« 12月16日(水) タカサゴユリ | トップページ | 12月18日(金) ベニニガナ »

12月17日(木) オリーブ

151217olive1オリーブの収穫というのは、日本での代表的な産地・小豆島だと11月一杯(収穫祭の期間)だそうで、やや時期を失したかという画像です。
151217olive2ただ、ありがたいことに完熟した実がたくさん地面に落ちていて、パクリとやってみることができました。口に入れてから、「こんな公園で、誰も拾わないの?」と思い、さらに「鳥だってたくさんいるのに?」と気づきました。
そこまで考えが及ぶころには、口のなかには重々しい味がすでにたっぷり広がっていました。もしかして粒によって味が違うかと思い、もう一粒かじってみました。味にブレはまったくありませんでした(涙)。
悪い味ではないのです。ただ、オリーブの実は生食にはあまり適していないことだけは、実がまだ青い時期も含めて、しっかり理解できました。

で、思うことがあります。市販されているオリーブオイルっておかしくないかい? ふつうにオリーブの実を搾って、あんなにきれいな味になるもんかい? しかも全部エクストラバージン(最高等級)ですかい?
で、思い出したことがあります。例の「2位じゃだめなんでしょうか」発言です。なんでもエクストラじゃないと…という需要があるから、怪しいエクストラが蔓延るんじゃないかしらん。我々消費者が、この変な状態を作り出した犯人かも。
このごろあの名言の彼女をとんと見かけなくなりましたが、国会の場で、一発、「エクストラじゃなきゃだめなんでしょうか!」と国民を叱ってほしいものです。

<補注> 日本にはほかの等級のバージンオリーブオイルを輸入できない規制があるそうで、「すべてエクストラ」の根本原因はそこにありそうです。

2014年のきょうパキラ> 2013年のきょうアツバキミガヨラン> 2012年のきょうフウ> 2011年のきょうクリスマスローズ(ニゲル)> 2010年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2009年のきょうアキニレ> 2008年のきょうハマヒサカキ> 2007年のきょうキジョラン> 2006年のきょうヤブコウジ> 2005年のきょうローズマリー> 2004年のきょうトウネズミモチ

|

« 12月16日(水) タカサゴユリ | トップページ | 12月18日(金) ベニニガナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月16日(水) タカサゴユリ | トップページ | 12月18日(金) ベニニガナ »