« 1月31日(日) パイナップル | トップページ | 2月2日(火) ラショウモンカズラ »

2月1日(月) マルバウツギ

160201marubautugiウツギと名のつく木の枝が本当に中空なのかの証明シリーズ・第3弾です。もう自分でも飽きてきて、命名した先生たちを疑ったことを反省です。
それでも思うのは、「マルバウツギくん、コレステロール値が高いんじゃないの」というお節介な感想です。第1弾・2弾の記事で得た法則は、若いときは断面に占める穴の比率が大きく、生長するにしたがって穴が詰まってくることでした。
この法則に対して、このマルバウツギの枝は若いとき(写真下部の枝)から穴が細いのです。もっとも、マルバウツギすべてがこうかを調べたわけでなし、それを言うならウツギやフサフジウツギもたまたま見たものだけの話です。なんとも腰砕けの結論にはなるのですが、素人の思いつき観察はこんなものでしょう。

2015年のきょうフクジュソウ> 2014年のきょうベニバナイチゴノキ > 2013年のきょうヒマラヤザクラ> 2012年のきょうムサシアブミ> 2011年のきょうオオバギボウシ> 2010年のきょうカモジゴケ> 2009年のきょうシノブ> 2008年のきょうガビサンハンショウヅル> 2007年のきょうキンポウラン> 2006年のきょうホウレンソウ> 2005年のきょうアセビ

|

« 1月31日(日) パイナップル | トップページ | 2月2日(火) ラショウモンカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月31日(日) パイナップル | トップページ | 2月2日(火) ラショウモンカズラ »