« 10月9日(金) 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) | トップページ | 番外編 : 空中浮揚の400トン »

10月10日(土) ウラジロモミ

20151010urajiromomi1あの弘前のウラジロモミに再会できました。台風が通過中で、足下をすくわれるような風と、最低の光線具合に悩まされながらではありましたが…。
葉は冬よりも幼い状態で、それだけ気孔帯の白さ(太さ)が目立ち、葉先の尖りもかわいらしく控えめです。あの冬に、弘前ではこの点を確認できなくて、志木に戻ってから写したものよりも、ずっとウラジロモミの特徴が出ています。
20151010urajiromomi2さて、風で揺れる枝をしっかりつかんでいた手を離して全体を見上げたら、緑のお芋が団体でブルンブルンと唸っていました。どうせなら、この風で一つくらいもげ落ちてこないか期待したものの、まだ若い実にそんな気配はありません。
日本固有種ということで、なんとなく、もっと慎ましやかな実だと勝手に思っていましたが、なんとも虚を突かれた再会劇でした。

2014年のきょうシラハギ> 2013年のきょうハマビワ> 2012年のきょうキバナアキギリ> 2011年のきょうバナナ> 2010年のきょうアキノウナギツカミ> 2009年のきょうハゼノキ> 2008年のきょうカラハナソウ> 2007年のきょうアブラガヤ> 2006年のきょうリンドウ> 2005年のきょうソバ> 2004年のきょうシャリンバイ

|

« 10月9日(金) 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) | トップページ | 番外編 : 空中浮揚の400トン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月9日(金) 熱帯スイレン(ブルーギガンティア) | トップページ | 番外編 : 空中浮揚の400トン »