« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

9月30日(金) ツピダンサス(斑入り)

160930tupidanthus全国の町々で、昔からの由緒ある町名が味気ない「近代的」な名前に変更され、それに反対する人々も多く存在します。たいがいは、ほぼミクロな地域に特殊な名前がついていたわけで、知っている人にはそこを特定できて便利でも、知らない人には細かすぎて探しにくくて、軽々には賛否を言えない問題です。
で、このツピダンサスです。昔の学名を今もそのまま使っているわけで、今の学名だとSchefflera pueckleriです。シェフレラですから、先日のアルボリコラ・スターシャインとも、またもっと一般的なホンコンカポックとも同属になります。
そうか、植物の場合はこうして柔軟に旧名・新名をごちゃ混ぜに使っているのだから、町名だって自分たちが呼びたいように呼んだらどうでしょう。知っている者どうしなら「箪笥町でさぁ」、対外的には「本町一丁目の…」という具合です。
おっと、これでは郵便屋さんが困るのでした。集約と統合が欠かせない実生活と比べると、柔軟さが許される草木の世界には心が和みます。

2015年のきょうクサボタン> 2014年のきょうナナコバナ> 2013年のきょうコブシ> 2012年のきょうトウガラシ(八ツ房)> 2011年のきょうアシ(ヨシ)> 2010年のきょうヒメムカシヨモギ> 2009年のきょうシモバシラ> 2008年のきょうホソバヒイラギナンテン> 2007年のきょうリンドウ> 2006年のきょうミドリマイ> 2005年のきょうコスモス> 2004年のきょうオオオナモミ

| | コメント (0)

9月29日(木) ミルトニア・スペクタビリス・モレリアナ

160929msmorelianaもう10月もすぐそこというのに、ショウブが咲き出した…わけはありません。しかし、花が大きく(差し渡しで6~7cm)て、この迫力カラーで、しかも葉までそれらしくスマートに添えられていると、かなりマジメに疑いました。
ミルトニアという蘭を取り上げるのは初めてです。ただ、蘭には属が700もあるのだそうで、「初めて」なんて言葉をここで使うのはおこがましいことです。
そのミルトニアにもまた各種各様のバリエーションがあるわけで、写真の蘭はMiltonia Spectabilis var. morelianaとフルネームで呼ばなくてはなりません。さらに言えば、そのモレリアナにもいくつかのタイプが存在します。
もうこうなると、世界的に協調して品種開発禁止令とか出してくれないものか、と閉鎖的な考えが頭をよぎってしまいます。

2015年のきょうヤマホタルブクロ> 2014年のきょうアオツヅラフジ> 2013年のきょうマツヨイグサ> 2012年のきょうククイノキ> 2011年のきょうナツユキカズラ> 2010年のきょうスズムシバナ> 2009年のきょうオオハナワラビ> 2008年のきょうクロサンドラ> 2007年のきょうマイヅルソウ> 2006年のきょうハエドクソウ> 2005年のきょうヒガンバナ> 2004年のきょうハゼラン

| | コメント (0)

9月28日(水) ヤマボウシ

160928yamabousi撮るときは何も気づかなかったのに、あとから写真を見て微笑みました。奥手のまだ若い実をスタートとして、膨らみ始めからの履歴が一枚の写真のなかに盛り込まれていました。同じ木でも、実の熟度にはずいぶん差があるものです。
ただ、色で判断すれば矢印のような順にはなっても、じっくり見ると違う判断基準もあることに気づきます。それは実の充実具合で、左上のものよりも中央の実がはちきれそうです。集合果の境目が左上のものよりアヤフヤになり、柱頭の残骸もその突出度が薄れ、果肉にめり込んでしまった感じです。
どうしてこのとき両方を試食して確かめなかったのか無念です。ただ、それぞれの熟度に差があることにさえ気づかずに撮ったのですから、それを無念がるのはお門違いというもので、次の機会の楽しみができたことを喜んでおきます。

<補注> 今回の木とは違い、一気にすべての実が色づいている場面を撮影したことも過去にありました。

2015年のきょうクレロデンドルム・ウガンデンセ(ブルーエルフィン)> 2014年のきょうナンテンハギ> 2013年のきょうヒッコリー> 2012年のきょうツルマメ> 2011年のきょうメヒシバとオヒシバ> 2010年のきょうセイヨウカラハナソウ(ホップ)> 2009年のきょうシオン> 2008年のきょうチョウジタデ> 2007年のきょうカンボク> 2006年のきょうヤマジノホトトギス> 2005年のきょうケイトウ> 2004年のきょうセイタカアワダチソウ

| | コメント (0)

9月27日(火) ヤブマメ

160927yabumame小さな花にヘビー級のクマンバチとは、ずいぶん不釣り合いな組み合わせです。ところが、固く閉まったこの花の竜骨弁を押し下げ、なかのシベを露出させるには、このくらいのウエイトと力が必要で、二人は結構仲がいいようです。
学問的には「クマバチ媒花」と呼ばれる一群の植物があり、竜骨弁を開いてもらう必要のあるマメ科の草木はそれにあたります。「根性で飛んでいる」などとお笑いネタにされているクマくんは、じつは選ばれし者なのでした。
そう言えば、この巨体を飛ばすにはどうしても小さ過ぎに見えるその翅は、限界ギリギリに設計された超精密なパーツなのかと神々しく見えてきます。

