« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

3月31日(木) ソライロキキョウアヤメ(アリステア・エクロニー)

160331aristeaまた憤激すべき名前の花を見つけました。まず「ソライロ」からして、こんな紫色の空って、いったいどこに行けば見られると言うのですか!
そして「キキョウアヤメ」です。マーガレットコスモスに端を発する安直合体路線への反発なのですが、今度もゲンナリ度はかなり高めです。素直に「ムラサキヒメアヤメ」くらいにしてほしかったと思うのですが、たぶん素人には考えもつかない「諸般の事情」というのがあるのでしょう。
もちろん外来もので、南アフリカからやってきたそうです。膝丈くらいでかわいいし、切り花にも向くと思ったら、惜しいことに一日花でした。本名はアリステア・エクロニーで、アヤメの仲間(アヤメ科アリステア属)です。

2015年のきょうスギナ> 2014年のきょうユリノキ> 2013年のきょうオオムラサキ(オオムラサキツツジ)> 2012年のきょうジンチョウゲ> 2011年のきょうエゾムラサキツツジ> 2010年のきょうリビングストンデージー> 2009年のきょうヤブサンザシ(雌)> 2008年のきょうサラサモクレン> 2007年のきょうオオシマザクラ> 2006年のきょうクロモジ> 2005年のきょうヤマモモ

| | コメント (1)

3月30日(水) アンズ

160330anzu10年も前に、たった1本の木だけ見て、「杏(の枝)は横に広がる」と書いたことを反省しつつの一枚です。斜上する枝振りは、梅や桃とあまり変わりません。
ただ、花の輪郭が丸々した感じや、ぷっくりかわいい蕾は前の木と同じです。そして、今回は樹皮の様子もしっかりとらえておきました。手前の若い枝にはあまり特徴がなくても、古い幹になると縦に走る筋目が目立ちます。
そう言えば、このごろしばらく杏の実を生食していません。子供のころ、落ちたばかりの生暖かい杏を好きなだけ食べ、敷居にその種を並べたことを思い出します。いま、店先に並ぶ杏にはびっくりするほどの値段がついていて手を出しかねますが、今年は少し奮発して、そろそろ冥土の土産をそろえておこうと思います。

2015年のきょうニワザクラ> 2014年のきょうフリージア> 2013年のきょうカミガヤツリ(パピルス)> 2012年のきょうヤエムグラ> 2011年のきょうアジサイ> 2010年のきょうモミジバスズカケノキ> 2009年のきょうミミガタテンナンショウ> 2008年のきょうヒサカキ> 2007年のきょうハナカイドウ> 2006年のきょうチオノドクサ> 2005年のきょうベニバナトキワマンサク

| | コメント (0)

3月29日(火) レリア・アンシバリナ(洋ラン)

160329laeliaピンク系が主流のレリアのなかで、ちょっと気を惹く色合いです。カトレアに近い種類だそうですが、あんなクドクドしさがなくてすっきり系です。
レリアというのは属名なので、このオレンジ色のスマートさんの正式な名はレリア・アンシバリナ(Laelia Ancibarina)になります。ただ、そのアンシバリナのなかにもまた種類がいろいろ…という例の深い世界なので、門外漢はもう「レリア」だけで勘弁してもらいたいと思っています。
ただし、この属名は古いものだと言うし、ローマ字読み原則に従えば「ラエリア」になるし、見かけに反して、あまりすっきりしない「レリア」です。

2015年のきょうアンスリウム(オオベニウチワ)> 2014年のきょうハシバミ> 2013年のきょうニワウメ> 2012年のきょうクヌギ(雄花の芽)> 2011年のきょうコノテガシワ(センジュ)> 2010年のきょうヒアシンス> 2009年のきょうアーモンド> 2008年のきょうニシキモクレン> 2007年のきょうカラシナ> 2006年のきょうアマナ> 2005年のきょうキブシ

| | コメント (0)

3月28日(月) ハコネウツギとニシキウツギ

160328hakoneutugi木々の若葉が萌え出す季節です。ハコネウツギも、生命力に溢れた葉脈を見せて、小さな葉を展開してきました…と書くと、いかにもこんな葉だけで樹種がわかるみたいで気障ですが、画面右側でネタバレしています。
160328nisikiutugi似通った内容ですが、こちら(↑)はニシキウツギです。こちらも若葉の背景として果実の残骸を入れ込みました。2枚の写真に写った殻の形をみると、なんと花の見分けと一緒で、ニシキは全体がスマート、ハコネは膨らみが急です。
ざっと調べた範囲ではこのことに言及した資料がないので、また「はた衛門珍説」かもしれませんが、ちょっとうれしい発見です。また、ここまで枯れた殻ではなくて、実が緑色の段階から割れるまでを観察する楽しみも生まれました。
160328hakonenisikiおっと、お約束の「ウツギ類の枝の空洞」も忘れずチェックです。この写真だと、ハコネの空洞率が高いことになりますが、それはさすがに珍説にもなりません。枝の生長度合いによって、この穴の率はかなり変化します。

2015年のきょうフユザンショウ> 2014年のきょうフィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ)> 2013年のきょうミスミソウ(ユキワリソウ)> 2012年のきょうヒロハアマナ> 2011年のきょうアケボノアセビ> 2010年のきょうメタセコイア(雌花)> 2009年のきょうオランダカイウ(カラー)> 2008年のきょうミズバショウ> 2007年のきょうヘビイチゴ> 2006年のきょうハナノキ> 2005年のきょうモモ

| | コメント (0)

