« 5月30日(月) ゲジゲジシダ | トップページ | 6月1日(水) フキタンポポ »

5月31日(火) クロヅル

160531kuroduruアジサイのような葉にマユミのような花をつけたおチビさん(膝丈くらい)です。蔓性で、大きくなれば横に這ったりほかの木に巻きついたりするそうです。
その蔓(枝)が赤黒くて、クロヅルの名はここに由来すると考えられます。ところが、牧野博士は「黒いツルの意味の名らしいが、なぜその名ができたか今の所不明(原文ママ)」としています。さらに、「黒いツル」だろうと言っていながら、そのタイトルは「くろずる(「づ」ではなく「ず」)としているのです。
この「ず」と「づ」、および「じ」と「ぢ」の混乱は日本語の困った問題点の一つです。稲妻は「づ」でなく「ず」、世界中は「ぢ」でなく「じ」…という「あれ」です。
ただ、こんな「些事」に頭を悩ましていては大事を見失うのは世の常で、たまたま「くろずる」と書いてしまったら「ず」でいいのが大博士の道なのでしょう。

<補注1> 文中で「アジサイのよう」としたのはあくまで質感のことで、互生と対生の違いはあります。また、「マユミのよう」とした花も、4弁と5弁の違いがあります。
<補注2> 古い牧野図鑑では、蔓も鶴も「づ」ではなく「ず」表記であることに気づきました。初版(1940)では「づ」だったものが、途中で「ず」に変更されているようです。(2016年6月2日

2015年のきょうキハダ(雄株)> 2014年のきょうコモチマンネングサ> 2013年のきょうタチジャコウソウ(コモンタイム)> 2012年のきょうコバンソウ> 2011年のきょうアリウム・シュベルティ> 2010年のきょうアーモンド> 2009年のきょうラカンマキ> 2008年のきょうコウゾリナ> 2007年のきょうサイカチ> 2006年のきょうアスチルベ> 2005年のきょうタチアオイ> 2004年のきょうナツユキソウ

|

« 5月30日(月) ゲジゲジシダ | トップページ | 6月1日(水) フキタンポポ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月30日(月) ゲジゲジシダ | トップページ | 6月1日(水) フキタンポポ »