2015年のきょうコモチシダ> 2014年のきょうラクウショウ> 2013年のきょうヒガンバナ> 2012年のきょうダンコウバイ> 2011年のきょうシラカシ> 2010年のきょうイガオナモミ> 2009年のきょうヤブラン> 2008年のきょうアメリカアゼナ> 2007年のきょうミズカンナ> 2006年のきょうヒデリコ> 2005年のきょうホオノキ> 2004年のきょうペンタス

| | コメント (2)

9月26日(月) ウラジロノキ

160926urajironoiki今年は台風が多くて、たくさんついた実が落ちなきゃいいけど…と思って調べたら、ここまでまだ17個しか台風は発生していませんでした。過去を見ると、67年に39個という記録(気象庁データ)があって、ほかにも30個台の年は珍しくありません。そんな年に比べると、今年は23か24で打ち止めというペースです。
ということは、この豊かな実りがそのまま完熟してくれる可能性が大きいわけで、なんともワクワクすることです。というのも、この段階のウラジロノキの実は、その形がかなりビワに似ているからです。
もちろん、熟したウラジロノキの実は真っ赤で、ビワとはまったく違うことはわかっていても、つい、その味に期待してしまいます。おっと、台風以外にも鳥さんという厄介な敵がいました。人生にライバルがいるのはいいものです。

2015年のきょうイヌシデ> 2014年のきょうツノナス(フォックスフェイス)> 2013年のきょうホオノキ> 2012年のきょうショクヨウギク(料理菊・もってのほか)> 2011年のきょうキャットミント> 2010年のきょうフウトウカズラ> 2009年のきょうリンボク> 2008年のきょうヒメクグ> 2007年のきょうジャコウソウ> 2006年のきょうヌスビトハギ> 2005年のきょうアレチヌスビトハギ> 2004年のきょうコブシ

| | コメント (0)

9月25日(日) ヤブタバコ

160925yabutabakoタバコの臭いが滅法苦手のせいで、このヤブタバコにまでつい煙たい目を向けてしまいがちでした。ただ、そんな狭量な心を捨てると、野の草にしておくにはもったいないほどの美しさを持っていることに気づきます。
まずはこの直線的な横枝です。太い茎が膝上あたりの高さにまでのび、そこからはこんな横枝が幾本かまっすぐ張り出すという変わった仕掛けです。
そして、含羞の風情漂う形の花です。まるで閉鎖花のようにきつく窄んではいても、その中心部には両性花が咲いていて、周りを雌花が囲んでいるのです。3段の総苞片に締め上げられて窮屈そうでも、これが見頃の姿です。
さらに葉です。表側では何の変哲もない風を装っておいて、裏側にこんな彫りの深さを隠しているのです。これぞ大人のお洒落と見惚れてしまいます。

<補注> 冬には実(種)にまで惚れ込んでいます。

2015年のきょうイワシャジン> 2014年のきょうオオモクゲンジ> 2013年のきょうエゴマ> 2012年のきょうムクロジ> 2011年のきょうスダジイ> 2010年のきょうオニバス> 2009年のきょうヒオウギ> 2008年のきょうクサネム> 2007年のきょうオオモクゲンジ> 2006年のきょうハナセンナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうフウセントウワタ

| | コメント (0)

9月24日(土) アメリカニワトコ

160924america_niwatoko「所変われば品変わる」ということわざはこのニワトコのためにあるのかな、とつくづく眺めてしまいます。まず実の色が、日本真っ赤VSアメリカどす黒です。
その実が熟す時期も3カ月は違っていて、日本が食べ頃のとき、アメリカはまだ緑で、とてもとても口に入れようとは思えません。当然ながら花の時期も、アメリカは日本よりも40~50日は遅くに満開を迎えます。
葉も、対生の奇数羽状複葉という仕立ては同じでも、アメリカの小葉は見るからにふくよかで、ニワトコ(日本)の面影をほとんど感じさせません。
共通なのは両方とも果実酒に重用されることで、品は多少変わったとしても、行き着くところはおいしいのだから、「結果オーライ」としておきましょう。

2015年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2014年のきょうオトコエシ> 2013年のきょうナンキンハゼ> 2012年のきょうシュロソウ> 2011年のきょうオカボ(イネ)> 2010年のきょうヌルデ> 2009年のきょうミズワラビ> 2008年のきょうダンドボロギク> 2007年のきょうサンゴジュ> 2006年のきょうカラスノゴマ> 2005年のきょうアスパラガス> 2004年のきょうシュウカイドウ

| | コメント (0)

9月23日(金) エゴマ

160923egoma前の掲載のときは「見るだけ~」だったエゴマを、初めて食べてみました。小さな菜園を作っている町内の知り合いが、ほかの野菜とともに恵んでくれたのです。この人、いつかもズッキーニを解説&プレゼントしてくださって、ちょっと変わったものを育てるのが好きなようで、とても頼りになります。感謝してます、イトーさん!
せっかくの採り立てなので、葉をそのまま食べてみました。見た感じが似ている(だけでなく、分類的にも超近縁)アオジソとの違いがわかるか、自分の味覚の大雑把さにやや不安だったのに、ああ、これならわかります。
シソのあのサッパリ感がありません。味が太く(エグくて濃厚)て、香ばしさというか奥深さを感じます。調べると、韓国料理では多用される食材で、いろいろな調理法があるようです。しかし、そんな面倒をせずとも、適当に刻んでサラダに混ぜたら、味に奥行きが出そうです。プランター栽培でもしたくなりました。

