« 10月30日(金) サンゴノボタン | トップページ | 10月31日(土) ミツガシワ »

番外編 : ハシバミ・リベンジ

Hazelnutあまりのおいしさに無念さが蘇ります。先日の残念レポートだけではどうにも収まらず、西洋ハシバミの実=いわゆるヘーゼルナッツをアマゾンしてみました。
チョコにくるまれたものは食べたような気がしても、こうしてナッツだけを味わうのは初めてです。一番近い感じはマカダミアでしょうか。あれよりさらにしみじみと滋味深く、歯触りが固くも柔らかくもなく、絶妙の食感です。
注文のときこだわったのは殻付きであることです。ああ、あの実はこんな感じに色づいて、秋口に総苞からポロンと転げ落ちてしまうのでした。
写真後方3個がその殻をつけたままの姿です。産地(これはアメリカ産)では、日本のハシバミと同じ砲弾型ではなく、右手2個のような丸型が栽培の主流だそうですが、たまに左端のような細長いタイプもできてしまうのでしょう。
そして、手前右3個が渋皮付きのまま、左3個がそれを剥いた状態です。剥くと、味の上品さは増すものの、うまく剥けないときもあるので、渋皮のわずかなエグミを楽しみながら、パクパクやる方が楽しそうです。
さて、ヘーゼルナッツはおいしいだけでなく健康や美容にもいいそうです。オレイン酸とビタミンEの含有量がほかのナッツより高いのがその理由ですが、ハシバミの実を見失った「ロスト」ハシバミ体験のおかげで、こんなにおいしい「ロースト」ハシバミを知ることになるなんて、こういうのも「万事塞翁が馬」と言えるのでしょうか。

|

« 10月30日(金) サンゴノボタン | トップページ | 10月31日(土) ミツガシワ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月30日(金) サンゴノボタン | トップページ | 10月31日(土) ミツガシワ »