« 10月20日(木) ホンカイドウ | トップページ | 10月22日(土) トチュウ »

10月21日(金) エビスグサとカワラケツメイ

161021ebisugusaうまい具合に、エビスグサの完熟した実と咲き残っていた花を一緒に写せました。花びらを落としたあと、莢がグィーンとのびている様子もわかります。
大きな手が見苦しいという噂はあるものの、こうしないと莢からこぼれたせっかくの種を写し込むことができないのでご勘弁です。この種(決明子)で作るハブ茶(ハブ草茶)のことを書いたのは2カ月前のことでした。
161021kawaraketumeiさてこちらはカワラケツメイです。決明子の河原バージョンというネーミングではあっても、莢の仕掛けがずいぶん違います。
エビスグサのそれが自然に割れて種をこぼすのに対し、こちらは割れたときに莢が強くねじれ、その勢いで種を弾き飛ばします。そのためか、種の形はよく似ているのに、サイズと重量は決明子の半分程度です。
色も決明子に比べると真っ黒なのですが、これも良く弾け飛ぶための工夫なのかどうかは、残念ながら皆目見当がつきません。

2015年のきょうハグロソウ> 2014年のきょうサツマイモ> 2013年のきょうアマチャヅル> 2012年のきょうキンメイモウソウチク> 2011年のきょうコミカンソウ> 2010年のきょうレイジンソウ> 2009年のきょうミゾソバ(白花)> 2008年のきょうハマトラノオ> 2007年のきょうウメバチソウ> 2006年のきょうアキノキリンソウ> 2005年のきょうサザンカ> 2004年のきょうモッコク

|

« 10月20日(木) ホンカイドウ | トップページ | 10月22日(土) トチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月20日(木) ホンカイドウ | トップページ | 10月22日(土) トチュウ »