2015年のきょうタカサゴユリ> 2014年のきょうタムシバ> 2013年のきょうオオベンケイソウ> 2012年のきょうサネブトナツメ> 2011年のきょうアカメガシワ> 2010年のきょうオオバチドメ> 2009年のきょうヤブマメ> 2008年のきょうアゼナ> 2007年のきょうシナアブラギリ> 2006年のきょうコナギ> 2005年のきょうヤブツルアズキ> 2004年のきょうナナカマド

| | コメント (0)

9月22日(木) シェフレラ・アルボリコラ・スターシャイン

160922sastarshineこの木をリビングに置いておくだけで、腹筋がこんな風に割れてくる…としたらうれしいものの、こんなに胴長になっても困ります。
一枚の葉だけ見ると、これがカポックとは思いもしなくても、目を葉の付け根に移すと、この輪生状態にはたしかに見覚えがあります。おっと、ついカポックと言ってしまいました。この呼び名は修正すると誓ったことにも覚えがあります。
で、タイトルがやたら長くなりました。ホンコンカポックの属名であるシェフレラのなかのアルボリコラという種類には、ふくよかな葉・長い葉・先が割れた葉など園芸品がいろいろあって、今回見たこれはスターシャインというやたらカッコいい名前です。腹筋と星がどう結びつくのか考えながら、地道に腹筋運動に励みましょう。

2015年のきょうホオノキ> 2014年のきょうトレニア(ハナウリクサ)> 2013年のきょうイタビカズラ> 2012年のきょうハブソウ> 2011年のきょうアレチヌスビトハギ> 2010年のきょうノチドメ> 2009年のきょうアカネ> 2008年のきょうツユクサ> 2007年のきょうカワラケツメイ> 2006年のきょうチヂミザサ> 2005年のきょうオトコヨウゾメ> 2004年のきょうミヤギノハギ(ナツハギ)

| | コメント (0)

9月21日(水) プロステケア・コクレアタ・アルブム

160921prosthecheaタコですわなあ、どう見たってタコです。そのタコが団体で踊っているのだから、なんとなく取り澄ました洋蘭には珍しく、笑いを誘ってくれます。
洋蘭のなかでも比較的新しい属なので、このプロステケアという名前を知らなかったのは特に恥ずべきことではないようです。そしてプロステケアのなかでもこのコクレアタ(タコの脚部分が特徴)はまだあまり出回っていません。
ただ、ふつうのプロステケア・コクレアタだと頭の部分が紫で脚が白いので、ちょっとタコには見えにくいのです。その意味で、頭まで白いこのf.アルブムに出会えたことはかなりの幸運だったわけで、はた衛門までタコ踊りしてしまいます。

2015年のきょうイワガネソウ> 2014年のきょうヒノキアスナロ> 2013年のきょうツルリンドウ> 2012年のきょうヤマグルマ> 2011年のきょうカラスザンショウ> 2010年のきょうハダカホオズキ> 2009年のきょうケツユクサ> 2008年のきょうミズタマソウ> 2007年のきょうミズタマソウ> 2006年のきょうヤマハギ> 2005年のきょうオトコエシ> 2004年のきょうナツメ

| | コメント (0)

9月20日(火) クロモジ

160920kuromojiふふ、やっぱり下がるんだね、と囁きながら写しました。ティーアップしたゴルフボールのように上向きに立っていたクロモジの実が、自重に耐えかねたのか、果柄のこらえ性が薄れたのか、こうしてみんな最敬礼をしていました。
そう言えば、このクスノキ科の仲間は実がだいたいこのタイプ(初め上向き、熟して下向き)だと思います…と偉そうに言おうとして、ほとんど検証写真を撮っていないことに愕然としました。クスノキヤマコウバシはかろうじてOKとして、シロモジの実の「その後」はとらえていないし、ゲッケイジュも上向きしか見ていません。
タブノキなんて下向きになるかどうかもはっきり覚えていないし、カナクギノキとなると実どころか花も見ていない始末です。
ずいぶん歩いて、ずいぶん写したはずなのに、まだまだまだまだです。この悔しさに打ち震えているうちは、ボケなくていいやと思うしかありません。

2015年のきょうシナアブラギリ> 2014年のきょうカラムシ> 2013年のきょうムラサキナツフジ(サッコウフジ)> 2012年のきょうオトコエシ> 2011年のきょうマコモ> 2010年のきょうキセワタ> 2009年のきょうマルバハッカ(アップルミント)> 2008年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)2007年のきょうソテツ(雄株)> 2006年のきょうアシタバ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうフジバカマ

| | コメント (0)

9月19日(月) ハエジゴク(ハエトリグサ、ハエトリソウ)

