« 12月30日(水) ガザニア(クンショウギク) | トップページ | 1月1日(金) セントウソウ »

12月31日(木) ソシンロウバイ

151231sosinroubai年末番組で、各国の気象予報士が地球温暖化防止への取り組みを話し合っていました。そこではNHKのお姉さんが英語で討論していて、おおすごい!と単純に驚いたものでした。この驚きが、すでにもう国際化とほど遠いですが…。
で、ここも国際的に情報として役立つために英語で書こうか、とは露程も思いませんが、世界の草木ブロガーの記録を突き合わせたら、案外にすごい事実が浮かび上がるかもしれないとは思います。
ソシンロウバイが年内に咲くのは特に問題ではなくても、おかしいのはこの葉の残り方と色合いです。臘梅自身がかなり気持ち悪いのではと心配します。
2004年の暮れに同じ趣旨の写真を載せていますが、葉はほんのわずかしか残っていません。それが2011年には今回の写真と同じような葉の残り方ですが、撮影日はまだ2週間ほども早い時期でした。
青々とした葉を背景に黄色い花が咲き、ソシンロウバイは常緑樹に分類し直されてしまう時代が、すぐそこに来ている気がしてなりません。

2014年のきょうカラスノゴマ> 2013年のきょうフッキソウ> 2012年のきょうコブシ> 2011年のきょうシシバタニワタリ> 2010年のきょうソヨゴ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうスエコザサ> 2007年のきょうサカキ> 2006年のきょうオキザリス・プルプレア> 2005年のきょうクリハラン> 2004年のきょうマンリョウ

|

« 12月30日(水) ガザニア(クンショウギク) | トップページ | 1月1日(金) セントウソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月30日(水) ガザニア(クンショウギク) | トップページ | 1月1日(金) セントウソウ »