきょうガマズミ> 2013年のきょうアカガシ> 2012年のきょうシマススキ> 2011年のきょうアレカヤシ> 2010年のきょうコウリンタンポポ> 2009年のきょうヒメグルミ> 2008年のきょうクスノキ> 2007年のきょうスズラン> 2006年のきょうサラシナショウマ> 2005年のきょうタイワンホトトギス> 2004年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月17日(月) ジョウロウホトトギスとキイジョウロウホトトギス

161017jourou輪島の町をぶらついていたら、珍品を見つけました。ジョウロウホトトギス(別名:土佐上臈杜鵑草)には紀伊・相模・駿河のバリエーションがあるので、簡単に区別するのは危険ですが、相模と駿河は栽培がむずかしいと言うし、紀伊はもっと葉が細長いので、これはふつうのジョウロウホトトギスと見ました。
盗撮させていただいて言うのもなんですが、たった一本きりが長く垂れ下がっていて、背景が世俗の日常そのもので、どうにも写真になりません。横の無粋な諸々をこれ以上入れないために、いつもとはずいぶん違う判型になりました。
161017kiijourou1さて、お口直しと言うか、他日・他所で撮った紀伊上臈杜鵑草です。一連のジョウロウホトトギスの特徴は花がうつむくことで、蕾はツンと上向きなのに、咲くと下を向くというややこしい性格です。同じ黄色いホトトギスでも、キバナツキヌキとかタマガワが上向きなのに対し、さすがお上臈さまは奥ゆかしいことです。
161017kiijourou2そのお上臈さまの裾をめくるという痴漢行為をしてみました。ふつうのホトトギスと同じく、雌シベについたガラス質のキラキラがきれいです。
また、いわゆる杜鵑模様も、黄色と赤のコントラストが強烈です。そして、花弁の先の尖り具合がたまりません。あでやかなお上臈さまに怖いツノとは、あまりにできすぎた話で、なるほどねーと深くうなずいてしまいます。

2015年のきょうヒダカミセバヤ> 2014年のきょうサイカク> 2013年のきょうタイアザミ> 2012年のきょうシマトネリコ> 2011年のきょうアンゲロニア> 2010年のきょうヒイラギモクセイ> 2009年のきょうキチジョウソウ> 2008年のきょうヨウシュイボタ(セイヨウイボタ、プリベット)> 2007年のきょうトウガラシ(タカノツメ)> 2006年のきょうスズメウリ> 2005年のきょうクロマイ> 2004年のきょうサザンカ

| | コメント (0)

10月16日(日) ガマズミ

161016gamazumiこれぞ互譲精神の見本という場面です。今年の夏には、やや過激にいくつもの枝先をガマズミミケフシタマバエが乗っ取った状態を写しました。また、それより以前にも一つの枝先の実全部に毛が生えているところをとらえています。
それらに比べると、この枝先を宿借りしたタマバエの心ばえのゆかしいことと言ったら、思わず拍手したいほどです。これなら宿主さんも、「また来年おいで!」と、快くタマバエくんの旅立ちを見送ることでしょう。

2015年のきょうツクバネガシ> 2014年のきょうヒメザクロ> 2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうツルニンジン(ジイソブ)> 2011年のきょうアラカシ> 2010年のきょうユーパトリウム> 2009年のきょうキバナノツキヌキホトトギス> 2008年のきょうエゾユズリハ> 2007年のきょうアキカラマツ> 2006年のきょうツリフネソウ> 2005年のきょうシュウメイギク(ピンク)> 2004年のきょうタイワンホトトギス

| | コメント (0)

10月15日(土) ノダケ

161015nodake1過去すでに三度登場したノダケなのに、まだまだ見せ場はありました。まずはかつて遠目でしか見ていなかった蕾です。紫芋のきんとんでしょうか。これが割れると飛び出す雄シベが、ググッと筋張ってスタンバイしています。
161015nodake2同じ日の撮影なのに、こちらはもう雄シベと花びらが落ちて、先が二叉に割れた雌シベだけが残った状態です。次々と展開する花穂ごとに、成長段階にずいぶん差ができることがわかります。蜂は簡単に花粉を媒介できます。
161015nodake3その蜂さんの功労が実った花穂もありました。この実は、これから臙脂色を経て枯れ色に変わるので、またその渋いシーンも載せるつもりです。