160919haejigoku先月載せたムジナモと同じように、捕虫葉を素早く閉じて虫を食べてしまいます。ただし、ムジナモのそれが0.02秒というすごい速度で閉じるのに対し、このコミカルな葉(トゲが女神の睫とされた)は0.5秒とややのんびりです。
また、10日ほどかけて食べ終わった葉は開き、その内側が赤いので、いかにも「ごちそうさまぁ」と言っているみたいです。
さて、この草はハエトリグサともハエトリソウとも呼ばれていて、どっちが本名か少しだけ興味がありました。そこで、ときどきお世話になるYListを当たったら、え!標準和名はハエジゴクでした。原産地のアメリカではVenus Flytrapとオシャレに呼ぶのに対し、いささか遊びがなさ過ぎるキツーぃ名前で恐れ入ります。

2015年のきょうカンガレイ> 2014年のきょうマキエハギ> 2013年のきょうシシオクマワラビ> 2012年のきょうテウチグルミ> 2011年のきょうサンシュユ> 2010年のきょうアオハダ> 2009年のきょうフジマメ> 2008年のきょうカラスウリ> 2007年のきょうカゼクサ> 2006年のきょうミズキンバイ> 2005年のきょうシロバナマンジュシャゲ> 2004年のきょうツリフネソウ

| | コメント (0)

9月18日(日) アワブキ

160918awabuki1誰がこんなことに気づいたものでしょう。思うに、野良仕事のお昼どき、焚き火でお芋なんかを炙っていて、たまたまアワブキの枝を火に投げ込んだら、「おいおい、この木、泡を吹いてるぞ~」となったのではないでしょうか。
160918awabuki2もちろん、そのときはアワブキという名前はまだない雑木で、みんなが「あの木は泡吹くんだぜ~」と言っているうち、アワブキと呼ぶようになったのでしょう。
とは言うものの、花が泡のようというもう一方の説は未検証です。食べ頃の実にもまだ会えておらず、課題はようやく1/3を消化しただけです。早く花のころにこの木を拝んで、うれしさにはた衛門が泡を吹くというバカをしたいものです。

<補注> 花どきには、たしかにワタシが泡を吹きました。花が泡のようという説にも納得です。ただし、実についてはかなりガッカリの結果でした。(2017年8月25日)

2015年のきょうアワブキ> 2014年のきょうオジギソウ> 2013年のきょうシロバナヤマハギ> 2012年のきょうセンニンソウ> 2011年のきょうオオバコ> 2010年のきょうキレハノブドウ> 2009年のきょうボントクタデ> 2008年のきょうノダケ> 2007年のきょうヒトエスイフヨウ> 2006年のきょうタカサブロウ> 2005年のきょうヒガンバナ> 2004年のきょうシキミ

| | コメント (0)

9月17日(土) トキリマメ

160917tokirimame藪のなかからこういうものを見つけると、ものすごくうれしくなります。申し訳ないけれど、少しこちらに出てきてもらって(あとで元通りになおしました)、葉裏でうつむきがちの引っ込み思案なお顔を見せてもらいました。
そのせっかくの花が、写真の構図的には端に寄ってしまいました。もちろん、これがトキリマメである証拠の葉を入れ込むためです。裏返った一枚だけでいいかと思ったものの、念のため左に大きな葉も押さえで入れました。さらに、全体サイズ確認のために、恥ずかしげもなく我が左手くんも大写しです。
というわけで、ずいぶん前にトキリマメがトキリマメである様子を初めてとらえた一枚よりは、少しだけわかりやすく撮れたはず…とご託を並べていたら、藪からこれを見つけ出したときの心の弾みは薄れていくのが悲しいところです。

2015年のきょうマウンテンミント> 2014年のきょうキハギ> 2013年のきょうベニシダ> 2012年のきょうヒトエスイフヨウ> 2011年のきょうキミガヨラン> 2010年のきょうトウゴマ> 2009年のきょうトウガン> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうハシカグサ> 2006年のきょうコウヤマキ> 2005年のきょうヌルデ> 2004年のきょうワレモコウ

| | コメント (0)

9月16日(金) プルメリア

160916plumeriaへぇー、という思いだけの一枚です。あの、和菓子のような、または布のつまみ細工のようなプルメリアは、花びらが白いからこその見立てであって、色合いが違うとそんな柔らかくてほのぼのした印象はかなり弱まってしまいます。
調べたら、プルメリアのピンクバージョンはたくさんあるらしく、それらのなかには結構お菓子や布細工を思わせてくれるものもありました。なのに、写真の花は濃い色の筋が邪魔をするのか、ちっともそう見えないのです。
さらに葉に目を移すと、こちらもずいぶん筋張っていて、里芋のそれ風です。ちょっと筋トレ過剰のお姉さん的な風体で、遠目に眺めるだけにしておきます。

2015年のきょうスネイルフラワー> 2014年のきょうシュウブンソウ> 2013年のきょうミケリア(ミケリア・マウダイエ)> 2012年のきょうママコノシリヌグイ> 2011年のきょうマルバアメリカアサガオ> 2010年のきょうミズアオイ> 2009年のきょうカンレンボク> 2008年のきょうモミジガサ> 2007年のきょうアオツヅラフジ> 2006年のきょうサルスベリ> 2005年のきょうヒネム> 2004年のきょうツルボ

| | コメント (0)

