« 番外編 : 交差点で立ち止まる・その2 | トップページ | 10月24日(月) ヒイラギモクセイ »

10月23日(日) ヒナタイノコヅチ

161023hinataふつうのイノコヅチ(ヒカゲイノコヅチ)を取り上げ、そのうちヒナタイノコヅチも収録しようと思ってから、もう8年が経っていました。現実世界と草木遊びの世界とでは、時間の目盛りがまるっきり違うことに一人で感動します。
さて、そのヒナタイノコヅチです。茎に毛がビッシリです。一方のヒカゲイノコヅチの茎にも毛はあるものの、こうまで茎が白くは見えません。

で、「以上おしまい」の簡単レポートのはずが、難題に気づきました。語源からすればイノコ「ヅ」チが妥当なはずなのに、前回の掲載ではイノコ「ズ」チとしていました。あれ?ミスっていたか?と焦ります。
しかし、あらためて確認すると図鑑の多くは「ズ」派だし、国語辞典も同じです。ホッとしながら、念のため例のYListで調べると、標準和名は「ヅ」でした。
この「ズ」か「ヅ」か問題には内閣告示が影響していて、「一般に二語に分解しにくいもの」は「ズ」にするというお達しがあるのです。したがって、「いなずま」とか「つまずく」とか、やや飲み込みにくい仮名遣いに悩むわけです。
つまり、図鑑や辞書はこのお達しに従っているのに対し、YListは「植物世界にはそんな馬鹿なルールはいらないんだよ」と言っているようです。自分でも、漢字にすれば猪子槌で、槌はツチであってスチではないや!と思います。
したがって、今回を機会に、過去の記事もイノコ「ヅ」チに修正統一します。

2015年のきょうナガボノシロワレモコウとワレモコウ> 2014年のきょうシロヨメナ> 2013年のきょうシロホトトギス> 2012年のきょうケンポナシ> 2011年のきょうパキスタキス・ルテア> 2010年のきょうアカバナ> 2009年のきょうマユハケオモト> 2008年のきょうマルバグミ> 2007年のきょうツリバナ> 2006年のきょうチカラシバ> 2005年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)> 2004年のきょうマユミ

|

« 番外編 : 交差点で立ち止まる・その2 | トップページ | 10月24日(月) ヒイラギモクセイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 交差点で立ち止まる・その2 | トップページ | 10月24日(月) ヒイラギモクセイ »