2015年のきょうコメナモミ> 2014年のきょうマルバルコウ(マルバルコウソウ)> 2013年のきょうワレモコウ> 2012年のきょうテイカカズラ> 2011年のきょうトウネズミモチ> 2010年のきょうオオオナモミ> 2009年のきょうシロホトトギス> 2008年のきょうツルシキミ> 2007年のきょうオオベンケイソウ> 2006年のきょうクズ> 2005年のきょうシュウメイギク> 2004年のきょうノブドウ

| | コメント (0)

10月14日(金) アカシデ(ソロ)

161014akaside1今週に入って急に秋が深まりました。駅からの夜道など、防寒機能が欠如したおつむりにはキンキンと冷気が染み込みます。
おかげで、アカシデの葉もやや色変わりして(画面下側)きました。あとひと月もすれば、きれいな紅葉を見せてくれることでしょう。
ただ、振り返ってみたら、紅葉と春の花には執心したものの、この時期の賑やかさを写すのは初めてでした。葉陰に下がるのでうまく陽が当たらない恨みはあっても、これだけの数がプラプラしてくれれば、それだけで心が温まります。
161014akaside2その実に迫ってみたら、こんな姿でした。つぶらな形(とサイズ)の堅果を、苞が一つひとつ優しく守るように包み込んでいます。
仲間のイヌシデの実も似た構造で、ただし、双方の果苞は長さと形が違っているのだそうです。さて、近くのイヌシデと言えばあそことあそこ…と思い浮かべはするものの、どうもこのごろ時間が不自由で、切歯扼腕してしまいます。

<補注> イヌシデの実は翌月に掲載しました。(2016年11月11日)

2015年のきょうサワフタギ> 2014年のきょうキミノクロガネモチ> 2013年のきょうサネカズラ> 2012年のきょうナルコユリ> 2011年のきょうヨモギギク(タンジー)> 2010年のきょうヒルムシロ> 2009年のきょうヒシ> 2008年のきょうヒメマツバボタン> 2007年のきょうベンケイソウ> 2006年のきょうホトトギス> 2005年のきょうポポー> 2004年のきょうキツネノマゴ

| | コメント (0)

10月13日(木) ホソバヒメミソハギ

161013hosobahimemisohagi学生さんがたくさん並んで、複雑な行進をするあれ…集団行動とか言いましたか、ときどきTVで見て、いい酒の肴にしていました。
あれを思い出したのは、この葉のせいです。直角に交差する葉(十字対生)が、ザッザッザッと一糸乱れずに歩く学生さんに見えてしまいました。
この葉がもう少しふっくらだと「ホソバ」ではないヒメミソハギになるのですが、まだそれを見つけられないでいます。ミソハギ→ヒメミソハギ→ホソバヒメミソハギとなる3段構造の真んなかに苦労するのはもう何度目でしょう。集団行動の猛練習に負けないくらい、野道をザッザカ歩き続けなくてはなりません。

2015年のきょうコバギボウシ> 2014年のきょうカラスウリ> 2013年のきょうツマベニアナナス> 2012年のきょうヤマハンノキ> 2011年のきょうツリバナ> 2010年のきょうデンジソウ> 2009年のきょうセンキュウ> 2008年のきょうハグマノキ> 2007年のきょうユキザサ> 2006年のきょうナワシログミ> 2005年のきょうイヌサフラン> 2004年のきょうガマズミ

| | コメント (0)

10月12日(水) ヤブツバキ

161012tubaki1え、割れるんですか!? 踏んでも蹴っても割れない、あの堅い実が、自分で、パラッと、勝手にパッカリと、割れるんですか!? トホホ。
知らないというのは恥ずかしいものです。待てば海路の日和あり、果報は寝て待て、いつものことながら、草木には教わることばかりです。
161012tubaki2さて、その「先生」に手を伸ばしてみました…という絵になっていますが、じつはこれはあとからのズル画像です。なんと、軽く触っただけで、この黒くて固い種はパラパラッと崩れて落ちたのです。爺さんの反射神経ではとても全部をキャッチできず、地面にこぼれたいくつかを拾いなおした結果がこれです。
ミカンの実のように、房状に縦に割れていると思った種は、なんと横方向にも割れていて、崩れた種はまるでパズルのパーツです。組み立て直そうとしても、結局どれがどれやらわからないままになりました。
こんな固い種が割れて開いて芽が出てきたら、また同じように驚くことでしょう。ただし、ツバキに芽を出されても処置に困る我が家なので、ここは「やはり野に置け、ツバキの種」と逃げておくことにします。

