« 12月1日(火) アオキ | トップページ | 12月3日(木) サワフタギ »

12月2日(水) シャガ

151202syaga「裏がない奴」というのは、人間界では貴重品ですが、植物界でもそんな葉はやや特殊で、単面葉と呼ばれます。もっとも、その構造の代表にはネギがあるので、特殊ではあっても珍しくはないという、やや矛盾含みの存在です。
その単面葉が、この冷え込みのなかで若葉を萌え出させていました。常緑多年草なので、別に驚く必要はないのに、やはりカメラが引き寄せられます。
考えてみれば、多くのシダ類は冬も元気だし、キランソウあたりは地に這いながら寒さをやり過ごします。そんな野の草だけが寒さに強いのかというと、花壇にもオーブリエチアなんていう元気者がいて、けっこう草も強いものです。
師走の声を聞き、コートの厚さが増し、帽子や手袋が欠かせなくなったけれど、こんな草たちにあやかって、この冬も元気にやり過ごしたいものです。

2014年のきょうキバナセンニチコウ> 2013年のきょうサフラン> 2012年のきょう球根ベゴニア> 2011年のきょう早咲きツバキ(西王母)> 2010年のきょうナナミノキ> 2009年のきょうハダカホオズキ> 2008年のきょうサンザシ> 2007年のきょうアラカシ> 2006年のきょうアメリカツルマサキ> 2005年のきょうビワ> 2004年のきょうユズ

|

« 12月1日(火) アオキ | トップページ | 12月3日(木) サワフタギ »

コメント

おはようございます。

「単面葉」なるほど~。
φ(..)メモメモですっ。
いつもながら、沢山、勉強させていただいています。
寒さも、本格的になります。
はた衛門さん、ご自愛ください(^-^)。

投稿: ムクロジ(無患子) | 2015/12/02 09:02

ムクロジさんへ:
ホントに寒くなりました。
そんななかで見た「若葉」なので、ちょっと感動しました。
ムクロジさんもお元気で~!

投稿: はた衛門 | 2015/12/02 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月1日(火) アオキ | トップページ | 12月3日(木) サワフタギ »