« 2月21日(日) モクレイシ | トップページ | 2月23日(火) ウメ(緑萼、リョクガクバイ) »

2月22日(月) ハルジオン

160222harujionここまで冬を耐えてきた古い葉は気息奄々の体です。しかし大丈夫、芯から若い世代が擡(たい)頭してきていました。次世代議員が組織の評価を揺るがしているどこかの政党とは大違いの、じつに頼もしい勢いです。
これがハルジオンの冬越しの姿と覚えてしまえば問題なくても、花が咲くころの葉は茎の上にいくほどスマートな形で、イメージがけっこう違います。
ただ、花のころでも茎の下側になるほど葉幅は広がり、根元には今とほぼ同じへら形の根生葉が残ります。貧乏草などと蔑まれてはいても、葉っぱという衣装にこれだけバリエーションがあるのだから、金持草と改名してもよさそうです。

2015年のきょうパラミツ(ナガミパンノキ、ジャックフルーツ)> 2014年のきょうアスコセンダ(洋ラン)> 2013年のきょうハス(行田蓮)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうクコ> 2010年のきょうピレア・モリス> 2009年のきょうギンヨウアカシア> 2008年のきょうフィカス・アルテッシマ> 2007年のきょうクモマグサ> 2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

|

« 2月21日(日) モクレイシ | トップページ | 2月23日(火) ウメ(緑萼、リョクガクバイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月21日(日) モクレイシ | トップページ | 2月23日(火) ウメ(緑萼、リョクガクバイ) »