2015年のきょうカラコギカエデ> 2014年のきょうヤブツバキ> 2013年のきょうサガリバナ> 2012年のきょうハマビシ> 2011年のきょうテリハハマボウ> 2010年のきょうカシワバハグマ> 2009年のきょうベニバナチャ> 2008年のきょうナツメ> 2007年のきょうジュウガツザクラ> 2006年のきょうヤブタバコ> 2005年のきょうダンギク> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (0)

10月11日(火) ツユクサ

161011tuyukusa垂れた稲穂のなかからイボクサが顔を覗かせていたのに驚いたのはいつだったかなぁと思ったら、もうあれから8年が過ぎていました。相も変わらず、人さまの田んぼに難癖をつけるのもナンですが、今度はツユクサです。
農薬が減っているのだろうとうれしい気がするのは脇に置いて、田のなかのイボクサとツユクサで感心するのは、彼らの変幻自在さです。どちらもふつうに生えるときは這うようにのびて、背が低いのです。それが、イネに紛れて育つと、優に30~40cmは自分で立ち上がり、まるで違う品種かと思ってしまうほどです。
氏より育ちというのはなにも人間だけの話ではないのだと、もうどんな環境になっても変わりようがなくなった爺さまは畦にしゃがんで考えたのでした。

2015年のきょうミズカンナ> 2014年のきょうツルドクダミ> 2013年のきょうダリア(雪乃)> 2012年のきょうウンナンオガタマ> 2011年のきょうツヅラフジ(オオツヅラフジ)> 2010年のきょうアメリカセンダングサ> 2009年のきょうコンニャク> 2008年のきょうクマノミズキ> 2007年のきょうハブソウ> 2006年のきょうサンショウ> 2005年のきょうワタ> 2004年のきょうケープヒルムシロ

| | コメント (0)

10月10日(月) ヤナギバルイラソウ

161010yanagibaruirasouこの花と葉を見て最初に思い出したのはルリヤナギのことでした。正体がわからないまま写真を載せたら、すぐにコメントで名前を教えてもらったものです。
ただし、あのとき一度見たきりでも、今度の写真のものがルリヤナギではないことだけはわかります。葉のスッキリ感に比べ、花がシワシワし過ぎです。
そこで、「柳葉・紫・シワシワ」などと並べて検索したら、わりと簡単に名前が出てきました。Ruelllia brittoniana、メキシコの原産で、和名はヤナギバルイラソウでした。暑さに強く、繁殖力が旺盛なので、やや危険視されているようです。
バリエーションも多く、写真のものよりもっと細い葉のタイプ、花が白いタイプなどがネットでは紹介されていました。性質も常緑小低木・多年草・一年草など何でもござれです。ルイラ「ソウ」なのに「木」?などと突っかかっても無駄のようです。
そこで草?木?問題はあきらめても、ルイラが残ります。類羅?類等?とか考えたのに、正解はRuellliaの訛りだそうで、訛り過ぎじゃありませんか(笑)。

2015年のきょうウラジロモミ> 2014年のきょうシラハギ> 2013年のきょうハマビワ> 2012年のきょうキバナアキギリ> 2011年のきょうバナナ> 2010年のきょうアキノウナギツカミ> 2009年のきょうハゼノキ> 2008年のきょうカラハナソウ> 2007年のきょうアブラガヤ> 2006年のきょうリンドウ> 2005年のきょうソバ> 2004年のきょうシャリンバイ

| | コメント (0)

10月9日(日) ホソバアキノノゲシ

161009h_akinonogesi1好んで鑑賞する人はごく少ないと思われる道端の花です。しかし、この薄黄の花びらが陽に透けたりするとなかなかファンタスティックだし、こうしてワサッと高いひと叢になっていたりすると、思わずレンズを向けてしまう豪華さでした。
161009h_akinonogesi2ところが本当にレンズを向けるべきは足下でした。こうして葉に切れ込みのないタイプはホソバアキノノゲシとして、ふつうのアキノノゲシとは区分されます。
特に珍しいものではなく、「ふつう」と同じようにあちこちで見かけます。ただ、ひと叢・ひと叢、「ホソバ」と「ふつう」とは棲み分けているところが律儀です。

