« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

6月30日(木) トキワマンサク

160630tokiwamansaku鈴なりという形容はあるけれど、これはちょっと意味が違う鈴なりでした。文字どおり、鈴の形をした実が密集してなって(ついて)います。
などとカッコつけた言い方で始めましたが、本当はこの実を見て思い出したのは、小学生のころマジマジと見た自分の○ンポの先でした。自分のなかに「異物」を見つけた感じで、皮をめくったらこんな割れ目を持つピンク色の物体があって、「どうなってんだ、これぇ~」みたいに見つめたものでした。
自分の一物を「息子」と称するのも、この異物感の残滓のような気がします。これぞまさしく「はた衛門珍説」で、トキワマンサクが迷惑顔でした。

2015年のきょうモモ> 2014年のきょうタイトゴメ> 2013年のきょうクマヤナギ> 2012年のきょうタチアオイ> 2011年のきょうネコノチチ> 2010年のきょうフタリシズカ> 2009年のきょうボリジ> 2008年のきょうモミジバゼラニウム> 2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

| | コメント (0)

6月29日(水) セレウスサボテン(鬼面角)

160629cereus2このブログを始めたばかりのころに、これとよく似たサボテンを載せました。あれから12年、時の流れをしみじみ感じるのは、ネット情報の充実ぶりです。当時はなにしろ情報量が少なくて、柱サボテンらしいとしかわかりませんでした。
それが今は、このサボテンがCereus hildmannianus(またはC. peruvianus)というものらしいことを楽に突き止めることができました。柱サボテンというのは分類名ではなく、流通的な大雑把な言い方だということも理解できました。
このセレウスくん、鬼面角という日本名まで持っていて、わりとポピュラーなもののようです。見上げる高さになる(写真のものは3mほど)だけでおもしろいのに、露地でこんなに見事に花をつけるのだから、植えたくなる人も多いのでしょう。

2015年のきょうフレンチ・マリーゴールド> 2014年のきょうカンボク> 2013年のきょうイトラン> 2012年のきょうソテツ> 2011年のきょうウリカエデ> 2010年のきょうカワラナデシコ> 2009年のきょうイブキトラノオ> 2008年のきょうチガヤ> 2007年のきょうハンネマニア(チューリップポピー、メキシカンチューリップポピー)> 2006年のきょうノカンゾウ> 2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

| | コメント (0)

6月28日(火) ネグンドカエデ(トネリコカエデ、トネリコバノカエデ)

160628acer_negundo落葉したあとの実だけ残った姿から始まったAcer negundoとのお付き合いが少しだけ深まりました。その結果、名前を横文字表記する羽目になりました。
つまり、実の記事を書いたときは「よく知りもせず」、自分が呼びやすいようにトネリコカエデとしていたのに、園芸種のフラミンゴを載せるときはトネリコカエデ・フラミンゴ(あるいはトネリコバノカエデ・フラミンゴ)ではおかしいだろうと、ネグンドカエデという呼び名を採用したのです。
さて、フラミンゴではない元々のAcer negundo(北アメリカ産)の夏の姿をここに止めようとして、今回はどう呼ぶべきか、はたと困りました。と言うか、もうどれでもよくなりました。で、どうせなら現地での本名をそのまま使っちゃえとばかりに横文字の登場となったわけです。
ところが、その現地ではBox elder, boxelder maple, ash-leaved maple, and maple ash are its most common names in the United States (Wikiそのまま引用)だそうで、なんとややこしい奴なんだ、君は!というオチになりました。

<補注> 葉の形が似るとして名前を借用されているトネリコですが、たしかに感じは似ています。

2015年のきょうギンヨウアカシア> 2014年のきょうホソイ> 2013年のきょうケンポナシ> 2012年のきょうキケマン> 2011年のきょうクサキョウチクトウ(オイランソウ)> 2010年のきょうカジノキ(雌株)> 2009年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2008年のきょうカタクリ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうキンレンカ> 2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

| | コメント (0)

6月27日(月) トルコキキョウ

160627torukokikyouトルコに咲くのかと思えば南アメリカとかメキシコあたりに産するというし、キキョウかと思えばリンドウ(の仲間)だというし、困った名前です。
ならば本名はというとEustoma grandhiflorumtと、ずいぶん厳かです。業界では属名のユーストマを呼称にしているようなので、今度花屋さんに花束を頼むときは「ユーストマも入れてね」なんて生意気を言ってみようかしらん。
花は色も形も咲き方もバラエティが多くて、選ぶのに迷います。ただ、紫はどうやらこの花のオリジナルカラーらしいし、トルコの謂われは花の形がターバンに似るからという説もあるそうで、めでたく撮影対象が決まりました。

