« 1月10日(日) ヒメフヨウ | トップページ | 1月12日(火) イブキ(ビャクシン) »

1月11日(月) オカトラノオ

160111okatoranooまるで植物標本のような枯れ方…というのは、もうカシワバハグマを写していて二番煎じです。しかし、姿は似ていても、両者には決定的に違うところがあります。
カシワバハグマの種は冠毛で飛ぶことができるのに対し、オカトラノオの種にはそういう飛び道具がありません。花のあとに稔った蒴果から、1mm程度の小さな黒い種がパラパラとこぼれるしかない地道な散布タイプです。
おもしろいのはその蒴果で、果実の形も、そして種の形も、分類的にはまるで縁のないアサガオととてもよく似ているのです。もちろん、サイズは比べるべくもなく小さいのですが、思いもかけないところで相似形の発見です。

2015年のきょうカナリーヤシ> 2014年のきょうアングレクム・セスキペダーレ> 2013年のきょうヤブレガサ> 2012年のきょうケナシサルトリイバラ(サンキライ) > 2011年のきょうフユアオイ> 2010年のきょうユズリハ> 2009年のきょうハリギリ> 2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

|

« 1月10日(日) ヒメフヨウ | トップページ | 1月12日(火) イブキ(ビャクシン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月10日(日) ヒメフヨウ | トップページ | 1月12日(火) イブキ(ビャクシン) »