« 7月10日(日) シキザキホソバアカシア | トップページ | 7月12日(火) ナワシロイチゴ »

7月11日(月) マヤラン

160711mayaran1絶滅危惧種ではあるのですが、今月に入って3カ所で見かけました。日本は良くなりつつあるのか、崩壊への道を進んでいるのか…という政治審判には青信号が出されましたが、草木の世界にもわずかな希望は持てる状況です。
腐生植物なので、葉らしい葉は持ちません。同じしかけのオニノヤガラアオテンマは大きすぎて「お持ち帰り」しにくいのに対し、身長20cmくらいのおチビさんなので、乱獲の憂き目に遭いました。腐生(菌に寄生する生態)ですから、個体ではすぐに枯れてしまうのに、わかっていて採取するのだから酷いものです。
160711mayaran2はっきり言って、自然のなかではそれほど美形ではありません。花が地面に近いせいで、けっこう泥はね汚れが目立つし、花の感じはシュンランにたとえられたりしても、どうにも空疎なご面相だと思うのです。
そんな意味で、「ふふ、またマヤランが咲いてらぁ」と横目でやり過ごせるような、草木的に平和な時代が早く来てほしいものです。

<補注> マヤランが置かれた危機状況は、悪徳業者のせいばかりではなく、むしろ生息適地の減少(国土の乱開発)の方が主因であるように思います。日本の景気高揚のために人口増加は必須要件だし、人が増えれば住宅は必要だし、ワタシなどにはさっぱり出口の見えない迷路的な問題です。

2015年のきょうキソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア)> 2014年のきょうムクゲ(白花笠)> 2013年のきょうカラムシ(雄花)> 2012年のきょうスモモ> 2011年のきょうクサスギカズラ> 2010年のきょうギンバイソウ> 2009年のきょうコバギボウシ> 2008年のきょうイランイラン> 2007年のきょうラムズイヤー> 2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

|

« 7月10日(日) シキザキホソバアカシア | トップページ | 7月12日(火) ナワシロイチゴ »

コメント

はた衛門さん、こんばんは。
日本のラン、見たいのですがなかなか逢えません。
この子、神戸の摩耶山で見つかったのですか。
ということは会えるかもしれない・・

アップのお写真、
私にはなかなか美形に見えますが。
黒い粒は泥はねですか。
小さいのに頑張っているのに・・
ひどいことをする人がいるものです。

投稿: ブリ | 2016/07/11 23:42

そうですね。関東よりはよほどそちらの方が見つけやすいかも…ですね。
あらま、美人さんに見えますか。
あまり光線がよくない場所が好きみたいなので、
ちょっと写真写りが悪いんですよね。

投稿: はた衛門 | 2016/07/12 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月10日(日) シキザキホソバアカシア | トップページ | 7月12日(火) ナワシロイチゴ »