3月27日(日) オオムギ(六条大麦)

160327rokujouoomugi麦秋にはまだまだで、花冷えに震えるきょうこのごろなのに、麦の穂はもうそれらしくなってきていました。なんだか麦茶の包装で見た形です。
たしか、その袋には「六条大麦」と麗々しく書かれていて、今回この麦の素性を知るまでは、京都(六条)の麦で作った高級(を売りにした)麦茶かと思っていました。ところが、六条とは地名ではなく、実の粒が6条(列)に並ぶことなのでした。
大麦には大きく六条種と二条種があって、基本的に麦の穂は六条配列なのに、二条種はそのうちの2列だけが充実したものだと言います。そのため、二条種は粒が大きくなりビールに使われるのに対し、六条種は粒が小さいけれど全体の収量は多くて、雑穀とか麦茶に使われるということです。
つまり、あの袋のきれいなイラストともったいぶった品種名はまったく意味がなくて、「これはふつうの麦茶です」と宣言していたわけです。なんとなく高級かと思っていたオジサンは騙された気分ですが、ものを知らないとは悲しいことです。

<写真追加> 六条の意味が理解できたので、「そこ」がわかるようにグイッと迫ってみました。(2017年5月28日)
170528oomugi

<補注> 大麦と小麦を比較してみました。(2017年6月5日

2015年のきょうアマナとヒロハノアマナ> 2014年のきょうタカトオコヒガン> 2013年のきょうジャボチカバ(キブドウ)> 2012年のきょうモクレイシ> 2011年のきょうユキゲユリ(チオノドクサ・ルシリエ)> 2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうヤブサンザシ> 2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうミツマタ> 2006年のきょうザゼンソウ> 2005年のきょうヒュウガミズキ

| | コメント (0)

3月26日(土) マンサク

160326mansakuマンサクと言えばナントカのひとつ覚えで、咲き出しの花ばかりを5回もここに載せてきました。したがって、掲載日は3月初旬が一番遅かったくらいで、あとはずっと忘れたまま、12月になって黄葉のきれいさに驚くという過去でした。
ところが今年は終わりの花を眺めているうちに変なものを見つけました。これはどう考えても実です。パックリ割れた殻は木彫りのオブジェのようで、その形が異彩を放ちますが、硬さがまた感動的で、囓っても歯が立ちません。
これが割れるとき、溜め込んでいた反発力で一気に種を飛ばすのだそうで、そんな季節に実を見つめてみるという楽しみができました。かなり強烈な弾き出しの力だというので、ゴーグルで武装する必要がありそうです。

2015年のきょうツノハシバミ> 2014年のきょうヒマラヤユキノシタ> 2013年のきょうフラサバソウ> 2012年のきょうシュンラン> 2011年のきょうハッカクレン> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雌花)> 2009年のきょうフッキソウ> 2008年のきょうキュウリグサ> 2007年のきょうダイコン> 2006年のきょうシンビジウム> 2005年のきょうチューリップ

| | コメント (0)

3月25日(金) キクバオウレン

160325kikubaouren1ややくたびれ気味で疎らに開いた葉が、写真的にはなんだかなぁでも、オウレン類の見分け的にはとてもナイスな具合でした。
地面からのびた葉柄の先で小葉が3つに分かれて(3出複葉)います。その小葉の形は穏やかな切れ込みで、なんとなく菊の葉を思わせます。
これと紛らわしいのがセリバオウレンですが、比べてみると切れ込みはやや先鋭だし、なんと言っても3出複葉が2回なので、違いは明確です。
160325kikubaouren2などと辛気臭い話よりもやっぱり花でしょう、とアップにしてみました。雌シベがやけに大きな顔をしています。調べたらキクバオウレンは雌雄異株の気味が強い(雌雄異株まれに同株)のだそうです。
写したもののなかにはもう少し雄シベの葯が大きなものもあるのですが、それを雄株とするほどの比較対象を見ていません。せっかくの花なのに、やっぱり辛気臭い締めになりますが、なんとも面倒な世界です。

2015年のきょうマツバラン> 2014年のきょうウグイスカグラ> 2013年のきょうオトコヨウゾメ> 2012年のきょうカワヅザクラ> 2011年のきょうフチベニベンケイ(カネノナルキ)> 2010年のきょうハオルシア・オブツーサ(雫石)> 2009年のきょうカランコエ・ラクシフロラ> 2008年のきょうハナノキ(雄花)> 2007年のきょうナツグミ> 2006年のきょうシュンラン> 2005年のきょうフッキソウ

| | コメント (0)

3月24日(木) モモ

160324momo夏においしそうな実を写したのと同じ木です。庭木に多い花桃とは違って、ほとんど愛想のない実桃の花です。それでもしっかり虫は寄せています。
この木のところまで行く間に何本かの花桃をチェックしましたが、それらはもうけっこう見頃の咲き具合でした。「しめしめ、いいタイミング」と思いつつたどり着いたらこれですから、つい「愛想がない」と書いてしまいます。
もちろん、花自体も一重で簡素です。そしてついている蕾の数からして、これらがみな開いても、花桃のような豪華さは望むべくもありません。
つまり、実桃の花は「のろまで、地味で、貧相」なのです。しかし、同じ花をおいしい実を視座にして見直せば、それは「おっとりして、質実剛健で、無駄がない」という評価に変わります。世のなかの人事担当諸氏あたりには、この時期、桜見物などに浮かれず、実桃の花をじっくりと観賞してほしいものです。

