« 6月12日(日) ヤマウコギ | トップページ | 6月14日(火) ホソバアオキ »

6月13日(月) ムラサキミツバ

160613murasakimituba葉の形はどうみても「あれ」だし、念のためその葉柄を囓ってみてもやっぱり「あの」香りがしました。お前、どうしてそんなに顔色が悪いの。風邪でもひいた?
てやんでぇ、タマネギの野郎だって紫になるんだ。ミツバが色変わりして悪いって法でもあるんかい!と本人は憤っておりました。
ただ、自然発生ならいざしらず、わざわざ作り出した(ものが逸出)というから恐れ入ります。タマネギの紫色ならサラダの彩りになっても、紫色のミツバが浮いた吸い物なんて、あまり口をつける気になれません。
高級料亭にでもいけば、「なるほど、こうあしらうのか!」と納得できる使い方もあるでしょうが、野山専門の田夫野人にとっては、単なる「いらんもの」です。
160703murasakimituba<続編> 20日後、別の場所で花をつけている(↑)のを見つけました。ふつうのミツバと変わりない、ささやかな花です。(2016年7月3日)

2015年のきょうイヌガラシ> 2014年のきょうチョウセンキハギ> 2013年のきょうゲラニウム(Jolly Bee )> 2012年のきょうヒメカジイチゴ> 2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

|

« 6月12日(日) ヤマウコギ | トップページ | 6月14日(火) ホソバアオキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月12日(日) ヤマウコギ | トップページ | 6月14日(火) ホソバアオキ »