« 10月24日(月) ヒイラギモクセイ | トップページ | 10月26日(水) ヒイラギ »

10月25日(火) ヤハズソウ

161025yahazusou道路の端で、コンクリート擁壁と舗装面の狭い間を埋めていました。花は終わっていたのに目を惹きつけられたのは、季節外れの若葉のせいです。一年草なのだから今から新葉を出しても仕方ないと思うのは人間の抹香臭さで、そんな似非(えせ)の達観とは無縁なところが野草の偉さです。
そんな「尊敬すべき師」を引きちぎってしまうのだから罰当たりな奴です。前回は「矢筈型に裂ける」と説明だけだったところを、今度は実演しました。
そんな遊びをしているときには気づかなかったのに、写真で見たら、中央の茎の先には実がついていました。節果といって、ヌスビトハギのように莢の節ごとにくびれがあるはずなのに、そこがまだ不明瞭です。単に時期が早いだけならいいのに、なにか違うものと間違えているかもしれず、再会を約しておきましょう。

2015年のきょうハナミョウガ> 2014年のきょうホトトギス> 2013年のきょうサラシナショウマ> 2012年のきょうキンモクセイ> 2011年のきょうヒメイタビ> 2010年のきょうトラノオスズカケ> 2009年のきょうカキノキ> 2008年のきょうコウヤボウキ> 2007年のきょうクロウエア・エクサラタ> 2006年のきょうスプレーギク> 2005年のきょうキヅタ> 2004年のきょうコスモス

|

« 10月24日(月) ヒイラギモクセイ | トップページ | 10月26日(水) ヒイラギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月24日(月) ヒイラギモクセイ | トップページ | 10月26日(水) ヒイラギ »