« 1月18日(月) フサフジウツギ(ブッドレア) | トップページ | 1月20日(水) ウナズキヒメフヨウ »

1月19日(火) ショウジョウアナナス

160119syoujouananas名前のショウジョウは猩々で、赤を意味しています。なるほど、花茎やそこから開いた苞、さらにそのなかの花柄や萼まで、とにかく赤尽くしです。
ところが、よく見ると葉裏も赤いのです。花穂の際立つ赤色に比べればかなり地味ではあっても、ふつうのアナナスの葉裏とはまるで違う色合いです。
さて、名付けた人はどちらの赤に着目したものでしょう。面から衣装まですべてが赤で彩られることの多い能の猩々からして、ここは花茎と葉裏の両方に命名者さんの目は惹かれたのだと解釈しておきます。

2015年のきょう乙女サザンカ> 2014年のきょうホオズキ> 2013年のきょう球根ベゴニア(ハンギングタイプ)> 2012年のきょうシロナンテン(キナンテン) > 2011年のきょうレッド・ジンジャー> 2010年のきょうセイヨウヒイラギ> 2009年のきょうシホウチク> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうチョウセンマキ> 2006年のきょうニホンスイセン> 2005年のきょうオケラ

|

« 1月18日(月) フサフジウツギ(ブッドレア) | トップページ | 1月20日(水) ウナズキヒメフヨウ »

コメント

はた衛門さん、こんにちは。
コメントありがとうございました。
フサフジウツギの記事も^^
このフサフジウツギは何色なんでしょうね。
うす紫かショッキングピンクかはたまた白か。
他にも色ありましたか?
満開時は虫さんたちがたくさん集まっていますよね。

このお花、お花もですが名前も変わっていますね。
ショウジョウバカマの名前もかなり変わっていると
思っていましたが、
まだショウジョウと名のつくお花があるなんて、
思ってもみませんでした。

投稿: ブリ | 2016/01/19 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月18日(月) フサフジウツギ(ブッドレア) | トップページ | 1月20日(水) ウナズキヒメフヨウ »