2015年のきょうシナミザクラ(カラミザクラ)> 2014年のきょうハナニラ> 2013年のきょうオランダガラシ(クレソン)> 2012年のきょうノシラン> 2011年のきょうサワラ> 2010年のきょうスノーフレーク> 2009年のきょうヒサカキ> 2008年のきょうキクラミネウス水仙・ジャンブリー> 2007年のきょうゼンマイ> 2006年のきょうカツラ(雄花)> 2005年のきょうヒアシンス

| | コメント (0)

3月23日(水) ソラマメ

160323soramame一度リターンマッチ(写真の色合い再挑戦)を済ませたソラマメの花を、もう一度取り上げました。あまりの花つきの良さに驚いたからです。
あちこちの菜園でソラマメは目にするのですが、これほど豪華な咲きっぷりを見たのは初めての気がします。これだけの数が実ったら、さぞや…。
と思うのは飲んべえのあさはかさで、「正しい農業」には摘花・摘果という作業があるのでした。こんなに花を咲き放題にしたら、株のエネルギーが無駄遣いされてしまうわけで、花は基部のものを残して摘むのが「掟」だそうです。
つまり、写真を撮らせていただいた畑の主は、このことを知らない初心者か、あるいはこの花が好きなマニアか、どちらかなのでしょう。いずれにせよ、おかげでソラマメの花盛りを撮影できたこちらとしては大感謝です。

2015年のきょうヒロハノアマナ(ヒロハアマナ)> 2014年のきょうコシノヒガン> 2013年のきょうコブシ> 2012年のきょうウメ(西王母)> 2011年のきょうクロッカス> 2010年のきょうハルニレ> 2009年のきょうトキワイカリソウ> 2008年のきょうフサアカシア> 2007年のきょうセントウソウ> 2006年のきょうカンスゲ> 2005年のきょうヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)

| | コメント (0)

3月22日(火) シロモジ

160322siromoji_fmおととい、アブラチャンに似た花を列挙しようとして、そこに「シロモジ」と書けなくて焦りました。丸い実黄葉は載せていたのに、花の記録がなかったのです。
やばッ!今年も撮り逃がし?と焦って駆けつけたら、雌株(上の写真左側)はまだ蕾でした。それに対して、この手の木のセオリーどおり、雄株(写真右側)はもう満開と言っていいほどに賑やか(?)な咲き具合です。
160322siromoji_mその雄株(雄花)は、花の黄色と萼や柄の赤がかわいらしくて、ちょっとシスターボーイ(古!)といった感じです。萼の丸さがアブラチャンに似ていますが、柄がやや短くて、アブラチャンほどには垂れ下がりません。
160322siromoji_fその雄花に比べると、いつもいつもの感想ではあっても、雌花は貫禄があります。雌株は1枚目の写真どおりで出直しを覚悟したのですが、よくよく探したらこうして数輪が開いていました。いままさに咲いたばかりの匂い立つ美女です。

2015年のきょうアマメシバ> 2014年のきょうローダンセマム・アフリカンアイズ> 2013年のきょうセツブンソウ> 2012年のきょうヤマアイ(雄花)> 2011年のきょうアカシデ> 2010年のきょうパンノキ> 2009年のきょうヤドリギ> 2008年のきょうミニアイリス> 2007年のきょうタアツァイ> 2006年のきょうコノテガシワ> 2005年のきょうダンコウバイ

| | コメント (0)

3月21日(月) ニガナ

160321nigana_2ニガナの葉と言えば、形が先鋭なだけでなく、その周囲には長く尖った鋸歯があって、とてもツンケンしたイメージがあります。そのツッパリくんも、寒い冬を越すときにはこんなに丸くなって耐えているのでした。
「ふふ、お前さんも大変なんだね」と撫でてあげたら、おわ!、丸い葉の縁にはあの鋭い鋸歯がそのままに存在しているのでした。
さも堪え忍んでいるように丸まりながら、根性の悪さはそのままです。花の時期にも、その撮りにくさでさんざん苦労させてくれたし、まったく食えないヤツです。

2015年のきょうヤマネコノメソウ> 2014年のきょうキブシ> 2013年のきょうオトメツバキ> 2012年のきょうカジイチゴ> 2011年のきょうオウバイモドキ(ウンナンオウバイ)> 2010年のきょうアツバチトセラン(サンセベリア、トラノオ)> 2009年のきょうクサイチゴ> 2008年のきょうアネモネ> 2007年のきょうチンゲンサイ> 2006年のきょうアブラナ> 2005年のきょうツクシ

| | コメント (0)

3月20日(日) アブラチャン

160320aburatyanm最初はその冗談っぽい名前に惹かれたアブラチャンとも、ずいぶん長い付き合いになりました。数えてみたら、これが8回目の掲載です。
それでも、雄花は過去に一度しか登場しておらず、それもややくたびれた時期で、写真もややお粗末でした。そんなこんなで、男盛りを記録しておきます。
というか、まだ若すぎて、開いたばかりの花もあります。そしてこのぶら下がった丸い蕾がアブラチャンの見分けポイントであることにもこのごろ気づきました。
この時期はクロモジダンコウバイとか、似たような花をつける木があるのですが、樹皮の感じも含めて、なんとなく見分けができてきました。