2015年のきょう熱帯スイレン(ブルーギガンティア)> 2014年のきょうミクリ> 2013年のきょうサクラタデ> 2012年のきょうシナノキ> 2011年のきょうツルウメモドキ> 2010年のきょうアキニレ> 2009年のきょうツルドクダミ> 2008年のきょうオケラ> 2007年のきょうオヤマボクチ> 2006年のきょうアロニア> 2005年のきょうギンモクセイ> 2004年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)

| | コメント (0)

10月8日(土) ベニバナトキワマンサク

161008benibanatokiwamansaku「目ざとい」という形容とは対極にある人が自分だという自負(?)があるのに、こういうものはすかさず見つけてしまうのだから、好きこそものの…という言い回しはなかなか当たっているよなぁと感心してしまいます。
先日のサザンカ一輪は、早過ぎるとは言っても順当な時期だったのに、ベニバナトキワマンサクの開花となると話は違います。本来の花どきとはカレンダー的にほぼ半年ズレていて、こりゃまたどうしたハズミでしょう。
春とは違って、まだまだ汗をかく日もあるし、そもそも夏を乗り切ってお疲れではないかと心配です。それでもたった一輪、まるでエネルギーを吐き出すように咲いてくれて、それを見つけた爺さんまでムン!と元気になるのだから感謝です。

2015年のきょうユーカリノキ> 2014年のきょうニンジンボク> 2013年のきょうネコノチチ> 2012年のきょうボタンヅル> 2011年のきょうオクモミジハグマ> 2010年のきょうヤマハッカ> 2009年のきょうハネミギク> 2008年のきょうホソバヒメミソハギ> 2007年のきょうマツカゼソウ> 2006年のきょうユウゼンギク> 2005年のきょうカリガネソウ> 2004年のきょうギンモクセイ

| | コメント (0)

10月7日(金) トウガラシ(ブラックパール)

161007black_pearlなかなか膝ポンの名前です。迫力ある真っ黒の実が真珠のように輝きます。ただ、この黒真珠はこのあとで赤くなってしまいます。緑→赤→黒という順序が一般的だと思うので、この黒はほかのものの緑に該当するのでしょう。
そう思えば、この葉の黒さも納得できます。全体に緑の色素が黒になってしまったみたいで、その面白さによって、品評会で金賞を受けた逸品だそうです。
さらに、ふつうはトウガラシの花は白いのに、こんなにシックな花色です。チラリと見せる葉裏や萼も紫色で、貴婦人の貫禄が漂います。

2015年のきょうチョウマメ(クリトリア)> 2014年のきょうペンタス> 2013年のきょうスズメノヒエ> 2012年のきょうコクテンギ> 2011年のきょうオオミサンザシ> 2010年のきょうハッカ(ニホンハッカ)> 2009年のきょうヒメヒゴタイ> 2008年のきょうミヤギノハギ> 2007年のきょうコガネバナ> 2006年のきょうヤマジノホトトギス> 2005年のきょうオギ> 2004年のきょうハス

| | コメント (0)

10月6日(木) イソフジ

161006isofujiイソフジというのは南西諸島の海岸に見られる常緑低木です。それが鉢植えになって、こうして労せずに撮影できたのはラッキーでした。
爽やかなレモンイエローの花と、白緑色の葉の取り合わせが上品です。自生地では株立ち状にこんもり繁り、背丈よりも高くなるようで、それが花盛り(これからの時期)を迎えた景色には、少しばかりの異国情緒が漂います。
また、長くぶら下がる実はエンジュのそれよりさらにネックレスに似ます。写真の左上に見えているのはその「できたて」で、この莢に6~7個の豆が並び、それぞれの豆の境がキュッと絞り込まれて、年を越す頃には茶色に熟すわけです。
海辺に置いたデッキチェアでオリオンビール(でなければ!)をクイッとやりながら、イソフジが花から実に移りゆくのを眺め暮らす…夢でもいいから、一度そんなご身分になってみたいものです。

