« 8月8日(月) ムジナモ | トップページ | 8月10日(水) タヌキモ »

8月9日(火) ツノハシバミ

160809tunohasibamiツノの数は2本が標準ですが、4本とか3本生えることもよくあります。サンプル写真としての意義から言えば標準品をとらえるのが常道とは思いつつ、つい数の多いところにレンズを向けてしまうあさましさに赤面します。
春の花ではふつうのハシバミとの差がわかりにくかったものが、この時期には違いが歴然となります。ただ、そのツノの役割が全然想像できません。
ツノを割ると、例のヘーゼルナッツとそっくりの殻に入った実が付け根側に入っています。つまり、飛び出たツノはただの「余計なもの」なのです。人間には十分にアピールする形ですが、リスなどもこのツノに惹かれるのでしょうか。

2015年のきょうトウコマツナギ(キダチコマツナギ)> 2014年のきょうチョウジソウ> 2013年のきょうネコノチチ> 2012年のきょうクワズイモ> 2011年のきょうイチビ> 2010年のきょうオグルマ(八重)> 2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうキカラスウリ(雄花)> 2007年のきょうサンショウバラ> 2006年のきょうカボチャ> 2005年のきょうシコンノボタン> 2004年のきょうヒルガオ

|

« 8月8日(月) ムジナモ | トップページ | 8月10日(水) タヌキモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月8日(月) ムジナモ | トップページ | 8月10日(水) タヌキモ »