« 10月31日(土) ミツガシワ | トップページ | 11月2日(月) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »

11月1日(日) パキラ

151101pachira1ヘーゼルナッツに味をしめて、カイエンナッツ(パキラの実)も市販されていないか調べてみたのですが、さすがに毒性ありとされるものは簡単には手に入らないようです。ジャガイモの芽と同じソラニンがそのいけない成分らしいので、それならジャガイモも販売禁止だろうよ!と、一人で毒づいてしまいました。
となると、このパキラの実が熟してパックリ割れるのを待つしかないのですが、所有権のないものをいくら待っても無駄なことです。とりあえず、「あの実はこんなに大きくなるのかあ」という素朴な感動だけを楽しんでおくことにしました。
151101pachira2上を向いていた実がどのくらいで垂れ下がるのか、とか、先端の長いヒゲ(たぶん雌シベの痕跡)はいつごろとれるのか、とか、若い実を包んでいた皮状の物体はいつなくなってしまうのか、とか、パキラの実についての疑問はいろいろです。いえいえ、そんなプロセスよりも大事なのはナッツの味です。
鉢植えのパキラを、ここまで大きくは育てられないよなあ、と考えたあげく、いっそ温暖化がもっと進んでくれて、関東でも露地植えができるようになってくれんものか…などと、誠に自分勝手な妄想に浸るジイサンでございました。

2014年のきょうコブクザクラ> 2013年のきょうマテバシイ> 2012年のきょうヤマラッキョウ> 2011年のきょうキッコウハグマ> 2010年のきょうセキヤノアキチョウジ> 2009年のきょうナンキンハゼ> 2008年のきょうアカカタバミ> 2007年のきょうアブラツツジ> 2006年のきょうナギナタコウジュ> 2005年のきょうススキ> 2004年のきょうガガイモ

|

« 10月31日(土) ミツガシワ | トップページ | 11月2日(月) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月31日(土) ミツガシワ | トップページ | 11月2日(月) アフリカホウセンカ(インパチェンス) »