9月15日(木) シマツナソ(モロヘイヤ)

160915simatunasoクレオパトラが愛した食材という噂(?)があって、その真偽は別としても、王族が病気のときにこの葉をスープにして飲んだというのは事実のようです。
そもそもモロヘイヤという単語にあてる英字の綴りはなく、アラビア語の音をカタカナ化したものだそうです。その意味は「王家のもの」、つまり一般庶民が口にできる食材ではなかったようです。
葉の付け根のお髭がチャーミングですが、それよりもこの葉を刻んだときのネバネバがモロヘイヤの真骨頂です。そのネバネバはオクラや納豆・山芋・なめこなどと同じでムチンに由来しています。ムチンの効用は疲労回復や整腸・抗ウイルスなど幅広く、夏の暑さでやられたなというとき、役に立つようです。

2015年のきょうセンニチコウ> 2014年のきょうミツバウツギ> 2013年のきょうヒメガマ> 2012年のきょうイイギリ> 2011年のきょうエノキ> 2010年のきょうマルバチシャノキ> 2009年のきょうソクズ> 2008年のきょうヤマジノホトトギス> 2007年のきょうコボタンヅル> 2006年のきょうトキリマメ> 2005年のきょうホワイトベルベット> 2004年のきょうタラノキ

| | コメント (0)

9月14日(水) ウスギコンロンカ

160914usugikonronkaパッと見はふつうのコンロンカと区別がつきません。ただ、なんか変だなぁと目を凝らすと、花色が淡いし、その形が羽根つき餃子なのです。
たとえがまったくイヤシンボで情けないとは思いつつ、フリルというかフランジというか、そんな余計な部分が花びらの外側にあって、とても独特の形です。そして、その花の中心部は「ふつう」と同じ濃い黄色なのに、あとはボーッと薄黄色です。
どちらもアカネ科コンロンカ属で、常緑低木という性状も同じなのに、「ふつう」はアジア東南端に産し、ウスギはアフリカに育つという違いがあります。アフリカだと暑く(熱く)て、羽根つき餃子ができやすいのか…とあくまで食い気です。

2015年のきょうエビヅル> 2014年のきょうツリガネニンジン> 2013年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2012年のきょうオオエノコログサ> 2011年のきょうアメリカアサガオ> 2010年のきょうトウテイラン> 2009年のきょうコヤブラン> 2008年のきょうフユイチゴ> 2007年のきょうノアサガオ> 2006年のきょうガマズミ> 2005年のきょうニラ> 2004年のきょうハナツクバネウツギ

| | コメント (0)

9月13日(火) スパティフィラム

160913spathiphyllumこの仏炎苞のことを花と言ったところで誰も迷惑はしないはずです。なのについ、本当の花は鬼の金棒が白くなったみたいな部分で、これを肉穂花序と呼ぶなんてことで字数を費やすのはつまらんことだと思うのです。
というか、あえてそこにこだわるなら、花の構造がしっかりわかる写真を撮れよ、と自分を責めてはみても、これがなかなか難儀です。ブツブツの先の焦げ茶部分が雌シベ(の先)だろうとは思うものの、じゃあ雄シベはと言われるとグリコです。
似たつくりでも、ミズバショウのここはいかにも花粉を撒いてます!みたいに雄シベがハッキリでした。スパティフィラムにもあんな時期があるものか、あるはずとは思いつつ、あったらせっかくの美貌が台無し…とわがまま勝手に思います。

2015年のきょうシロバナシナガワハギ(コゴメハギ)> 2014年のきょうキササゲ> 2013年のきょうナンバンギセル> 2012年のきょうナツユキカズラ> 2011年のきょうオウゴンニシキ(オウゴンカズラ)> 2010年のきょうキバナキョウチクトウ> 2009年のきょうマルバタマノカンザシ> 2008年のきょうノシラン> 2007年のきょうオオブタクサ> 2006年のきょうキツネノマゴ> 2005年のきょうウラハグサ(フウチソウ)> 2004年のきょうフジ

| | コメント (0)

9月12日(月) アンジェラ(つるバラ)

160912angela暑い間は草木の花が本当に乏しくなるので、こういうかわいい色を見つけると、遠くからでも「おっ、花だ」とうれしくなります。近づいてマジマジ見たら、色だけでなく、シンプルなカップ型の咲き方まで、とてもチャーミーです。
ただし、つくづく見ると新しいシュートがかなり獰猛です。考えてみれば、あの暑さのなかでも休むことなく若い枝をビュービューとのばし、蕾をこれでもかとつけ、次々と花を開くなんて、恐ろしいスタミナです。
このバラにあやかれば、世のアンジェラさんはすばらしくタフなことになります。パートナーの元気さに引きずられて髪結いの亭主を楽しみたかったら、なんとしてもアンジェラさんを見つけるべき…と若いときに知っておくべきでした。

2015年のきょうミソナオシ> 2014年のきょうハンゲショウ> 2013年のきょうモクレイシ> 2012年のきょうカナムグラ> 2011年のきょうクルクマ> 2010年のきょうタコノアシ> 2009年のきょうシュウカイドウ> 2008年のきょうマルバルコウ> 2007年のきょうキツリフネ> 2006年のきょうツユクサ> 2005年のきょうハギ> 2004年のきょうヒガンバナ

| | コメント (2)

