« 3月7日(月) フキタンポポ | トップページ | 3月9日(水) ウンナンサクラソウ »

3月8日(火) セイヨウトチノキ(マロニエ、ウマグリ)

160308seiyoutotinokiふつうのトチノキが若葉を出すころにその下を歩くと、落ちた冬芽の鱗が靴の底に粘りついて始末が悪いものです。パリのシャンゼリゼも、春先にはこんなにベトベトするのだろうかと、お節介なことを考えていました。
ところが、マロニエ(セイヨウトチノキ)の芽鱗は粘つかないのです。写真で見るとおり、多少はピカピカして、いかにも樹脂がベトつきそうな顔をしているのです。そのくせ、触ってみるとまるで平気で、サラッとしたものです。
ふーむ、パリジャンがしかめっ面でペーブメントを歩いているのも一興かと思ったら、お洒落な土地だと木までスマートになるようです。

2015年のきょうガジュマル> 2014年のきょうハボタン(珊瑚系)> 2013年のきょうスイレン> 2012年のきょうマルバマンネングサ> 2011年のきょうクロベ> 2010年のきょうメタセコイア(雄花)> 2009年のきょうハーデンベルギア> 2008年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2007年のきょうヒイラギナンテン> 2006年のきょうフキ(ふきのとう)> 2005年のきょうクリスマスローズ

|

« 3月7日(月) フキタンポポ | トップページ | 3月9日(水) ウンナンサクラソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月7日(月) フキタンポポ | トップページ | 3月9日(水) ウンナンサクラソウ »