« 追加編 : 幸福の木は不幸の木 | トップページ | 5月7日(土) ヒメシャクナゲ »

5月6日(金) ヤマガラシ

160506yamagarasiアブラナ科に共通の4弁花なのですが、仲間のハルザキヤマガラシと同様に、上下2枚ずつ対になって開きます。色といい形といい蝶々を思わせます。
そのハルザキヤマガラシよりもやや疎らな生え方に感じました。ハルザキの方は侵略的外来種として問題視されていますが、こちら在来種はわりとひっそりと茂っていました。もちろん、時期とか場所で違いは大きいとは思います。
そんなアヤフヤな比較よりも目についたのは、葉の違いでした。両種の色・艶・厚みはよく似ているのですが、形が在来種の方が丸っこいのです。これに比べると、ハルザキは刻みの深い羽状複葉が茎の下部には目立ちます。
あと、花柱と実(莢)の長さが両種で異なるというのですが、かつてハルザキを写したときはその圧倒的な量だけをうれしがって、そんな細部は無視していました。次にこの二つを見るときは、もう少し冷静に各パーツを撮ってみるつもりです。

2015年のきょうセキチク(カラナデシコ)> 2014年のきょうコバノガマズミ> 2013年のきょうハッカクレン> 2012年のきょうハイノキ> 2011年のきょうチョウジガマズミ> 2010年のきょうカンザン(関山)> 2009年のきょうシュロ(ワジュロ・トウジュロ)> 2008年のきょうオサバグサ> 2007年のきょうピラカンサ> 2006年のきょうオーニソガラム> 2005年のきょうキリ> 2004年のきょうヤマボウシ

|

« 追加編 : 幸福の木は不幸の木 | トップページ | 5月7日(土) ヒメシャクナゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加編 : 幸福の木は不幸の木 | トップページ | 5月7日(土) ヒメシャクナゲ »