« 10月26日(月) エゴノキ | トップページ | 10月28日(水) ハシバミ »

10月27日(火) ヤブソテツ

151027yabusotetuちょっと前にオニヤブソテツの葉裏を載せたことがあって、そこでこのヤブソテツのことを「胞子嚢がノッペリと白い」と書きました。じつは「白い」というのは誇張で、図鑑的には灰色なのですが、今回撮影したものはこんな茶色でした。
胞子嚢ですから、胞子が弾ける前と後では、その状態(形や色)が変わるらしく、このヤブソテツはどうやら「その後」のようです。その配列こそ、どちらもまったくランダムであっても、オニヤブソテツの胞子嚢が明らかに「蛇の目」形なのに対し、こちらには二重輪っかの気配が皆無であることだけはよくわかります。
葉表だけ見ても、ボコボコした感じのオニヤブソテツと滑らかなこちらとでは違いがだいたいわかるのですが、裏返して確認するコツはこれでつかめた気がします。あとは季節ごとにピラピラ裏返してみて、図鑑どおりに「ノッペリと灰色」の状態を写すことができればメデタシ・メデタシというわけです。

2014年のきょうセンダングサ> 2013年のきょうヒガンバナ> 2012年のきょうスダジイ> 2011年のきょうモクゲンジ> 2010年のきょうノハラアザミ> 2009年のきょうツヅラフジ(オオツヅラフジ)> 2008年のきょう原種シクラメン> 2007年のきょうツルレイシ> 2006年のきょうタウコギ> 2005年のきょうミゾソバ> 2004年のきょうヤマノイモ

|

« 10月26日(月) エゴノキ | トップページ | 10月28日(水) ハシバミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月26日(月) エゴノキ | トップページ | 10月28日(水) ハシバミ »