<過去掲載のアブラチャン> ☆ 雌花(雌株) ☆ 雄花(雄株)と雌花(雌株) ☆ 雌花と膨らみ出した子房 ☆ 青い実 ☆ 割れた実 ☆ 黄葉

<補注> アブラチャンと似た花としてあげたかったシロモジは、翌々日に掲載しました。(2016年3月22日)

2015年のきょうアカシデ> 2014年のきょう熱帯スイレン> 2013年のきょうバイモ> 2012年のきょうフキ(ふきのとう)> 2011年のきょうコノテガシワ> 2010年のきょうソシンカ> 2009年のきょうクサボケ> 2008年のきょう房咲き水仙・グランドモナーク> 2007年のきょうカブ> 2006年のきょうスズメノカタビラ> 2005年のきょうハクモクレン

| | コメント (0)

3月19日(土) リュウキュウベンケイ

160319ryuukyuubenkei名前のとおりに琉球諸島に「産した」多肉質の多年草です。さしも長閑な彼の地と言えども、人間の愚かさは本土と大差がないらしく、残念ながらこの儚い姿を自然状態で眺めることは不可能(写真は栽培品)になっているそうです。
基部が緑色で、つぼんでいればフリージアを思わせる花は、先が4枚に分かれるのが本来の姿です。しかし、自分を絶滅に追い込もうとしている人間をあざ笑うかのように、その花びらは数を不確かにして見る者を惑わせます。
「一寸の虫にも五分の魂」に倣えば「一株の草にも幻惑の花びら」でしょうか。こういう物言わぬ抗いに対する恐れを失わないようにしたいものです。

2015年のきょうミミガタテンナンショウ> 2014年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2013年のきょうアメリカハナノキ(雄株)> 2012年のきょうコリヤナギ> 2011年のきょうオオイヌノフグリ> 2010年のきょうコブシ> 2009年のきょうモクレイシ> 2008年のきょうロドレイア> 2007年のきょうコマツナ> 2006年のきょうウグイスカグラ> 2005年のきょうコブシ

| | コメント (2)

3月18日(金) ハルニレ

160318harunire1ハルニレが満開でした。と言ってもこんな具合ですから、たまに通る人も花とは気づかないらしく、ハルニレの撮影は大木を独り占めです。
そう言えば、その大木の樹皮を写し込んだのは今回が初めてです。ゴワゴワと荒くはあっても、仲間のアキニレとは違って、縦に走る筋が目立ちます。
160318harunire2そして花の状態ですが、今回がちょうどいい咲き具合でした。これより少し早いと、雌シベだけが開いていて、雄シベは塊のままだし、これより少し遅れると雄シベは萎びてしまい、また雌シベだけが大きな顔をしています。つまり、今回のタイミングがハルニレの「男盛り」というわけでした。

2015年のきょうシュゼンジカンザクラ> 2014年のきょうラショウモンカズラ> 2013年のきょうウケザキクンシラン> 2012年のきょうクロッカス(クリームビューティ)> 2011年のきょうフサザクラ> 2010年のきょうウグイスカグラ> 2009年のきょうユーカリノキ> 2008年のきょうヒメリュウキンカ> 2007年のきょうミズナ> 2006年のきょうスギ> 2005年のきょうバイカオウレン

| | コメント (0)

3月17日(木) ムラサキオモト

160317murasakiomoto葉裏の美しさを楽しむものだと思っていたムラサキオモトの株元がなにやら妙な具合です。赤いおくるみのような苞を開いて、花が咲いていました。
よく見ると、いかにもツユクサを思わせる花で(ムラサキオモトはツユクサ科)、透明の萼まで持っています。
前に「きれいな葉だなぁ」と撮ったのは2月の半ばでした。この花(とか苞)の勢いを見ると、もしかしてあのときも株元には花の気配があったのかもしれません。次にムラサキオモトを見るときは、実を見つける楽しみができました。

2015年のきょうベニウチワ(アンスリウム・シェルツェリアナム)> 2014年のきょうナンテン> 2013年のきょうナギイカダ> 2012年のきょうウメ(鹿児島紅)> 2011年のきょうロニセラ・フラグランティシマ> 2010年のきょうソメイヨシノ> 2009年のきょうヤマアイ(雌花)> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうソテツ> 2006年のきょうアンズ> 2005年のきょうトサミズキ

| | コメント (0)

3月16日(水) シュロ(ワジュロ)

160316wajuro地面からハリセン(張り扇)が飛び出していましたが、ここはお笑い会場ではなくて疎林の道端です。決して好んでワジュロが植えられる場所ではありません。
ワジュロ(和棕櫚)という名前から日本原産に感じますが、そもそもは南方から渡来したもののようで、日本の温暖化を背景に勢力を増しています。実を食べてバラまく鳥はもちろん、温暖化も阻止できないので、そのうち人間の努力なしでは武蔵野の疎林なんていうものはなくなってしまいそうです。
これはまさしく我々に対するハリセンです。じつはあれで叩かれても音ほどに痛くはないのだそうですが、こちらのハリセンの打撃は痛烈なはずです。

2015年のきょうホウカンボク> 2014年のきょうイチリンソウ> 2013年のきょう熱帯スイレン> 2012年のきょうセツブンソウ> 2011年のきょうバクチノキ> 2010年のきょうミツマタ(タイリンミツマタ)> 2009年のきょうヒュウガミズキ> 2008年のきょうマメツゲ(マメイヌツゲ)> 2007年のきょうロケット> 2006年のきょうキクザキイチゲ> 2005年のきょうオオタチツボスミレ

| | コメント (0)

