« 番外編 : 愛機の後釜(K-50) | トップページ | 2月10日(水) ウラジロチチコグサ »

2月9日(火) キンギョツバキ

160209kingyotubaki空を泳ぐのは鯉(のぼり)と決まっているのに、このごろは金魚もユラユラと…。これで葉が赤く色づけば文句なしですが、椿にそこまで求めては酷でしょう。
6年前に同じ木を撮ったときとはまるで逆に、思い切り見上げた構図です。前のときには思いつかなかったことで、たぶん6年という時の流れの間に、この木は思わず見上げるほどの「大木」になったのでしょう。
考えてみれば、人間もオギャーと生まれた赤ちゃんが6年経てば小学生です。疲れてきた老人が6年経てばあちらの人かもしれません。残りの人生を大切にせねば、などと、木を撮りながら気を取り直してみました。

2015年のきょうアリマウマノスズクサ> 2014年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2013年のきょうフブキバナ> 2012年のきょうクズ> 2011年のきょうグズマニア> 2010年のきょうセントポーリア> 2009年のきょうタチツボスミレ> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうハラン> 2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

|

« 番外編 : 愛機の後釜(K-50) | トップページ | 2月10日(水) ウラジロチチコグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 愛機の後釜(K-50) | トップページ | 2月10日(水) ウラジロチチコグサ »