« 2月29日(月) ツバキ(昭和の光) | トップページ | 番外編 : ウミウにビビる »

3月1日(火) ミチタネツケバナ

160301mititanetukebana1一見するとタネツケバナと間違いそうですが、こんな寒い時期でも茎がひょいと立ち上がっていて、全体が這う感じのタネツケバナとは別物とわかります。
見つかってからまだ四半世紀も経たない外来種ですが、名前のように乾いた道端でも平気なので、ずいぶん急速に増えているようです。
160301mititanetukebana2冬でも花をつけ通していた証明で、もう実がこんなについています。ふつうのタネツケバナは、花も実も、もう少し開いた感じでつくのに対し、ミチタネツケバナのそれらはキュッとすぼんで、なにやらかたくなな風情です。

2015年のきょうベニモンヨウショウ> 2014年のきょうカンツバキ> 2013年のきょうカワヤナギ> 2012年のきょうネコヤナギ> 2011年のきょうヒガンバナ> 2010年のきょうデコポン> 2009年のきょうフチベニベンケイ(カネノナルキ)> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうアリアケスミレ> 2006年のきょうリキュウバイ> 2005年のきょうフキ(ふきのとう)

|

« 2月29日(月) ツバキ(昭和の光) | トップページ | 番外編 : ウミウにビビる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月29日(月) ツバキ(昭和の光) | トップページ | 番外編 : ウミウにビビる »