3月15日(火) ナツズイセン

160315natuzuisenすれ違いというのは我々人間にもときどきあるとは言え、この手の植物は何度生まれ変わっても葉と花が相まみえることがありません。涙を誘います。
というのは人間の勝手な価値観で、彼らにしてみればそれが一番理にかなった暮らしぶりなのでしょう。ほかの競合相手が枯れ果てた真冬に葉を茂らせるヒガンバナとか、誰も目を覚まさない今ごろ、いち早く葉を出すキツネノカミソリとかこのナツズイセンとか、お陽さま独り占めという意味ではたしかに賢いものです。
ほんの少しでいいから葉と花がオーバーラップしたっていいのに…と姑息なことを願うこちらを尻目に、じつに峻厳に凛々しく、彼らは己のリズムを刻みます。そうか、妙な甘さを捨て切った分、彼らの花は美しいのかと今ごろ気づきました。

2015年のきょうアオイスミレ> 2014年のきょうエノキ> 2013年のきょうアメリカハナノキ(雌株)> 2012年のきょうカワヅザクラ> 2011年のきょうカンノンチク> 2010年のきょうヒマラヤゴヨウ> 2009年のきょうトサミズキ> 2008年のきょうクサノオウ> 2007年のきょうモミジイチゴ> 2006年のきょうカタクリ> 2005年のきょうヒイラギナンテン

| | コメント (0)

3月14日(月) ツバキ・ドンケラリー(正義)

160314masayosi花を見て生唾を飲むなんて変態でしょうが、これだけの極上霜降りのお肉を前にしたら、それも仕方がないことに思えます。
姿のインパクトに加え、このツバキには壮大なストーリーがあるのです。もともとはツツジや椿の園芸で有名な久留米で、「正義(まさよし)」という名で愛されていたヤブツバキの品種でした。それをあのシーボルトがオランダに持ち帰り、向こうではドンケラリーと名を変えて愛されました。(久留米市資料引用)
それがアメリカを経て日本に輸入され、今は洋名で故国に広く流通しているというわけです。なんでもカタカナが好きなこの国ではその方が通りがいいのでしょうが、一人密かに、「よお、正義くん」と呼びかけ続けるつもりです。

2015年のきょうシダレヤナギ> 2014年のきょうデンドロビウム(ユキダルマ 'キング'・洋ラン)> 2013年のきょうホトケノザ> 2012年のきょうカタクリ> 2011年のきょうカイヅカイブキ> 2010年のきょうハルニレ> 2009年のきょうオオイヌノフグリ> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうウチワノキ> 2006年のきょうアセビ> 2005年のきょうユキツバキ

| | コメント (2)

3月13日(日) メガクリニウム・マキシマムとメガクリニウム・プラチラキス(コブラオーキッド)

160313megaclinium_maximum1別名をコブラオーキッドというのですが、けっこうピンとくる風体です。グンとのび出た花茎の先が板状に平たくなり、その背筋に花が連なります。
160313megaclinium_maximum2その花にグッと迫ると、これはコブラというよりも鳥の赤ちゃんを思わせます。あるいは、その毛がこわすぎて、蟹か海老にも見えてきます。ただし、これがランの花である証拠に、赤紫の唇弁がペロンと飛び出ています。
160313megaclinium_platyrachis先の2枚はメガクリニウムのなかでもマキシマムという種類ですが、3枚目写真は別の温室にいたコブラさんで、メガクリニウム・プラチラキスになります。花穂や葉の先の尖り具合がマキシマムよりもきつい(花穂が長すぎて、葉を写せず)と見ましたが、名札なしではまったく同じものと思ってしまうこと必定です。
メガクリニウムにはまだ種類があるし、そのメガクリニウムを包括するバルボフィラム属は1,000種以上から構成されているそうで、その深~い世界からチラッと鎌首をもたげたコブラさんを2種だけレポートしてみました。

2015年のきょうミチタネツケバナ> 2014年のきょうカエデ類、ほか2種> 2013年のきょうハルサザンカ(絞笑顔)> 2012年のきょうワイヤープランツ> 2011年のきょうススキ> 2010年のきょうレバノンスギ> 2009年のきょうアシ(ヨシ)> 2008年のきょうヒメカンスゲ> 2007年のきょうオガタマノキ> 2006年のきょうダンコウバイ> 2005年のきょうシキミ

| | コメント (0)

3月12日(土) アオモジ

160312aomoji1黒文字があって白文字があって、今度は青文字と来ました。そしたらあとは赤文字かな…と思って調べたら、さすがにそれはなくてホッとしました。
みんな同じクスノキ科なので、花は似ています。そして、枝が青いというのですが、これは日本独特(?)の緑と青との混淆です。碧という字なんて、みどりともあおとも読むし、「目に青葉」と堂々と詠ってしまう我々です。
160312aomoji2その「碧い」枝にグッと近づくと、花の構造もしっかり見えて来ます。蕾の皮部分は総苞で、なかにいくつかの花が入っていました。
しかし、この花は雄シベばかりで、雌シベが見あたりません。アオモジも、クロモジ・シロモジと同じく雌雄異株でした。クロモジの雌花の撮影に苦労したことを思い出しますが、アオモジは元々西日本のものなので、もっと難儀しそうです。

2015年のきょうポポー> 2014年のきょうキジョラン(とアサギマダラの幼虫)> 2013年のきょうアズマイチゲ> 2012年のきょうセリバオウレン> 2011年のきょうムスカリ> 2010年のきょうシシユズ(オニユズ)> 2009年のきょうコブシ> 2008年のきょうオオハナワラビ> 2007年のきょうシロバナタンポポ> 2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうオランダミミナグサ

| | コメント (0)

