« 4月5日(火) アケボノツツジ | トップページ | 4月7日(木) ツクバネウツギ »

4月6日(水) セリバオウレン

160406seribaouren先日、キクバオウレンを載せるときに調べていて、オウレン類は「雌雄異株または同株」というややこしい性格であることを初めて知りました。
そこで改めてセリバオウレンの花に目を凝らしてみたら、本当に雌花と雄花が存在していました。長い間、こんなことに気づかなかったとは情けない限りです。
そこで悔し紛れにジトッと見ていたら、単純に雌花・雄花と言い切れないものも目につきました。画面右端は、雌シベが目立つけれど雄シベも立派です。その左側のいくつかは、雌シベはあるもののかなり小さめです。
機能分化というのはたぶん花の発展形でしょうから、オウレン類は進化途上なのでしょう。役割があまり分化してしまうと退屈なのは人間も草木も同じはずで、「進化」という名の無聊に抵抗しているような花につい肩入れしてしまいます。

2015年のきょうヤブカンゾウ> 2014年のきょうハナイカダ(雄株)> 2013年のきょうグズマニア・ヒルダ> 2012年のきょうシダレカツラ> 2011年のきょうラッパ水仙> 2010年のきょうイチリンソウ> 2009年のきょうカランコエ(八重)> 2008年のきょうノボロギク> 2007年のきょうトウダイグサ> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうボタン

|

« 4月5日(火) アケボノツツジ | トップページ | 4月7日(木) ツクバネウツギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月5日(火) アケボノツツジ | トップページ | 4月7日(木) ツクバネウツギ »