« 10月18日(日) エゴノキ | トップページ | 10月20日(火) ユーカリノキ »

10月19日(月) カワミドリ

151019kawamidoriあと10日も早かったら、と悔いは残るものの、謎の名前を持つこの草にようやく出会えたのですから、贅沢は言えません。
このカワミドリという名前には、一般的に川緑とか河碧とかの漢字をあてます。しかし、不思議なことにこの草が生息する場所に水は必須ではないのです。
したがって、この名前の説明としては「群生する様子が緑の川のように見える」みたいな苦し紛れになりがちです。もしかして牧野博士なら快刀乱麻を断つごとく…と期待したら、まるっきり無視していました。さすがです。
それでも気になるので「野草の名前」という図鑑にあたったら、「皮身取り」ではないかという説を掲げていました。古くから薬草として珍重されていたので、皮=外側、身=内側で全草を表しているのではないかと言うのです。
これは卓見です。少なくても川(河)に流されていません。気に入りました。なので、今まではカワ「ミ」ドリとアクセントをつけていたものを、これからは無アクセントで呼ぶことにしました。誰に聞いてもらうわけでもありませんけれど…。

2014年のきょう原種シクラメン(ヘデリフォリウム)> 2013年のきょうコナギ> 2012年のきょうカンノンチクとシュロチク> 2011年のきょうヒシ> 2010年のきょうタヌキマメ> 2009年のきょうウオトリギ> 2008年のきょうマツブサ> 2007年のきょうミヤマガマズミ> 2006年のきょうヨモギ> 2005年のきょうイシミカワ> 2004年のきょうギシギシ

|

« 10月18日(日) エゴノキ | トップページ | 10月20日(火) ユーカリノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月18日(日) エゴノキ | トップページ | 10月20日(火) ユーカリノキ »