9月11日(日) ダイサギソウ

160911daisagisou1個の花だけ見ると、サギソウにそっくりです。ただし、全体のこのワサワサした感じはサギソウとは全然違うし、草丈も優に3~4倍はあります。
洋蘭にもこんな和風のものがあるのかなぁ、くらいでパシャパシャ撮らせてもらってきたというのに、Wikiで調べてみてドキドキしてきました。このダイサギソウ、とんでもない大物というか、「幻の野草」さまなのでした。
たしかに、こういう美人が野原にいたら連れ帰ろうとする人間は多いのでしょう。盗掘できないほどに管理すれば、もはや本来の繁殖形態ではなくなるだろうし、「やはり野に置けダイサギソウ」とみんなが思ってほしいものです。

2015年のきょうメリケンムグラ> 2014年のきょうナナコバナ> 2013年のきょうミズタマソウ> 2012年のきょうウラジロガシ> 2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうカラムシ> 2009年のきょうシオン> 2008年のきょうドイツトウヒ> 2007年のきょうムシカリ> 2006年のきょうイボクサ> 2005年のきょうダールベルグデージー> 2004年のきょうニラ

| | コメント (0)

9月10日(土) イヌビワ

160910inubiwa1きのうは猫の舌、きょうは自分の舌がテーマです。いつも家族にはいい加減な舌だと揶揄されているので、去年絶賛したイヌビワの果嚢が本当においしいものであることを虫さんたちに証明してもらうことにしました。
じつは派手な翅模様のチョウチョさんにしか気づかずレンズを向けたのに、撮れた写真を見たらコガネムシ(?)さんもいました。
というか、コガネムシがムシャムシャ食べているところに「あらおいしそうね。ワタシも失礼!」とチョウチョが割り込んで来たという様子です。隣にも完熟気味の果嚢があるのに、もしかして二つの果嚢には微妙な熟度差があって、わざわざ一つを二人でシェアするのがグルメの道とでもいうのでしょうか。
160910inubiwa2隣にあった別のイヌビワの枝はセミの幼虫に好かれていました。しかし、どうして彼らはこんなに群れるのでしょう。葉はたくさんあるのだから、一人一枚にすればいいのに、葉にも脱皮がしやすくてシェアしたい高性能な一枚があるのでしょうか。

2015年のきょうギンコウボク> 2014年のきょうアキカラマツ> 2013年のきょうコクチナシ(ヒメクチナシ)> 2012年のきょうイワガネゼンマイ> 2011年のきょうカワラケツメイ> 2010年のきょうヤナギタンポポ> 2009年のきょうメドハギ> 2008年のきょうノシバ> 2007年のきょうハネミギク> 2006年のきょうヤハズソウ> 2005年のきょうイチイ> 2004年のきょうヤマボウシ

| | コメント (0)

9月9日(金) ネコノシタ

160909nekonosita葉をなでると、おぉ、これは確かに猫の舌です。頬でも舐められようものなら、脂っ気を根こそぎ持っていかれるような、あの感触そのものです。
海岸の砂地にふつうに生息していたらしいとは聞いても、いまや多くの地域で絶滅危惧指定を受けています(撮影は植栽品)。護岸工事を否定できないのがつらいところで、海岸公園みたいな場所で保護してもらいたいものです。
さて、猫を名前にいただいた草木を思い出してみました。まずはネコジャラシ、次にネコノチチとかネコヤナギが代表格でしょうか。
少し渋くなってネコノヒゲとかネコノメソウ、バリエーションとしてヤマネコヤナギとかヤマネコノメソウニッコウネコノメソウなどがあります。ネコノオもありますが、これはキャットテールと呼ぶのがふつうです。ネコノヒタイ…おっとこれは草木ではなくウチの敷地のことでした。

2015年のきょうノコギリソウとセイヨウノコギリソウ> 2014年のきょうアキニレ> 2013年のきょうミドリヒメワラビ> 2012年のきょうゴンズイ> 2011年のきょうイヌザクラ> 2010年のきょうサジガンクビソウ> 2009年のきょうシュロソウ> 2008年のきょうガンクビソウ> 2007年のきょうキレンゲショウマ> 2006年のきょうカラスウリ> 2005年のきょうマメアサガオ> 2004年のきょうマーガレットコスモス

| | コメント (0)

9月8日(木) ドラセナ・レフレクサ

160908dracaena_reflexa観葉植物のセオリーに反して、お陽さま大好きな種類です。枝分かれがよく、大きなものになるとこうしてのたうつような姿も見せてくれます。
へぇー、これもドラセナなんだぁ、と知って脳裏をよぎるのは、あの不幸の木(笑)の超絶臭気です。調べたら、このドラセナ・レフレクサも花をつけることがあるらしく、もちろんあの臭気もあるらしく、ちょっとビビります。
あの臭いを嗅ぎたくないなら、蕾が出たら摘み取ればいい話なのに、せっかく出たなら咲かせてみたいという因果な性格の人には向かない木です。

