« 3月9日(水) ウンナンサクラソウ | トップページ | 3月11日(金) クリスマスローズ・ピンクフロスト »

3月10日(木) キンヨウボク(錦葉木):暫定→キンヨウボク(金葉木)

<タイトル訂正> この記事タイトルを「暫定」としておいて正解でした。掲載当時に恐れたように、写真の木(↓)はAphelandra(錦葉木)ではなくSanchezia(金葉木)のようです。機会があれば、撮影した温室の学芸員さんに確認してみたいものです。
じつは、記事掲載当時(2016年)はAphelandraのデータがネット上に少なく、温室の表示板(Aphelandra)を鵜呑みにしていました。ところが今年になって調べ直してみると、Wikiを始め、いくつかの海外ページに写真入りでAphelandraが掲載されていて、それを見る限り、花の違いよりも先に葉がかなり違うのです。
まず、側脈の終点が葉の縁まで達していません。次に、中央脈と側脈の白い(黄みが僅少)斑が滲むようにギザギザです。
対して下の写真の葉はこの2点の性質が違います。側脈の終端は葉の縁を囲むように回り込んでいるし、斑は黄色みが強く、側脈はまだしも中央脈には滲みが皆無です。

そんな理由でこれをSanchezia(金葉木)と訂正しておくものの、ここまでの経緯を記録しておくためにも、写真下の元の記事はそのままとしておきます。(2019年1月20日)
160310aphelandra
さて困ったぞという写真です。1月にはまだ蕾もはっきりしなくて確認できなかった錦葉木が花をつけていて、やったと喜んだのは束の間でした。この花も立派に雄シベが2本飛び出していて、これでは金葉木とまったく変わりがありません。
混乱するわが頭を整理してみます。
錦葉木(Aphelandra squarrosa):花は苞が目立つ
金葉木(Sanchezia speciosa):2本の雄シベが花筒から長く突き出る
じつは今回も1月も撮影したAphelandraは同じ木で、某温室で立派な名札がついているものです。ついそれを頼りにしているものの、自分で調べた限り、どうもこの花からして、これはSancheziaにしか思えません。
というわけで、きょうのお題は暫定で錦葉木としてはみても、今後の訂正は大いにあり得そうです。真性Aphelandraさんに早く会いたいものです。

<追録> いままで訪問したことのなかった温室に、Sanchezia speciosaの名札をつけた木がありました。「錦・金問題」でできるだけサンプルが欲しいときだったし、上の写真では葉がボケてしまっているので、良い補足になりました。ただ、花はまだまだの蕾状態だったのが無念です。
葉の斑が、若い葉ほど黄色みが濃く、生長とともにだんだんとそれが薄れて白くなっているようです。(撮影:2019年1月18日)
190118sanchezia_speciosa
過去のきょう 2015 トウカエデ 2014 ヤマルリソウ 2013 グズマニア・テレサ 2012 タネツケバナ 2011 ノハラアザミ 2010 ソラマメ 2009 サクラ(啓翁桜) 2008 ユリノキ 2007 ウズラバタンポポ 2006 フッキソウ 2005 ハナニラ

|

« 3月9日(水) ウンナンサクラソウ | トップページ | 3月11日(金) クリスマスローズ・ピンクフロスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月9日(水) ウンナンサクラソウ | トップページ | 3月11日(金) クリスマスローズ・ピンクフロスト »