« 9月12日(月) アンジェラ(つるバラ) | トップページ | 9月14日(水) ウスギコンロンカ »

9月13日(火) スパティフィラム

160913spathiphyllumこの仏炎苞のことを花と言ったところで誰も迷惑はしないはずです。なのについ、本当の花は鬼の金棒が白くなったみたいな部分で、これを肉穂花序と呼ぶなんてことで字数を費やすのはつまらんことだと思うのです。
というか、あえてそこにこだわるなら、花の構造がしっかりわかる写真を撮れよ、と自分を責めてはみても、これがなかなか難儀です。ブツブツの先の焦げ茶部分が雌シベ(の先)だろうとは思うものの、じゃあ雄シベはと言われるとグリコです。
似たつくりでも、ミズバショウのここはいかにも花粉を撒いてます!みたいに雄シベがハッキリでした。スパティフィラムにもあんな時期があるものか、あるはずとは思いつつ、あったらせっかくの美貌が台無し…とわがまま勝手に思います。

2015年のきょうシロバナシナガワハギ(コゴメハギ)> 2014年のきょうキササゲ> 2013年のきょうナンバンギセル> 2012年のきょうナツユキカズラ> 2011年のきょうオウゴンニシキ(オウゴンカズラ)> 2010年のきょうキバナキョウチクトウ> 2009年のきょうマルバタマノカンザシ> 2008年のきょうノシラン> 2007年のきょうオオブタクサ> 2006年のきょうキツネノマゴ> 2005年のきょうウラハグサ(フウチソウ)> 2004年のきょうフジ

|

« 9月12日(月) アンジェラ(つるバラ) | トップページ | 9月14日(水) ウスギコンロンカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月12日(月) アンジェラ(つるバラ) | トップページ | 9月14日(水) ウスギコンロンカ »