3月11日(金) クリスマスローズ・ピンクフロスト

160311pinkfrostこれはまたクリスマスローズらしからぬクリスマスローズです。色がこんなにキリッとしているだけで凄いのに、昂然と上向きで咲くとは恐れ入りました。
わからないのはその名前で、訳せば「桃色の霜」でしょうか。この花びら(萼)はどう見ても臙脂色だし、霜状の部分はどこにも見つからなくて弱ります。
調べると、いわゆるハイブリッド品種で、もともとは淡いクリーム色の萼片に霜状にピンクを呈するらしいのです。ただ、色変化が大きくて、撮影した株のように姿と名前がまったくトンチンカンという場合も珍しくないのでした。
某大手種苗会社の商品のようで、かなり広く販売されています。今回初めて目にしたとは言え、これからは街での出会いが増えることでしょう。

2015年のきょうカラクサケマン> 2014年のきょうバンペイユ(晩白柚)> 2013年のきょうヒスイカズラ> 2012年のきょうオウバイ> 2011年のきょうリンドウ> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雄花)> 2009年のきょうクリスマスローズ(フォエチダス)> 2008年のきょうアセビ> 2007年のきょうシラー・シベリカ・アルバ> 2006年のきょうネモフィラ・ペニーブラック> 2005年のきょうシバザクラ

| | コメント (0)

3月10日(木) キンヨウボク(錦葉木):暫定

160310aphelandraさて困ったぞという写真です。1月にはまだ蕾もはっきりしなくて確認できなかった錦葉木が花をつけていて、やったと喜んだのは束の間でした。この花も立派に雄シベが2本飛び出していて、これでは金葉木とまったく変わりがありません。
混乱するわが頭を整理してみます。
錦葉木(Aphelandra squarrosa):花は苞が目立つ
金葉木(Sanchezia speciosa):2本の雄シベが花筒から長く突き出る
じつは今回も1月も撮影したAphelandraは同じ木で、某温室で立派な名札がついているものです。ついそれを頼りにしているわけですが、自分で調べた限り、どうもこの花からして、これはSancheziaにしか思えません。
というわけで、きょうのお題は暫定で錦葉木としておきますが、今後の訂正は大いにあり得そうです。真性Aphelandraさんに早く会いたいものです。

2015年のきょうトウカエデ> 2014年のきょうヤマルリソウ> 2013年のきょうグズマニア・テレサ> 2012年のきょうタネツケバナ> 2011年のきょうノハラアザミ> 2010年のきょうソラマメ> 2009年のきょうサクラ(啓翁桜)> 2008年のきょうユリノキ> 2007年のきょうウズラバタンポポ> 2006年のきょうフッキソウ> 2005年のきょうハナニラ

| | コメント (0)

3月9日(水) ウンナンサクラソウ

160309unnansakurasouほわわ~んという音が聞こえて来そうな花です。下でチマチマとしている葉もまた、色といい形・サイズといい、なんともかわいらしいのです。
これがあの、傍若無人ぶりが近頃ますます目立つお国のものだというのがまたおもしろいところです。人と自然とは密接に絡むものでしょうが、主義思想と自然とはなんの関係もないということなのでしょう。
そう言えば、雲南の名を冠した植物がこのブログにも少し集まってきて、今度のほわわんさんで5つ目(他の4つ=ウンナンオウバイウンナンオガタマウンナンゲッコウカウンナンハギ)になります。それらを順に眺めていれば彼の地を旅した気分になれる…かと思ったのですが、そんな虫のいい話はありませんでした。

2015年のきょうコゴメイヌノフグリ> 2014年のきょうシラカシ> 2013年のきょうオガタマノキ> 2012年のきょうエレガンテシマ> 2011年のきょうフクジュソウ> 2010年のきょうユリノキ> 2009年のきょうモミジイチゴ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうゲンカイツツジ> 2006年のきょうカナメモチ> 2005年のきょうオウバイモドキ(ウンナンオウバイ)

| | コメント (0)

3月8日(火) セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)

160308seiyoutotinokiふつうのトチノキが若葉を出すころにその下を歩くと、落ちた冬芽の鱗が靴の底に粘りついて始末が悪いものです。パリのシャンゼリゼも、春先にはこんなにベトベトするのだろうかと、お節介なことを考えていました。
ところが、マロニエ(セイヨウトチノキ)の芽鱗は粘つかないのです。写真で見るとおり、多少はピカピカして、いかにも樹脂がベトつきそうな顔をしているのです。そのくせ、触ってみるとまるで平気で、サラッとしたものです。
ふーむ、パリジャンがしかめっ面でペーブメントを歩いているのも一興かと思ったら、お洒落な土地だと木までスマートになるようです。

2015年のきょうガジュマル> 2014年のきょうハボタン(珊瑚系)> 2013年のきょうスイレン> 2012年のきょうマルバマンネングサ> 2011年のきょうクロベ> 2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうハーデンベルギア> 2008年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2007年のきょうヒイラギナンテン> 2006年のきょうフキ(ふきのとう)> 2005年のきょうクリスマスローズ

| | コメント (0)