2015年のきょうマーガレットコスモス> 2014年のきょうシナユリノキ> 2013年のきょうナンヨウザクラ> 2012年のきょうツルボ> 2011年のきょうキセルアザミ> 2010年のきょうアンズ> 2009年のきょうヤマボウシ> 2008年のきょうタラヨウ> 2007年のきょうコメナモミ> 2006年のきょうシラハギ> 2005年のきょうコブシ> 2004年のきょうザクロ

| | コメント (0)

10月5日(水) アレチウリ

161005aretiuri1どうしてここ(ブログ)にアレチウリを掲載し損なっていたものか、先日、一覧を確認していて、初めてその「忘れ物」に気づきました。増補版にはしっかり初年度に載せているところを見ると、あまりに身近過ぎて見逃していたのでしょう。
ただ、その増補版の内容を見ると、ぜんぜんアレチウリの説明になっていません。そこで、無視していたお詫びを兼ねて、いつになくたくさんの写真を使いながら、少しは細かいところまで見ることにします。
まずは蜜蜂さんたちとの仲良しぶりを確認(1枚目)です。加えて、右手の葉の上には雄花からこぼれた黄色い花粉があることにも注目です。
161005aretiuri2雄花と雌花は見るからに雰囲気が違い、少し大型の雄花に対し、1個1個は小さくても、雌花は鞠のように固まり合っています。株に雌雄の別はなくて、同じ蔓にこうして両方の花が並びます。
161005aretiuri3雌花に迫ってみると、3つに割れた柱頭の先がコケティッシュです。
161005aretiuri4対して雄花は集音マイクを思わせます。黄色い球は植物のパーツというよりは、なにかメカニカルだし、雌花のそれよりもこちらが柱頭のように見えます。
161005aretiuri5そして締めは実です。どうしてこれが瓜なのか、という不評も見聞きしますが、個々の実はラグビーボールを少し扁平にした形で、無理をすれば瓜と思えなくもありません。その瓜に爪を立てると、この時期はあっさりと種まで割れました。
ちなみに、凶暴そうな毛が気になっても、指を傷つけるほどに固くはありません。もっとも、白魚のような指の場合は、安全は保証できかねます。

2015年のきょうオニヤブソテツ> 2014年のきょうホソバオケラ> 2013年のきょうガマ> 2012年のきょうナツハゼ> 2011年のきょうコナラ> 2010年のきょうデュランタ(タイワンレンギョウ)> 2009年のきょうフジカンゾウ> 2008年のきょうセンブリ> 2007年のきょうコバノガマズミ> 2006年のきょうオオバショウマ> 2005年のきょうピンクマンジュシャゲ> 2004年のきょうキンモクセイ

| | コメント (0)

10月4日(火) サザンカ

161004sazankaご近所基準で、サザンカ開花の最速記録です。撮影は日曜まで待たされた(酷い曇天続き)ものの、実際にこの木の開花を目にしたのは先月29日でした。
前も同じ趣旨で、サザンカは「♪焚き火だ 焚き火だ 落ち葉焚き」の季節とシンクロして咲くイメージが強いのにもう咲いたとレポートしています。しかし、あれは10月の中旬だったのに、今回は9月ですから、かなり驚きです。
どうにも風情がなくて落ち着かないこととは思いながらも、記録更新となるとなんとなくうれしい気持ちになるのは人間の性(さが)でしょうか。

2015年のきょうハンノウツツジ> 2014年のきょうホソバヒイラギナンテン> 2013年のきょうシナサワグルミ> 2012年のきょうクサヨシ> 2011年のきょうナガエコミカンソウ> 2010年のきょうギンミズヒキ> 2009年のきょうアキグミ> 2008年のきょうイノコヅチ> 2007年のきょうキジョラン> 2006年のきょうシラヤマギク> 2005年のきょうウスギモクセイ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

| | コメント (0)

10月3日(月) ナンテンハギ

161003nantenhagiきょうの主題は、「あ、ナンテンハギにこんな大きな豆が!」でもなければ、「同じような時期でも、場所によって花つきは違うなぁ」でもありません。
これをフタバハギと呼ぶ人がいて、「ホント?」と思ったのです。たしかに、言われてみれば1カ所から2枚の葉が出ています。
調べると、ナンテンハギはマメ科ソラマメ属(だから、豆がこんなにプックリ!)なので、本来は偶数羽状複葉であるべきなのです。それが、頂葉は退化して、小葉の付け根の2枚だけが残っているというやや特殊なタイプでした。
さて、自分の植物名一覧にこのフタバハギを収録するかどうか、悩みます。そんなことを言ったら、他の草木すべての別名を載せなくてはなりません。さらにナンテンハギにはアズキナ(春に茹でて食べるとき、小豆の香りがする)という別名もあって、こちらはどうする?という問題も出てきます。
リストには載せなくても、頭で覚えておけばいいじゃん…と思う一方で、その頭が覚束ないんでしょ…という自分もいるのが困ったところです。