2015年のきょうズッキーニ> 2014年のきょうキリ> 2013年のきょうアフリカナガバモウセンゴケ> 2012年のきょうウオトリギ> 2011年のきょうシチダンカ> 2010年のきょうヒメコウゾ> 2009年のきょうムラサキセンダイハギ> 2008年のきょうウチワサボテン> 2007年のきょうクマツヅラ> 2006年のきょうカリフォルニアローズ> 2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

| | コメント (0)

6月26日(日) トサミズキ

160626tosamizukiずいぶん前の冬に、パックリ割れた実(殻)を写したことがあります。いくつかの実が、手をつないだように数珠つなぎに枝にぶら下がっていました。
あの形のもとはこういうしかけなのでした。実ではあっても、食指はピクリともしないご面相です。誰かに運んでもらおうなんて甘えは一切捨てた凛々しさです。
この実が乾いて割れると、なかの種がこぼれ落ちるのでしょう。ただ、実が割れるときにバネじかけで種を遠くに飛ばす木もあるので、このトサミズキもそういう高度な技を持っているのか、完熟のころがまた楽しみです。

2015年のきょうチェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)・ホットリップス> 2014年のきょうコウホネ> 2013年のきょうハマナス> 2012年のきょうアカツメクサ> 2011年のきょうウチワサボテン> 2010年のきょうイヌウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうシコタンソウ> 2008年のきょうヒメカイウ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (0)

6月25日(土) オカヒジキ

160625okahijiki用足し帰りの夕刻、農家の庭先で枝豆が売られていました。1束200円、ずっしり重くて、お得感があります。そしたらその横にオカヒジキが並んでいて、けっこうな量が1袋100円でした。えらく健康的な晩酌のアテがそろいました。
で、ニコニコと歩きつつ、オカヒジキとは何なのだ?と考えました。そんな植物があるのか、それとも何か別の草木の一部位なのか、まったく知りません。もしかして道路脇の畑にないものかと探したら、イェーイ!これでしょう。
そもそもは海浜に自生するヒユ科の一年草で、英名はSaltwortでした。訳せば「塩草」というわけで、実際、自生品を囓るとしょっぱいそうです。花期はこれからのようなので、そのうちデジイチを持って(今回はスマホカメラでした)、あの畑を再訪してみようと、オカヒジキの和え物をシャキシャキ言わせながら考えました。

2015年のきょうハルシャギク> 2014年のきょうアメリカデイゴ(カイコウズ)> 2013年のきょうキバナダンドクとダンドク> 2012年のきょうキョウチクトウ(白八重)> 2011年のきょうモミジイチゴ> 2010年のきょうウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうナツユキカズラ> 2008年のきょうハナイカダ> 2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

6月24日(金) イイギリ

160624iigiri_fもう10回もここに載せたイイギリです。最初の掲載からはもう10年です。それなのに、ああ、それなのに、雌雄異株であることに初めて気づきました。
花を写せたぁー!と喜んだのが10年前で、それは今にして見直せばなんとも派手派手しい雄花でした。その記事には「花が降り注いで」いたと書いたのに、花柄ごと降り注いでしまったら実が残らないとは考えもしませんでした。
160624iigiri_mこの2本の木は丘の中腹に並んで立っていて、「ほら、私らの違いに気づいてよ」とばかりに花穂を垂らしていました。雄株(↑)のそれは長くて賑やかなのに対し、雌株(1枚目写真)の方は穂が短く、花の一つひとつがガッシリしています。
もしこのカップルに邂逅することがなければ、イイギリが雌雄異株だとは知らないままお棺に入ったかもしれません。別にそれで誰も困りはしないのですが、とりあえずあっちに行ってから「ありゃ~」と嘆くだろう事柄が一つ減りました。

2015年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2014年のきょうギョウジャニンニク> 2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうオオバノトンボソウ> 2011年のきょうギシギシ> 2010年のきょうモミジイチゴ> 2009年のきょうレッドロビン> 2008年のきょうフタリシズカ> 2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (0)

6月23日(木) ヒルムシロ

160623hirumusiro寝ていた蛭がむっくり起き上がったとでもいうようなヒルムシロの花です。前に葉っぱだけ写して感動していた池に、去年は花どきと思しき時期に二度出かけてかすりもしないという悲しい過去があっただけに、これは感動の眺めでした。
件の池とは縁もゆかりもない山のなかの溜め池です。溜め池というものがどんどん潰されていく時代に、「池もあります。ヒルムシロも咲いてます」という場所があるなんて、まだまだ日本も捨てたものではありません。
悔しかったのは、そのすてきな池の淵が急斜面で、せっかくの花を接写できなかったことです。イソップの狐よろしく、「撮ってもどうということのない花だよ」とは言い繕いながら、後ろ髪を引かれる思いでした。あ、後ろ髪、ありませんでした。

<補注> 「どうということのない花」に迫ってみると、それはとんでもなく難解なしかけでした。(2017年9月1日

2015年のきょうアイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ)> 2014年のきょうジャカランダ> 2013年のきょうタイマツバナ(モナルダ、ベルガモット)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうビワ> 2010年のきょうネズミモチ> 2009年のきょうエーデルワイス> 2008年のきょうオオバナウツボグサ> 2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

6月22日(水) サカキ

160622sakaki自分が生まれた家の庭にはサカキが植えられていたのですが、花がこんな具合だとはついぞ知りませんでした。高校生まで住んだのですが、サカキの花を愛でるほどに渋好みの若者ではなかったようです。
その家にサカキを植えたのは、そこがかつてご神域だったからです。そういう場所には祟りがないように神の依り代を設けるべきという祖父の考えでした。
青黒い実を見ても気づかなかったのに、こうして咲いた花を見るとモッコクに近い仲間であることがよくわかります。それでなくても外に出にくい梅雨の季節に、葉裏に隠れるように咲く花…、この歳になって初めて目にしたのも道理でした。

2015年のきょうミズキ> 2014年のきょうホタルイ> 2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうアマリリス> 2011年のきょうスカシユリ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうシチダンカ> 2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (0)

6月21日(火) ノビネチドリ

160621nobinetidoriたまたま、これをシゲシゲと見つめている人がいました。自分では見たことのない草だったし、その人は訳知りのようだったので、お尋ねしてみました。
ノビネチドリ…漢字では延根千鳥となることを知っていればまだしも、耳から聞くだけではその音の並びが意味不明で、何度か聞き直してしまいました。その人も、この場所ではこれ1本しか見ていないそうで、「花、終わっちゃったんですね」と確認するワタシのことを、いかにも申し訳ないというお顔で見返してくれました。
いえいえ、そんなに恐縮されるとこちらも困ります。おかげさまでこんなに珍しい草を知ることができたので、あとは自力で、美しい紫(またはピンク・白)の花穂が屹立しているシーンをとらえられるよう精進いたします。

2015年のきょうサンカヨウ> 2014年のきょうホソバタイサンボク> 2013年のきょうドイツスズラン> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうマルバチシャノキ> 2010年のきょうロベリア(瑠璃蝶草)> 2009年のきょうコアジサイ> 2008年のきょうクリンソウ> 2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (0)

6月20日(月) アナベル(アジサイ)

160620annabelleいい加減なのは人間の眼なのか脳味噌なのか、けっこう都合良く対象物を見ていることにあきれます。この一枚だって、「おお、アナベルが満開だぁ。一面真っ白の写真を撮るですよぉ」と喜び勇んでバシャバシャやったのでした。
ところが、こうして時間を静止させて凝視すると、花の白よりも葉の緑が占める面積の方が多いし、その花だってまだ若緑色のものがたくさんあります。白い花だけ正確に寄せ集めたら、写真の面積の4割を埋められるかどうか…。
この「見たいように見る」という幸せなオツムのおかげで人間はここまでやって来られたのでしょう。したがって、白い花房を切り取って緑の部分を埋めていくという変態的作業はすぐ放棄し、「やっぱり真っ白だ!」と喜んでおくことにします。

<追加編> 光線の具合がイマ三だったものの、今度こそ、画面に占める白の面積が「かなり」の写真が撮れました。(2016年6月26日)
160626annabelle
2015年のきょうゼラニウム> 2014年のきょうハンゲショウ> 2013年のきょうサントリナ> 2012年のきょうサボテン(ノトカクタス・品種名不明)> 2011年のきょうカワラマツバ> 2010年のきょうヤブムラサキ> 2009年のきょうアジサイ(渦紫陽花) > 2008年のきょうササユリ> 2007年のきょうクロバナフウロ> 2006年のきょうマリアアザミ> 2005年のきょうムラサキシキブ> 2004年のきょうアガパンサス

| | コメント (0)

6月19日(日) ヒオウギアヤメ

160619hiougiayame環境的にはカキツバタが好みそうな場所(水辺・湿地)にありました。ところが、遠目にも内花被片があのピンと立つタイプでないことはわかります。
こんな場所にも適応するということでノハナショウブも思い浮かべましたが、写真の花の外花被片には網目らしき模様があるのでアヤメ系のようです。さらに、やや平滑で幅のある葉が数枚重なって広がるところはヒオウギを思わせます。
という観察結果を総合すると、ヒオウギアヤメとなります。いろいろ「無理っくり」な名前と格闘することが多いので、これだけ腑に落ちやすい名前に出会うと、それだけの理由でその植物が好きになります。ただし、北の地のちょいとした標高でないと姿を見られないことがくやしいところです。

<補注> このヒオウギアヤメはコウヤマキくんのママのお印です。どうしてこんな珍しい植物を選んだのだろう、とか、ご本人はご成婚前からこのアヤメをご存じだったのだろうか、とか、ものすごく気になります。

2015年のきょうアフリカホウセンカ(インパチェンス)> 2014年のきょうムクロジ> 2013年のきょうササユリ> 2012年のきょうガクアジサイ> 2011年のきょうナナミノキ(雌株)> 2010年のきょうキョウガノコ> 2009年のきょうエゾヘビイチゴ(ワイルドストロベリー)> 2008年のきょうミヤマウグイスカグラ> 2007年のきょうイチヤクソウ> 2006年のきょうサクラ(染井吉野)> 2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (0)

6月18日(土) ベニバナヤマシャクヤク

160618beni沢に落ちる斜面の途中にひと株だけありました。希少種を見ることができた喜びと、思うように撮影できないもどかしさが綯い交ぜの一枚です。
調べたら、ふつうのヤマシャクヤクは雌シベが3本なのに対し、ベニバナヤマシャクヤクは5本だそうで、やはり花の内部を覗き込むべきでした。かつてギンリョウソウを初めて知ったころは、もっと怖い崖で泥だらけになって写したこともあったので、自分の情熱が少し薄らいだのかとほろ苦い思いがします。
ただ、ふつうのシャクヤクでも、かつて撮ったものは雌シベが5本だったり2本だったりしていて、もし苦労のあげくに撮ったベニバナヤマシャクヤクの雌シベが3本だったらどうしよう…などというのを取り越し苦労というのでしょう。

2015年のきょうサワフタギ> 2014年のきょうワタナベソウ> 2013年のきょうコクテンギ> 2012年のきょうヒルザキツキミソウ> 2011年のきょうハナショウブ> 2010年のきょうテイカカズラ> 2009年のきょうクロバナロウバイ> 2008年のきょうイワタバコ> 2007年のきょうニッコウキスゲ> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうマツバギク> 2004年のきょうサルスベリ

| | コメント (2)

6月17日(金) ウラジロヨウラク

160617urajiroyouraku1ドウダンツツジの花を裾濃にピンクで染め、グイーッと寸法を引きのばしたらこんな感じになるはずです。「ヨウラク」の名については、前にヨウラクユリを載せたときに触れていて、早く収録したかった憧れの君です。
160617urajiroyouraku2で、「ウラジロ」なのですが、葉裏はたしかにこんな色合いです。ただ、表側に密生する長い毛の方に自分は驚きました。現物を見て初めて気づくことです。ちょっとの舌を思わせてくれるので、ネコジタヨウラクと呼びたくなりました。
もののどこを見てなにを感じるか…は案外に人によりけりです。葉裏に注目して奥ゆかしい人となるか、猫に舐められる快感を連想して単なヤツと思われるか、思いを口にすることは人となりを見透かされることだと、この木に教わりました。

2015年のきょうウキヤガラ> 2014年のきょうセイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)> 2013年のきょうケマンソウ(タイツリソウ)> 2012年のきょうハグマノキ(スモークツリー)> 2011年のきょうラベンダー・デンタータ> 2010年のきょうヒメジョオン> 2009年のきょうギンバイカ> 2008年のきょうアゼナルコスゲ> 2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (0)

6月16日(木) マルバシモツケ

160616marubasimotuke花はどう見てもシモツケそのものです。しかし、丈がなんとも足りない(せいぜい膝の高さ)し、なによりもその葉が、まるでベンケイソウのように丸いのです。
そこでつけられた名前がマルバシモツケ、なかなか素直です。ふつうのシモツケとは同科同属ですが、少し高い山の礫地が住処です。
梅雨入り寸前の東北地方で、雨には降られなかったものの、お陽さまはややご機嫌斜めでした。やや不美人に見えてしまう写真で、ご本人は登場を承伏しかねるところでしょうが、いつか名誉回復画像を載せるまで、暫時ご容赦!です。

2015年のきょうテウチグルミ> 2014年のきょうガマ> 2013年のきょうサンショウ> 2012年のきょうイロマツヨイグサ(ゴデチア)> 2011年のきょうナデシコ・ソーティ(黒花ナデシコ)> 2010年のきょうイボタノキ> 2009年のきょうバイカウツギ> 2008年のきょうサンショウバラ> 2007年のきょうカンパニュラ・メディウム(フウリンソウ、ツリガネソウ)> 2006年のきょうハタザオキキョウ> 2005年のきょうバショウ> 2004年のきょうオシロイバナ

| | コメント (0)

6月15日(水) イノデ

160615inode1このところ、コウヤワラビのあとにゲジゲジシダと夏緑性のシダを二つ続けて取り上げました。そこで今度は常緑性のシダです。ただ、「常緑」とは言っても世代は順次更新されるわけで、写真(↑)右端では前世代が倒伏したあとに新世代が泉のように湧き出た様子が見てとれます。
160615inode2イノデは「猪の手」で、この毛深さから来ています。根もと(写真左側)はもとより、1mほどにもなる葉軸の上の方まで、長い毛(鱗片)で覆われています。また、葉表は油を塗ったような艶があり、このシダを大きく特徴づけています。
160615inode3胞子は羽片の中脈を挟んできれいに2列に並びます。大きいしゴワついて荒々しい感じのするシダなのに、じつはちょっと几帳面な性格のようです。

2015年のきょうライムギ> 2014年のきょうエゾアジサイ> 2013年のきょうベニバナ> 2012年のきょうヒメタイサンボク> 2011年のきょうノグルミ> 2010年のきょうニゲラ> 2009年のきょうヤマブキショウマ> 2008年のきょうベニバナイチヤクソウ> 2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0)

6月14日(火) ホソバアオキ

160614hosobaaokiきのうの続きで、「どうしたんだい。病気でもしたの?」とからかってしまいます。「てやんでぇ、親がダイエットに夢中だったから、倅がこうなっちまったぃ」とでもホソバアオキくんは啖呵を切るでしょうか。
斑入りとか覆輪とか、園芸的に作られたものが多いアオキですから、これもそうした類(たぐい)かと思ったら、「日本海側に分布」という記述を見かけました。ただし、学名はAucuba japonica cv. Hoshobaだそうで園芸品扱いです。
さてどうしたものかと思ったら、色づいた実は少しいびつです。もしこれがアオキミタマバエのゆりかごなのであれば、虫にとっては葉が広かろうと細かろうと無問題なわけで、彼らには狼狽するワタシがさぞお馬鹿に見えていることでしょう。

2015年のきょうボダイジュ> 2014年のきょうタツナミソウ> 2013年のきょうネズミモチ> 2012年のきょうウワバミソウ> 2011年のきょうラムズイヤー> 2010年のきょうヤマグワ> 2009年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2008年のきょうムクノキ> 2007年のきょうナンテンハギ> 2006年のきょうヤエドクダミ> 2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

| | コメント (0)

6月13日(月) ムラサキミツバ

160613murasakimituba葉の形はどうみても「あれ」だし、念のためその葉柄を囓ってみてもやっぱり「あの」香りがしました。お前、どうしてそんなに顔色が悪いの。風邪でもひいた?
てやんでぇ、タマネギの野郎だって紫になるんだ。ミツバが色変わりして悪いって法でもあるんかい!と本人は憤っておりました。
ただ、自然発生ならいざしらず、わざわざ作り出した(ものが逸出)というから恐れ入ります。タマネギの紫色ならサラダの彩りになっても、紫色のミツバが浮いた吸い物なんて、あまり口をつける気になれません。
高級料亭にでもいけば、「なるほど、こうあしらうのか!」と納得できる使い方もあるでしょうが、野山専門の田夫野人にとっては、単なる「いらんもの」です。
160703murasakimituba<続編> 20日後、別の場所で花をつけている(↑)のを見つけました。ふつうのミツバと変わりない、ささやかな花です。(2016年7月3日)

2015年のきょうイヌガラシ> 2014年のきょうチョウセンキハギ> 2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (0)

6月12日(日) ヤマウコギ

160612yamaukogi2mほどの距離でパシャパシャやったので、心拍数が少し上がりました。スズメバチは人間の大きな声や打撃音などには反応するそうですが、少なくともカメラのシャッター音に対しては攻撃態勢を示さないようです。
そして、ついそのお目々にピントをあててしまって悪いことをしたのがヤマウコギの雌花です。ボケた分を文字で補えば、5弁の花びらの中央からズンとのびて先端が二叉に裂けているのが柱頭(雌シベ)です。
ふつうのウコギと同じく雌雄異株で、これは雌株でした。「ヤマ」の方がワイルドかと思うとさにあらずで、葉の鋸歯が「ふつう」より穏やかです。

2015年のきょうドクウツギ> 2014年のきょうクラマゴケ> 2013年のきょうフェイジョア> 2012年のきょうムシャリンドウ> 2011年のきょうアリウム・ギガンテウム> 2010年のきょうオオテンニンギク> 2009年のきょうニワナナカマド(チンシバイ)> 2008年のきょうシナノキ> 2007年のきょうオオマツヨイグサ> 2006年のきょうムシトリナデシコ> 2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (0)

6月11日(土) ホンカンゾウ(シナカンゾウ)

160611honkanzou中華料理でいう金針菜はこのホンカンゾウの花芽です。おもしろい食感なので正体を尋ねたら、そのお店で乾燥品を売っているということでした。結局買わずに帰ったときの家族との話は、「お店で食べるからおいしいんだよねえ」でした。
これが「本」萱草であるということは、日本にある「野」萱草とか「藪」萱草の本家本元だということです。本萱草の別名は支那萱草で、中国に産します。その渡来品が日本で野生化したのが「野」や「藪」というわけです。
見かけはノカンゾウとかなり紛らわしいのですが、この写真で言うと右手のボケた花が区別に役立ちます。花筒が長くてスマートなノカンゾウに対し、ホンカンゾウのそこは寸詰まりで、支那のお大尽のでっぷりした体型を連想します。

2015年のきょうカモミール(カミツレ、カモマイル、ジャーマンカモミール)> 2014年のきょうツゲ(ホンツゲ)> 2013年のきょうタカノハススキ> 2012年のきょうユリノキ(斑入り種)> 2011年のきょうレンゲツツジ> 2010年のきょうウメガサソウ> 2009年のきょうナンテン> 2008年のきょうマグワ> 2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (0)

6月10日(金) ネグンドカエデ・フラミンゴ

160610acer_negundo__flamingoスズメとかカラスとかハトとか、鳥の名を持つ植物は多くても、フラミンゴとなると、それらとはちょっと趣が違います。うーむ、このピンク色、フラミンゴというよりは鴇(とき)色だと思うのですが、このバタ臭い姿形に鴇は似合いません。
色味のない基本種のネグンドカエデがあり、フラミンゴはその園芸種です。そもそもこの「ネグンド」が気になりますが、たくさんのサイトがみな一様に「サンスクリット由来で云々」と同じ言葉を並べているのに、その出典が不明です。
気になってサンスクリット辞書(なんと、Webにあるのでした)を引いてみたら、どうやらnirguNDiという梵語がfive-leaved chaste treeにあたるのでした。つまりネグンドカエデ(Acer negundo)は「5小葉を持つコンパクトな楓」というわけです。
洒落たお宅の庭先を美しく装っていた派手めの美人さんは、その名前だけでここまで字数を使わせてくれる「メンドーなヤツ」でした。

2015年のきょうアブラツツジ> 2014年のきょうエキノプシス・カマエセレウス(ビャクダン、ピーナツカクタス)> 2013年のきょうニッサボク> 2012年のきょうヒメコバンソウ> 2011年のきょうキショウブ> 2010年のきょうアカショウマ> 2009年のきょうハタザクラ(実)> 2008年のきょうラミウム・マクラツム> 2007年のきょうオニノヤガラ> 2006年のきょうブドウ(ヨーロッパブドウ)> 2005年のきょうシャグマユリ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

6月9日(木) オオトウワタ

160609ootouwataクマンバチがそれほど大きく見えないところから、これがトウワタ(アスクレピアス)の「大」型版と名付けられたことをしっくりと理解できます。
花色はトウワタに比べると地味ですが、それでもけっこう色味があり、なによりもその形がつまみ細工の花(かんざしなどにつく「あれ」)を思わせ、お洒落です。しかも、クマちゃんが熱心に吸っているように、いい蜂蜜が採れるのだそうです。
その花とはややアンバランスなのが茎や葉のガッシリ具合です。筋骨隆々のボディにかわいいお顔のアスリートお姉さんを思わせますが、これははた衛門の個人的な趣味が反映した妄想に過ぎません。

2015年のきょうマツモトセンノウ> 2014年のきょうシリブカガシとマテバシイ> 2013年のきょうアナガリス(ルリハコベ)> 2012年のきょうヒメリンゴ> 2011年のきょうキレンゲツツジ> 2010年のきょうナルコユリ> 2009年のきょうニワウルシ(雄株)> 2008年のきょうコアジサイ> 2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (0)

6月8日(水) オオバヤシャブシ

160608oobayasyabusi1今年も春の花を撮り損なったなぁと悔やみながら、もう大きくなった緑色の果球を見上げました。茶色になった先輩たちもところどころにまじっています。
花の撮り漏らしを嘆くのは、その並び方でヤシャブシとオオバヤシャブシの区別がつけやすかったからです。枝の先から雄花序・雌花序と並ぶヤシャブシに対し、オオバの方はこれが逆なのです。それを頭に入れて見上げれば、もう雄花は跡形もないものの、果球(雌花序)は枝の先についているように思えます。
160608oobayasyabusi2さて、大葉というくらい葉が大きいかというと、長さで大葉6~12cm VSふつう4~10cm、幅で大葉3~6cm VSふつう2~4cm、つまり「大葉」の小さめサイズは「ふつう」の大きめサイズより小さいという込み入った関係です。
側脈の数も、大葉がやや少なめ(12~16対)とは言っても、サイズと同じように数値がオーバーラップ(ふつう:13~18対)して、決め手にしにくい感じです。
さて困った!と思ったら、「大葉=重鋸歯」VS「ふつう=単鋸歯」という絶対的基準を見つけました。なので、あとは「ふつう」をここに収録すれば「めでたし」なのですが、これがなかなか見つかりません。
どうも工事後の緑化や砂防に「大葉」だけが使われてきた歴史があり、その過程で「ふつう」はマイナー種になってしまったようなのです。「大は小を兼ねる」という諺はあっても、「大葉」は「ふつう」を兼ねなくて、困ったものです。

2015年のきょうハマクサギ> 2014年のきょうイ(イグサ)> 2013年のきょうトネリコ> 2012年のきょうカラスムギ> 2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

| | コメント (0)

6月7日(火) シロバナニガナ

160607sirobananigana単なるニガナの白花種かと思ったのですが、なんとなく違う感じがします。その違和感の元をよく考えたら、草丈の高さ(ふつうのニガナの1.5倍程度)と花びらの枚数の多さ(「ふつう」が5~7枚なのに対し、8枚以上)でした。
ややこしいのですが、ニガナの花色が白になっただけのものはシロニガナであり、そうではない写真のものはシロバナニガナという別種でした。
さらにこの花色が黄色のものはハナニガナというのだそうで、話はグルグル回ってとどまるところを知らなくなりそうです。そんなことを知ってしまうと、今までそういうものを見過ごして野歩きしていたかな…とやや寂しくなります。

2015年のきょうハンカイソウ> 2014年のきょうジューンベリー> 2013年のきょうスズラン> 2012年のきょうサツキ> 2011年のきょうナナカマド> 2010年のきょうネジキ> 2009年のきょうナガバオモダカ> 2008年のきょうマルバストラム> 2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (0)

6月6日(月) キササゲ

160606kisasage1キササゲの花ってここまで疎らだったかなぁ…と、少し不安です。ただ、もしもっと盛大に花をつけるキササゲがあったとして、ハナキササゲの開花状態とは明らかに一線を画すことだけはハッキリ理解できました。
160606kisasage2一つの花だけ見れば、色合いや形はほぼ相似しています。ただ、大違いはそのサイズ(ハナキササゲの方が倍ほど)と花数(同じくほぼ10倍?)、そして香りです。ハナキササゲの木の下なら大概の人が陶然とするのに、キササゲの下だと、かなり鼻のきく人でなければ、花に気づくことはなさそうです。
また、花の横に残った実の寸法も、この二種の比較には役立ちます。そして、しつこく二つを見比べていると、葉の違いも感じてきました。質感がガサツなキササゲとテロリと滑らかな感じのハナキササゲ、小型で丸っぽいキササゲとゆったり大型で先が細まるハナキササゲというところです。
さて、問題はまだトウキササゲやアメリカキササゲを知らないことです。基準になる二つの差がわかったのだから、他種を見ても判別できそうという小さな自信と、二種の差の合間を縫うような微妙な特性だったらどうしようという大きな不安とが勝手にバトルを始めました。中国(唐)とアメリカの間で揺れる島国の気分です。

<補注> 実をぶら下げたアメリカキササゲを収録しました。(2017年7月8日)

2015年のきょうメグスリノキ(雌株)> 2014年のきょうダイズ> 2013年のきょうギョリュウバイ> 2012年のきょうノミノフスマ> 2011年のきょうサイハイラン> 2010年のきょうウスベニアオイ> 2009年のきょうナギ(雌株)> 2008年のきょうマルバダケブキ> 2007年のきょうムラサキサギゴケ(サギゴケ)> 2006年のきょうシモツケ> 2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

6月5日(日) ハマダイコン

160605hamadaikon波打ち際から7~8mの砂地で、ピンク色の花が目立ちました。今まで栽培品ばかり見てきたのですが、これは天然自然のハマダイコンです。
波には洗われるだろうし、人には踏まれるだろうし、なんともかんとも写真にはならない姿です。ただし、4弁の花(アブラナ科)、切れ込みの深い葉、数珠のようにくびれた実など、パーツ的にはハマダイコンの要件を満たしています。
実は節ごとにポロッと折れます。とても皮が厚い莢で、爪でほじくらないと種にはお目にかかれません。あ、この実、口に入れ忘れました。もっと後悔するのは「大根」である根を囓ってみなかったことです。この場所でなら、実でも根でも囓り放題だったのに、この野生度の高さに気圧(けお)されてしまったみたいです。

2015年のきょうイトヒメハギ> 2014年のきょうビヨウヤナギ> 2013年のきょうエケベリア(サブセシリス)> 2012年のきょうウツギ> 2011年のきょうスダジイ> 2010年のきょうフレンチラベンダー> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうノハラワスレナグサ> 2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

| | コメント (2)

6月4日(土) フウトウカズラ

160604hutou_m男臭さムンムン!という写真です。ただしムンムンは見かけだけで、臭いはまったくないので、この時期に異臭を放つクリの花とはまったく違います。
160604hutou_f雄株の賑やかさに比べると、雌株はやや地味です。花穂の数が少ないこともありますが、その長さが雄花の1/3とか1/4しかないのです。
ただ、このチビちゃんがからにはあの見事な房になるわけですから、つい尊敬の眼差しで眺めてしまいます。それと比較しては悪いのですが、もうお勤めが終わりごろを迎えた雄花に触るとポロポロ落ちて、少しばかり哀れでした。

2015年のきょうエンコウカエデ> 2014年のきょうルイヨウボタン> 2013年のきょうセンダン> 2012年のきょうキツネノテブクロ(ジギタリス)> 2011年のきょうハルザキヤマガラシ> 2010年のきょうニワウルシ> 2009年のきょうヤマアジサイ> 2008年のきょうニンジン> 2007年のきょうムギワラギク> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうチェリーセージ(サルビア・ミクロフィラ)> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (0)

6月3日(金) シナガワハギ

160603sinagawahagi過去ファイルから見つけ出すのが早いか、新たに撮った方が早いか…と去年の秋にシロバナシナガワハギを載せたときに悩みましたが、結果は足忠実(まめ)が一番という自分らしいもの(要は整理下手・涙)でした。
こうして両方見比べてみると、たしかにだらしない蔓延り方がよく似ています。もちろん、細部を見ても、茎の立ち上がり方・葉のつき方・花の形など、花色を別にすれば、ほとんどそっくりです。
少し驚いたのは咲き出し時期の早さでした。じつはシナガワハギ狙いで出かけたのではなかったのに、「うわ、咲いてる」と慌てました。図鑑的には夏の花なので、シロバナシナガワハギの写真の方を閉店間際状態と考えるべきようです。

2015年のきょうトキワハゼ> 2014年のきょうマタタビ> 2013年のきょうヤマモモソウ(ハクチョウソウ、ガウラ)> 2012年のきょうセイヨウニワトコ> 2011年のきょうニシキウツギ> 2010年のきょうブラシノキ> 2009年のきょうクリ(雌花)> 2008年のきょうセンダイハギ> 2007年のきょうタチバナ> 2006年のきょうシロバナシラン> 2005年のきょうハナザクロ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

6月2日(木) エビヅル

160602ebiduruエビヅルの雄株を見つけました。実をつけないので、その時期からマークすることができず、行き当たりばったりの幸運でした。そんなご加護に楯突くようで申し訳ないのですが、雌株の両性花に比べると、なんとも頼りなげな雄花です。
おっと、牧野博士はこれも「エビズル」で、ほかにアマチャヅルハンショウヅルコバノカモメヅルボタンヅルも、みんな「づ」ではなく「ず」でした。うわ、オリヅルランまで「ず」です。蔓も鶴もおかまいなしの徹底ぶりです。なにか深い訳があるのか、それとも単純な表記癖なのか、変な研究課題ができてしまいました。

2015年のきょうベニサラサドウダン> 2014年のきょうオウシュウマンネングサ(ヨーロッパタイトゴメ)> 2013年のきょうサルトリイバラ(サンキライ)> 2012年のきょうホタルカズラ> 2011年のきょうツクバネソウ> 2010年のきょうモモイロタンポポ> 2009年のきょうワニグチソウ> 2008年のきょうセッコク> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (0)

6月1日(水) フキタンポポ

160601hukitanpopo春早くに花を写したときから、この葉を楽しみに待ちました。形は角張っていますが、茎がなくて地表から葉柄がのび出しているところ、その葉柄がやや紫がかるところ、あるいは葉の質感が柔らかいところなど、けっこう「蕗」でした。
できれば花と葉のツーショットがしたいものですが、それは叶わぬ夢でした。本当の蕗ならそれも可能なのに、なんとも惜しいことです。
ただし、花芽は鱗片状の葉に包まれているのだそうで、言われて見れば3月の写真でもそれらしきものが見えます。「葉を見たい」と思っていたらすでに見ていたなんて、葉ずかしい話です…とかなりオヤジ度が上がりました。

2015年のきょうオオヤマフスマ> 2014年のきょうクサイチゴ> 2013年のきょうマツバギク> 2012年のきょうシロモジ> 2011年のきょうアズキナシ> 2010年のきょうシライトソウ> 2009年のきょうナツハゼ> 2008年のきょうギンリョウソウ> 2007年のきょうムシトリナデシコ> 2006年のきょうユスラウメ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »