« 8月4日(木) エキザカム | トップページ | 8月6日(土) ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) »

8月5日(金) コマユミ

160805komayumiうわ、さすがニシキギ、もうこんな色に!と思ったら、枝に翼がありませんでした。ニシキギでもその翼がないのはコマユミと呼ばれます。
と、こう書いていて自分でこんがらがってくるのです。マユミは雌雄異株(注)なのに、ニシキギやコマユミには雌雄の別がないのです。なので、マユミの小型というネーミングではなく、丸枝錦木とでもしてもらえばスッキリしたのに…。
というわがままはさておき、本題は紅葉です。木全体が色づいていたわけではないので、なにか特殊事情だろうと推測しても、その事情がわかりません。
陽当たり・寒暖差・適湿という紅葉の3条件に照らしても、数本の枝だけが真っ赤になる説明はつきません。人間も兄弟で性格が違うように、枝ごとに控えめな奴と目立ちたがりがいるとしか思えないわけで、さて真実はどうなのでしょう。

<補注> ヒゼンマユミでヘテロスタイルという性質を学びました。マユミの雌性・雄性については、完全な雌雄異株ではなく、このヘテロではないかとする人もあるようです。したがって、本文で雌雄云々している箇所は、当分、「ないもの」としておこうと思います。(2017年6月8日)

2015年のきょうオリーブ> 2014年のきょうシシガシラ> 2013年のきょうイスノキ> 2012年のきょうコバンソウ> 2011年のきょうカンガレイ> 2010年のきょうガガブタ> 2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうハマユウ> 2007年のきょうクサレダマ> 2006年のきょうサボンソウ> 2005年のきょうベゴニア> 2004年のきょうフヨウ

|

« 8月4日(木) エキザカム | トップページ | 8月6日(土) ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月4日(木) エキザカム | トップページ | 8月6日(土) ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ) »