2015年のきょうコウホネ> 2014年のきょうビャクブ> 2013年のきょうタカノハススキ> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうキャラボク> 2010年のきょうアオハダ> 2009年のきょうサイカチ> 2008年のきょうエゴノキ> 2007年のきょうノブキ> 2006年のきょうマルバハギ> 2005年のきょうタケノコイモ> 2004年のきょうクサギ

| | コメント (0)

追加編 : 紫蘇の花

161003siso
161003aojisoシソが縮緬かそうではない「のっぺり」か、その見分けを今年はどうやら理解できたと思ったのに、あれから2カ月、さっぱり進化なしでした。

<今年の学習過程>
7月17日:アカジソとアオジソを一緒に写せて喜んでいたら、青の方は縮緬だったことが判明。赤の縮緬を探す必要が発生
7月29日:見事に赤の縮緬と「のっぺり」をツーショット
8月23日:ことのついでに、赤の葉表は緑に変色することを記録

ところが、問題は上の写真のアカジソとアオジソです。ピンとするならピン!、チリッとするならチリチリになればいいのに、ピンでもなければチリでもなく、なんとなくダラッとどっちつかずです。まあ、花がきょうのテーマではありますけど…。
こういうとき、自分に言い聞かせる言葉があります。「黒と白の間には灰色もあるんだよ」。本当は黒白をつけたいのに、その力がないとき、便利な言葉です。

| | コメント (0)

10月2日(日) コウヤボウキ

161002kouyabouki花のつくりについてはもうずいぶん前に載せたなと思って調べたら、それはなんと12月1日(2009年)の記事でした。その撮影は11月だったとしても、10月に入ったばかりから11月の終いまで、じつに長い間、この花は咲いているわけです。
そういう感動もあるし、この鉋クズのような花びらにも相変わらず「すごいなあ」とため息をついてしまいます。
そして、このクモです。まるで翡翠ではないか、君は! そして、頭かお尻かさっぱりわからんその体はいったいどうなっているんだ! さらに、そこでそうやって何をしているわけ? わからん花にわからんクモ、素敵な取り合わせでした。

2015年のきょうナンテン> 2014年のきょうムクゲ(ルーシー)> 2013年のきょうサザンカ> 2012年のきょうオオケタデ> 2011年のきょうソリダスター> 2010年のきょうヤブマメ> 2009年のきょうスイフヨウ> 2008年のきょうハナヅルソウ> 2007年のきょうタマシロオニタケ> 2006年のきょうステルンベルギア> 2005年のきょうガマズミ> 2004年のきょうクジャクソウ

| | コメント (0)

10月1日(土) シカクマメ

161001sikakumame1この「カットモデル」を撮影して、そのまま台所に放置しておいたら、助手2号がギャッと悲鳴を…。虫嫌いにはこんなものも虫に見えるのでした。
お目玉をいただきつつ、生のまま豆もいただきました。新鮮な青臭さ(茹でればとれる)以外に変なクセはなく、適当に豆っぽい食感です。ヒネ過ぎると豆の4枚のヒレが固くて喉に詰まるので、収穫時期には注意です。
161001sikakumame2そして、この愉快な形の豆がぶら下がっている畑の図がこちらです。この10cmくらいかもう少し大きいくらいが食べ頃です。おっと、豆が一風不思議のわりには、花はごくノーマルなマメ科のそれで、色がとてもエレガントでした。

2015年のきょうナガボノシロワレモコウ> 2014年のきょうヒメジソ> 2013年のきょうジュズダマ> 2012年のきょうサンショウ> 2011年のきょうハゼノキ> 2010年のきょうウラジロハコヤナギ(ギンドロ)> 2009年のきょうチャノキ> 2008年のきょうプルメリア> 2007年のきょうアケボノソウ> 2006年のきょうゴンズイ> 2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうシュウメイギク

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »