« 5月20日(金) オヘビイチゴ | トップページ | 5月22日(日) ウマノアシガタ »

5月21日(土) コウゾ

160521kouzo鈴なりになった雌花がヒメコウゾを思わせても、枝がガッシリしていて、木全体も大きめ(4m以上)です。ようやくコウゾを見つけたようです。
和紙の原料として、三椏(みつまた)とともにその名前は有名ではあるのに、野山ではそれほどメジャーな存在ではありません。ヒメコウゾカジノキの雑種だそうで、両者が近くにあるという厳しい条件が、その存在を制限するのでしょう。
雑種ゆえの性格として、雌雄同株のものと異株のものがあるそうで、撮影したこの木はどうも雌花オンリーのようでした。夏にまたここにくればご馳走にありつける楽しみはあるものの、若々しい雄花の姿も早く拝みたいものです。

<追加写真と記事>
170508kouzo去年とは別の場所のコウゾ(撮影:2017年5月8日)です。この写真(雌花だけ)を撮った10日後に確認したところ、雌花は枯れ、雄花は痕跡も発芽兆候も皆無でした。
また、去年撮影した木も今年再確認したものの、雌花だけでした。どちらの株も、どうやら雌雄異株タイプの雌株なのだと思えてきました。
さらにそのあと2本の木を追跡調査すると、実らしきものをまったく見つけられませんでした。そのまま実になりそうな形の雌花なのに、消えてなくなってしまうことがとても不可解です。(2017年7月20日)

<補注> 雌花しか見ていないコウゾの木の根もとに実生苗を見つけたので、雌雄異株タイプのコウゾでも結実するのかもしれないと思えてきました。(2017年9月6日)

2015年のきょうツルウメモドキ(雄株)> 2014年のきょうチガヤ> 2013年のきょうニガキ(雄花)> 2012年のきょうノミノツヅリ> 2011年のきょうオニタビラコ> 2010年のきょうケシ> 2009年のきょうバッコヤナギ> 2008年のきょうザイフリボク> 2007年のきょうクスノキ> 2006年のきょうカスミソウ> 2005年のきょうユウゲショウ> 2004年のきょうクレマチス

|

« 5月20日(金) オヘビイチゴ | トップページ | 5月22日(日) ウマノアシガタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月20日(金) オヘビイチゴ | トップページ | 5月22日(日) ウマノアシガタ »