« 7月31日(日) ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ) | トップページ | 番外編 : なにがなんでも「1」なんじゃー! »

8月1日(月) アセロラ

160801acerola
いい案配に真っ赤な実を写せて、さらに同じ木には咲いたばかりの花もあって、こりゃ~盆と正月が一緒に来たわい!と帰ってきたのです。
そしたらなんと、アセロラの説明には青い実が必要なのでした。アセロラで有名なN社のHPを見たら、実の選別工程に写っていたのはまだ青いものでした。なんと、青い段階の方が完熟状態よりビタミンC含有量は1.5倍なのだそうです。
なるほど、アセロラといえばビタミンC、その成分が最高の時期に収穫する意味はわかりました。でも、あのジュースってなんか未熟で風味が足りない気がする…とイチャモン爺さんは考えました。N社さん、完熟の実も混ぜてみましょうよ!

<補注> 青い実は4年後に確認できました。なお、上の写真は自分で見返してもわかりにくかったことを反省です。嵌め込み画像のピンク色物体は5枚の花びらで、その中央に黄色の葯を持った雄シベがあります。また、赤い実の上方に写っているのは、その花びらが落ちたあとの花です。
さらに、いま見返すと、実と枝をつないでいるのは、柄ではなくてなにかの紐のようです。大恥の写真でした。(2020年6月21日)

過去のきょう 2015 トウコマツナギ(キダチコマツナギ) 2014 ウラハグサ(フウチソウ) 2013 アオギリ 2012 黒葉サトイモ 2011 ヒメヒオウギズイセン 2010 ハンカチノキ 2009 オオリキュウバイ 2008 カキラン 2007 オレガノ(ハナハッカ) 2006 ミゾカクシ 2005 シマサルスベリ 2004 コナラ

|

« 7月31日(日) ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ) | トップページ | 番外編 : なにがなんでも「1」なんじゃー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月31日(日) ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ) | トップページ | 番外編 : なにがなんでも「1」なんじゃー! »