« 8月16日(火) エノコログサ | トップページ | 8月18日(木) キバナノノコギリソウ »

8月17日(水) オカメヅタ(ヘデラ・カナリエンシス、カナリー・アイビー)

160817hedera_canariensis手のひらほどの大きさで、表面に艶のある葉が特徴のアイビーです。丈夫で蔓がよくのびるので、広い面積のグランドカバーに好適です。この場所でも、道路から建物までの緩い斜面をビッシリと覆い尽くしていました。
アイビー(はツタ類の英名で、国内でも一般的な呼び方)にはいろいろな種類があるものの、代表的なのはこのヘデラ・カナリエンシスとヘデラ・ヘリックスの二種類です。また和製アイビーとしてキヅタがあります。
…などと書いてきて、自分はこれをどう呼びたいのか迷っています。学名でヘデラ・カナリエンシスと呼ぶのが一番間違いないのはわかっていても、それでは気障だと思えるときはカナリー・アイビーと言いそうです。いや、それよりオカメヅタ(和名)なら愛嬌があっていいかな、とか、愛嬌のない爺さんの悩みです。

2015年のきょうハマナツメ> 2014年のきょうショウジョウソウ> 2013年のきょうイヌザクラ> 2012年のきょうモミジアオイ> 2011年のきょうニクイロシュクシャ> 2010年のきょうチドメグサ> 2009年のきょうバリバリノキ> 2008年のきょうオオダイコンソウ> 2007年のきょうフシグロセンノウ> 2006年のきょうサボテン(緋牡丹)> 2005年のきょうルドベキア> 2004年のきょうツルムラサキ

|

« 8月16日(火) エノコログサ | トップページ | 8月18日(木) キバナノノコギリソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月16日(火) エノコログサ | トップページ | 8月18日(木) キバナノノコギリソウ »