3月7日(月) フキタンポポ

160307hukitannpopoこれ、たぶん今までただの西洋タンポポだと思って見過ごしていたようです。明治には渡来し、正月向けの鉢植えとして売られ、逸出して野草化していると言いますから、これまでにもどこかでお目にかかっていたはずです。
「フキのような葉+タンポポのような花」という名前の由来の葉がまだ出ていないので、葉を写せたら再度の登場をしてもらいましょう。
しかしマーガレットコスモスも顔負けの安直な名付けだこと…と毒づいたら、なんと牧野博士の仕業でした。いやあ、単純明快ないい名前です。

2015年のきょうクンシラン> 2014年のきょうシラカシ> 2013年のきょうオクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ)> 2012年のきょうヒメサザンカ・エリナ> 2011年のきょうマンサク> 2010年のきょうジャノメエリカ> 2009年のきょうキルタンサス> 2008年のきょうバショウ> 2007年のきょうエリカ・コロランス・ホワイトデライト> 2006年のきょうクロッカス> 2005年のきょうセツブンソウ

| | コメント (0)

3月6日(日) ススキノキ

160306susukinoki_bとてもローカルなTVニュースでこれが紹介されていました。もしや、ショクダイオオコンニャクのときのような大騒ぎ?と心配しましたが、駆けつけてみるとこのコーナーは閑散としたもので、鳥打帽のオジサン(画面左下)など素通りです。
たしかに、柱サボテンに紛れて、これじゃあ見過ごされて当然です。どうやってもうまい写真にならないので、セコく加工してみました。
屋根に届かんばかりにのびた花穂も、どうあがいても個々の花は写らないのであきらめです。検索すると、原産地オーストラリアで撮った詳細な写真が見つかるので、それを見て「ああ、こんななのか」と納得です。
なんとも悲しい記録になりましたが、悲しいついでにローカルなニュースを全文転載しておきます。(テレビ埼玉・2016年3月4日)
『約20年の栽培で初 ススキノキが開花』
川口市の植物園で、およそ20年前から栽培しているオーストラリア原産の植物「ススキノキ」が、今年はじめて花を咲かせました。川口市立グリーンセンターで、2月29日に初めて開花が確認されたススキノキ。「ススキノキ」はオーストラリア原産の寿命が600年以上とされる植物で、年に2、3cmほどしか成長せず、オーストラリアでは山火事にも耐えられるほど生命力が強いと言われています。無数の小さな花をつけているのはおよそ5mの高さまで伸びている「花軸」という部分です。川口市立グリーンセンターでは、20年前に50cmほどの大きさから栽培を始め、現在では、葉の部分がおよそ3mまで成長しました。川口市立グリーンセンターで、栽培から20年掛けて初めて花をつけた「ススキノキ」は、2週間ほど楽しめると見られています。

<追加記事> なんと、上の記事から10日ほどして、まったく別の場所でもススキノキが花を咲かせていました。川口グリーンセンターよりはググッと迫りやすかったのですが、接写レンズの使用は無理で、望遠目一杯でした。
Susukinoki_uそのため、花(雄シベ)の感じしかとらえていないし、雌シベは存在さえわからない写真ですが、そういうことは他所様に任せて、あの白い棍棒ってこうなっていたんだぁというザックリな感動を記録しておきます。(2016年3月17日)

<再追加記事> 花の時期から半年以上が過ぎて、川口グリーンセンターでは枯れた花軸が展示されていました。太いし長いし、花のときを知らなければ、なんじゃこれ?と驚いたことでしょう。(2016年10月24日)
Susukinokiただし、2カ所で花を見ているワタシは余裕で、巣でエサを待つカラスの赤ちゃんをイメージした1枚を撮ってみました。(残念ながら、種は見つからず)

2015年のきょうシロバナオオベニゴウカン> 2014年のきょうムルチコーレ(コレオステフス・ミニコス、クリサンセマム・ムルチコーレ)> 2013年のきょうウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)> 2012年のきょうガーデンシクラメン> 2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうキンギョツバキ> 2009年のきょうエンドウ(莢豌豆)> 2008年のきょうテンリンジガッコウ(椿)> 2007年のきょうネモフィラ・インシグニス> 2006年のきょうショウジョウバカマ> 2005年のきょうヨモギ

| | コメント (0)

3月5日(土) スハマソウ(ユキワリソウ)

160305suhamasouようやくスハマソウを花と葉のセットでとらえました。よく似たミスミソウと区別するための葉が出ていなくて判断を保留したり、花はまだまだなのに、いかにもスハマソウらしい葉だけだったり、これまで出会いに恵まれませんでした。
やれやれと安堵する一方で、ちょいと不満もあります。花の鮮度に比べ、葉がとてもくたびれ気味なのです。以前の「葉だけ記事」と併せ考えると、スハマソウは葉が先行して花が追いつく生態かとも思えます。
しかし、よそのサイトを見ると、花と一緒に葉も美しく写っていて、妙な説を唱えると顰蹙ものになりそうです。まあ、スハマさんとの細いご縁はつながったようなので、あとはジックリとベストショットを狙うことにしておきます。

2015年のきょうハコネシダ> 2014年のきょうナツミカン(ナツダイダイ、ナツカン)> 2013年のきょうウバメガシ> 2012年のきょうセンダン> 2011年のきょうウメ(黄梅)> 2010年のきょうサンシュユ> 2009年のきょうタチカンツバキ> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうミツバツツジ> 2006年のきょうオウバイ> 2005年のきょうネコヤナギ

| | コメント (0)