2015年のきょうイチイ> 2014年のきょうナンバンギセル> 2013年のきょうアメリカノウゼンカズラ(黄花)> 2012年のきょうナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ)> 2011年のきょうシラヤマギク> 2010年のきょうゴジカ> 2009年のきょうキツリフネ> 2008年のきょうミヤコグサ> 2007年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2006年のきょうキカラスウリ> 2005年のきょうナガホノシロワレモコウ> 2004年のきょうシュクシャ

| | コメント (0)

9月7日(水) スギモリケイトウ

160907sugimorikeitouおととい、ハゲイトウを云々したのは、過去の無知具合の懺悔とともに、このスギモリケイトウを取り上げるための布石でもありました。
つまり、ふつうのケイトウ類が属すヒユ科セロシア属とは別の、ハゲイトウに代表されるヒユ科アマランサス属のバリエーションを示したかったのです。このスギモリケイトウはハゲイトウと違って茎の頂部にも花穂をつけるくせに、立派にアマランサス属なのです。種を収穫するにはうってつけの実りの良さです。
惜しむらくは、名前のスギモリの意味が伝わっていないらしいことです。杉森さんか杉盛さんか、そんな人名(地名?)に由来していそうな気はしても、わかったときのうれしさのために、この謎はそっと隠しておきましょう。

2015年のきょうアッケシソウ> 2014年のきょうミズメ> 2013年のきょうエビネ> 2012年のきょうコマツナギ> 2011年のきょうウワミズザクラ> 2010年のきょうヒシ> 2009年のきょうヤマナシ> 2008年のきょうハグロソウ> 2007年のきょうサラシナショウマ> 2006年のきょうコブナグサ> 2005年のきょうウコン> 2004年のきょうママコノシリヌグイ

| | コメント (0)

9月6日(火) ディジゴセカ(ディジゴセカ・エレガンティシマ)

160906dizygothecaこの独特の切れ込みを持つ葉が印象的で、これまで長い間、名前を知りたかった木です。今回たまたま、鉢に名札がありました。
ディジゴセカとはまたなんとも覚えにくい名です。属名そのままなので、ほかの仲間と紛れないためには、さらにエレガンティシマをくっつけます。
和名はモミジバアラリアで、前半はいいとして、後半のアラリアは旧属名です。モミジバもピンと来ないし、アラリアもあられない(?)ので却下です。
属名で呼ぶ不都合は、ほかの仲間と出くわしたときに対策を考えることにして、せっかく判明したディジなんたらを必死に覚えることにします。

2015年のきょうエゾノコリンゴ> 2014年のきょうヒヨドリバナ> 2013年のきょうヒトツバハギ> 2012年のきょうオニバス> 2011年のきょうアマクリナム> 2010年のきょうツノナス(フォックスフェイス)> 2009年のきょうイチヤクソウ> 2008年のきょうヤマシャクヤク> 2007年のきょうウワミズザクラ> 2006年のきょうギンドロ> 2005年のきょうリコリス・オーレア> 2004年のきょうイタドリ

| | コメント (0)

9月5日(月) ハゲイトウ

160905hageitou1気がつかないということは恥ずかしいもので、過去に2回ハゲイトウは取り上げながら、花があるかも…とは毛ほども思いませんでした。
「葉」鶏頭だから葉を見るんだよね、とばかり、葉ばかり得々と写していました。ところが、このところ健康食品としてモテモテのアマランサスがハゲイトウの実(種)であることを知り、実がつくなら花もと思い至ったわけです。
160905hageitou2それでも浅はかに茎の頂点を掻き分け、葉芽しかないことを確認し、やおら視線を下げて、ようやく発見です。たしかに、この形態は鶏冠鶏頭とよく似ています。
ただ、鶏冠鶏頭などはヒユ科セロシア属、ハゲイトウはヒユ科アマランサス属で、近縁とは言え、別のグループでした。このハゲイトウ類(アマランサス属)の種が例の健康食品というわけで、今回仕入れた2本のハゲイトウからも収穫ができないか、秋が深まるのを楽しみに待つことにします。

<後日追記> 1カ月後、種を収穫してみました(↓)。枯れた花の房をゴシゴシやると、いろいろゴミ状態で落ちてきます。
161006amaranthus黒く光っている粒が種で、あまりに小さくてつまむのに苦労します。ようやくの思いでいくつか集めてかじってみたら、プチプチして食感は良かったものの、味はしませんでした。これを「食品」にするのはかなり遠い感じです。
販売されているアマランサスは金色で、もう少し粒も大きいので、属は同じながら、観賞用のハゲイトウとは種類が違うことがわかりました。(2016年10月6日)

2015年のきょうウンラン> 2014年のきょうアベマキ> 2013年のきょうモミジガサ> 2012年のきょうランタナ> 2011年のきょうシマトネリコ> 2010年のきょうツリガネニンジン> 2009年のきょうフジカンゾウ> 2008年のきょうムカゴイラクサ> 2007年のきょうタムラソウ> 2006年のきょうナンバンギセル> 2005年のきょうヒメマツバボタン> 2004年のきょうモクレン

| | コメント (0)

9月4日(日) キリ

160904kiriキリのように大きな木を見下ろし目線で撮れるのはうれしいものです。去年も、ネムノキの森を尾根筋から見下ろす体験をしました。ふだんは下から見上げるばかりのものを鳥さん目線で見られるのは、テクテク歩きの余録です。
で、このキリでビックリしたのは、もう花芽がこんなについていたことでした。12月とか2月に、実と一緒に花芽がついているのは知っていても、まさかまだこんな暑い時期から、もう来年の花を準備していたとは驚きでした。
前に花をアップで写せたときは、たまたま手の届く高さまで大枝が垂れていたおかげだったのに、今度のこの場所なら薄紫がたゆとう景色を楽しめそうです。

<補注> キリの葉の大きさや、幼木の生長具合についても取り上げています。

2015年のきょうマテバシイ> 2014年のきょうトクサ> 2013年のきょうムベ> 2012年のきょうコンテリクラマゴケ> 2011年のきょうヒャクニチソウ(矮性)> 2010年のきょうイチビ> 2009年のきょうオオリキュウバイ> 2008年のきょうアズマカモメヅル> 2007年のきょうクロホウシ> 2006年のきょうイトススキ> 2005年のきょうアメリカノウゼンカズラ> 2004年のきょうフサケイトウ

| | コメント (0)

9月3日(土) レックスベゴニア・シースプライト

160903rex_begoniaたくさんあるベゴニアの種類のうちで、ほぼ観葉植物的に葉を楽しむグループがレックスベゴニアです。その葉はおおむね雄大(なかには小さいものもあり)で、皺も込み入っており、色合いも深々と印象的なものばかりです。
当然ながら花は二の次です。ただし、雑誌の付録ではないけれど、オマケがあるのはうれしいもので、そのかわいさに目尻が下がります。
あまり日照を必要としないので、室内で育てることができます。リビングに一鉢置きたいとは思うものの、それが一鉢で済まなくなる自信(?)は大いにあるので、とりあえず他人さまの持ち物を愛でておくにとどめています。

<これまで掲載のベゴニア類>ベゴニア ☆ キダチベゴニア ☆ 球根ベゴニア  ☆ 球根ベゴニア(ハンギングタイプ) 

2015年のきょうレモングラス> 2014年のきょうオオモクゲンジ> 2013年のきょうダイコンソウ> 2012年のきょうシマトネリコ> 2011年のきょうヘラノキ> 2010年のきょうトレニア(ハナウリクサ)> 2009年のきょうオオマルバノホロシ> 2008年のきょうメボウキ> 2007年のきょうゲンノショウコ> 2006年のきょうサワギキョウ> 2005年のきょうガガイモ> 2004年のきょうラッカセイ

| | コメント (0)

9月2日(金) カゴノキ

160902kagonoki鬱蒼としたお屋敷林のなかにそびえるカゴノキの巨木です。敷地の外からの盗撮状態(?)なので、目通り幹囲2.88mという肝心の部分が写せません。こういう巨木には必ず掌をあててエネルギーをいただいてきたのに、残念です。
そのお屋敷というのがじつに広大で、最初に遭遇した門は閉まっていて、用があれば東門に回れというお札がかかっていました。え、民家でしょ?
昔の名主さんのお宅だそうで、すごいものです。ここに居を構えたのが正保から元禄年間であって、そのときに植えた(関東に自生は少ない)と思われているこのカゴノキの樹齢は350歳近くということになります。
それでも葉がまだこんなに茂って、元気そのものです。カゴノキ恐るべし、そして名主さま恐るべし。たまたま偶然に出会った、この日の大きな収穫です。

2015年のきょうウリハダカエデ> 2014年のきょうキツネノマゴ> 2013年のきょうヤマボウシ> 2012年のきょうカナムグラ> 2011年のきょうハナトラノオ(カクトラノオ)> 2010年のきょうシロネ> 2009年のきょうツルガシワ> 2008年のきょうミズカンナ> 2007年のきょうヒメシロネ> 2006年のきょうイヌタデ> 2005年のきょうハス> 2004年のきょうピンクノウゼンカズラ

| | コメント (0)

9月1日(木) イヌトウバナ

160901inutoubana1イヌトウバナの毛むくじゃら具合に目一杯迫ってみました。比較するトウバナにも多少の毛はあるものの、これだけモジャモジャだと、花穂部分全体の感じがトウバナとはまったく違うのが一目瞭然です。
などと偉そうに言ってはみても、かつてはこのイヌトウバナとふつうのトウバナのどちらもちゃんとわかっていない悲しい過去がありました。ようやくイヌトウバナを認識して記事にしたときの写真を補う意味での再掲載です。
160901inutoubana2葉に艶のあるトウバナと違い、茎葉が渋いのもイヌトウバナの特徴です。単体で見ればハッキリしている鋸歯も、ふつうのトウバナの尖り具合に比べると穏やかなもので、このワンちゃんはなかなか控えめな性格に思えます。

2015年のきょうミズキンバイ> 2014年のきょうムクゲ> 2013年のきょうシュウブンソウ> 2012年のきょうヤブデマリ> 2011年のきょうハリギリ> 2010年のきょうトウワタ(アスクレピアス)> 2009年のきょうキバナアキギリ> 2008年のきょうケンポナシ> 2007年のきょうアゲラタム> 2006年のきょうヘクソカズラ> 2005年のきょうセンニンソウ> 2004年のきょうマツムシソウ

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »