« 1月17日(日) アロエ・ベラ | トップページ | 1月19日(火) ショウジョウアナナス »

1月18日(月) フサフジウツギ

160118husahujiutugi
先日のウツギに続いて、ウツギと名のつく木の枝が本当に中空なのかの証明シリーズです。ただし、ウツギなら「いかにも」の実が残っていて、いまの時期でも正体がわかりやすいのに対し、このフサフジウツギは名札が頼りでした。
おかげで、こんな時期からもう葉が展開している事実を知りました。夏の葉よりは白っぽくてモコモコしていて、コートを一枚羽織っているみたいです。
さて、このフサフジウツギの花は何色なのか、あるいは本当にフサフジウツギなのか、さらに葉はいつごろから「ふつう」状態になるのか、穴調べのおかげで、またまたいろいろな宿題を背負ってしまいました。

<補注1> ブッドレア属はフサフジウツギに限らず、種類があることがわかりました。したがって、この記事タイトルも暫定となります。(2019年7月21日
<補注2> 枝に稜がないので、これはフサフジウツギまたはコフジウツギということになり、ここはついていた名札を信じてフサフジウツギでいいこと(花が未確認)にしておきます。(2019年8月20日

過去のきょう 2015 ホウレンソウ 2014 ハイカンツバキ 2013 ハンノキ 2012 サンジャクバナナ  2011 シマナンヨウスギ 2010 キジョラン 2009 シロヤブツバキ 2008 サザンカ 2007 カクテル(つるバラ) 2006 ホトケノザ 2005 キソケイ

|

« 1月17日(日) アロエ・ベラ | トップページ | 1月19日(火) ショウジョウアナナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月17日(日) アロエ・ベラ | トップページ | 1月19日(火) ショウジョウアナナス »