« 1月5日(火) オドリコソウとヒメオドリコソウ | トップページ | 1月7日(木) ベロニカ・グレース »

1月6日(水) タイミンチク

160106taimintikuタイミンチクは大明竹と書いて、中国渡来の竹だと思われていた(じつは沖縄あたりに自生)というのが通説です。
実際、長い葉を茂らせた稈が密集して、向こうが見通せないほどに鬱蒼としたさまは、あまり日本的とは思えません。また、あまり太くない(直径2cmほど)稈のわりに高さは4mくらいにはなります。広大なお屋敷だったら、塀の代わりに敷地を囲う使い方があるでしょうが、ほかの用途は考えにくい竹です。
また、困ったことに大明竹はダイミョウチクとも読めて、そのダイミョウチク(ふつうは大名竹と表記)はナリヒラダケとかカンザンチクの別名なのです。ときどき、公園などで「ダイミョウチク」と表示された竹を見るのですが、その素性がさっぱりわからなくて、ここに取り上げるのはためらったままです。
「竹を割ったような」という誉め言葉がありますが、実際の竹の世界は実に複雑でひね曲がっているよなぁ、というのは浅学爺さんの嘆きです。

2015年のきょうタンキリマメ> 2014年のきょうソシンロウバイ> 2013年のきょうテイカカズラ> 2012年のきょうトキワイカリソウ > 2011年のきょうガガブタ> 2010年のきょうシュロガヤツリ> 2009年のきょうタラヨウ> 2008年のきょうコナラ> 2007年のきょうスギゴケ> 2006年のきょうノイバラ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ

|

« 1月5日(火) オドリコソウとヒメオドリコソウ | トップページ | 1月7日(木) ベロニカ・グレース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月5日(火) オドリコソウとヒメオドリコソウ | トップページ | 1月7日(木) ベロニカ・グレース »