3月4日(金) ツルネラ・ウルミフォリア

160304turnera_ulmifoliaお昼を我慢して徘徊し続けた(撮影12時35分)ご褒美でした。もし漫然とお腹を満たすのを優先していたら、この花は撮れなかったかもしれません。
つまりこの鮮やかな黄色の花は1日花で、午後には萎れてしまうのだそうです。それを事前に知っていれば、萎れ始めるシーンまで待つという手もあったのに、そんな嫌みなことをせず、あっさりサヨナラしてしまいました。
熱帯地方で広く見られる常緑多年草または常緑低木(腰の高さ)で、撮影した温室で見た限り、茎は木質化していました。花色にも惹かれますが、彫りが深くて鋭いイメージのこの葉もなかなかに印象的です。

2015年のきょうオオカンザクラ> 2014年のきょうセイロンベンケイ(トウロウソウ、ハカラメ)> 2013年のきょうセツブンソウ> 2012年のきょうナズナ> 2011年のきょうウメ(月影枝垂)> 2010年のきょうセンダン> 2009年のきょうスノードロップ> 2008年のきょうイチョウ> 2007年のきょうヒメカンアオイ> 2006年のきょうタギョウショウ> 2005年のきょうスノードロップ

| | コメント (0)

3月3日(木) ヘラシダ

160303herasida地中から長い葉柄が出て、その先が一枚の葉になり、それでおしまい、全編完結、なにもなし、潔いことこの上なしという構造はヒトツバとそっくりです。
ただ、篦(へら)を名乗るくらいですから、葉の途中が膨らむ(広くなる)ことはなく、ズズズーッと同じ幅で長くのびます。そして、なんと言ってもおもしろいのは葉裏のタイヤ痕です。こんな胞子嚢の並び方は初めて見ました。
おっと、もちろん葉表の革質の艶めきもなかなかで、もし大きな群生を見つけたら、しばし足を止めて見入ってしまうことでしょう。

2015年のきょうヒメキンセンカ(ホンキンセンカ、フユシラズ)> 2014年のきょうアサヒカズラ> 2013年のきょうミッキーマウスノキ(オクナ・セルラタ)> 2012年のきょうウメ(白梅)> 2011年のきょうシナマンサク> 2010年のきょうゴールデンクラッカー> 2009年のきょうオオカンザクラ> 2008年のきょうボクハン(椿)> 2007年のきょうヒトツバ> 2006年のきょうオオバイノモトソウ> 2005年のきょうカンヒザクラ

| | コメント (2)

3月2日(水) ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)

160302hitotubatago怪鳥が空に向かって飛び立つような、とても異風の冬芽と葉痕です。さすがにナンジャモンジャ、役者振りの良さは花どきに限りません。
変態冬芽クラブというのを勝手に作って、会長にはセンダン氏にご就任いただいたのですが、このヒトツバタゴもメンバーに入れてあげることにしました。先輩にはニワトコ、オニグルミポポーの諸氏がいて、少し面子がそろってきました。
などと寒空の下で地味ィ~な楽しみ方をしていますが、考えてみればあと2カ月もせずにこの枝は真っ白な「海照らし」になるわけです。そんなパワーを秘めているからこそ、単なる枝が怪鳥に見えたりするのかなと愚考しました。

2015年のきょうナリヒラヒイラギナンテン> 2014年のきょうハボタン(高性種)> 2013年のきょうギシギシ> 2012年のきょうオランダミミナグサ> 2011年のきょうセイバンモロコシ> 2010年のきょうバンクシア・エリシフォリア> 2009年のきょうクロチク> 2008年のきょうケンポナシ> 2007年のきょうラナンキュラス> 2006年のきょうヤマノイモ> 2005年のきょうギンヨウアカシア

| | コメント (0)

番外編 : ウミウにビビる

160302umiuこの人相、ただ者ではありません。ジロリとやられて、ビビってしまいました。きょうの本編で、ヒトツバタゴの冬芽を怪鳥と見立てたのは、じつはコイツのこの目つきが脳裏にあったからに違いありません。
分類的にはペリカンの系統だそうで、たしかに体をのばせば70~80cmはありそうな堂々とした体格です。その押し出しもさることながら、態度もデカイのです。見つけた人たちがかなりの近さで騒いでも、気にする様子もありません。
海からは1kmほどの場所だったので、カワウかウミウか迷います(両者はかなり似ているそう)が、ほっぺの黄色印の形でウミウとしました。カワウはここが広くて不定形なのに対し、ウミウは三角に尖るのだそうです。

| | コメント (0)

3月1日(火) ミチタネツケバナ

160301mititanetukebana1一見するとタネツケバナと間違いそうですが、こんな寒い時期でも茎がひょいと立ち上がっていて、全体が這う感じのタネツケバナとは別物とわかります。
見つかってからまだ四半世紀も経たない外来種ですが、名前のように乾いた道端でも平気なので、ずいぶん急速に増えているようです。
160301mititanetukebana2冬でも花をつけ通していた証明で、もう実がこんなについています。ふつうのタネツケバナは、花も実も、もう少し開いた感じでつくのに対し、ミチタネツケバナのそれらはキュッとすぼんで、なにやらかたくなな風情です。

2015年のきょうベニモンヨウショウ> 2014年のきょうカンツバキ> 2013年のきょうカワヤナギ> 2012年のきょうネコヤナギ> 2011年のきょうヒガンバナ> 2010年のきょうデコポン> 2009年のきょうフチベニベンケイ(カネノナルキ)> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうアリアケスミレ> 2006年のきょうリキュウバイ> 2005年のきょうフキ(ふきのとう)

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »