« 9月6日(日) エゾノコリンゴ | トップページ | 9月7日(月) アッケシソウ »

番外編 : 知床の動物

150906higuma1知床はさすがに野生動物の宝庫でした。キタキツネは至るところに我が物顔で現れるし、エゾシカも「奈良公園じゃあるまいし」と笑ってしまうほどでした。
ただ、さすがにヒグマは易々とは人前に出てきません。ところが、早朝にドライブしていたら、歩道に黒い塊を見つけました。ムクムク動くそれは、まさしくヒグマでした。後ろ姿を見つけ、慎重に追い抜き、こわごわと窓を開けて撮った一枚です。
まったく動じることなく歩みを続けていたので、車や人間は無視しているのだと思ったのに、写した顔をよく見ると、目はしっかりとこちらを見ています。ブルブル…。
150906higuma2そんな、生の遭遇ができなくても、かなりヒグマを見られる確率の高いのが知床クルージングです。泳ぎが速いヒグマが飛び込んで来たって絶対安全な距離です。
と言うか、ヒグマを近くで見るため、岸に寄れる小さなクルーザーを選んだのに、実際はそれでもちょっと遠すぎました。なんと10頭もまとめて見たものの、道路での出会いがなくこれだけだったら、ちょっと不満が残ったことでしょう。
150906ezosika1次なる大物はエゾシカの牡です。牝はあちこちでたくさん見てかわいいと思ったけれど、これだけのツノを持つ雄が道路を渡っていると、ヒグマに劣らず恐怖を感じます。
この牡鹿も熊と同じで、生だとこちらをまったく無視していると思ったのに、撮った写真で見ると、目はしっかりとこちらをチェックしていました。油断は禁物です。
150906ezosika2そしてこちらが牝です。こうして道路から見つけやすい笹藪に佇んでいることもあれば、もっと見つけにくい木々の奥で、ピーピーと声をあげながら、ひこばえの若葉をはんでいるお嬢さん、あるいはお母さんと一緒のバンビちゃんなどがいました。
150906kitakituneさらにこれはとっても悪い顔をしたキタキツネです。ふつうはもっと無表情で、道路や草地に寝転がったりトコトコ歩いたりしているくせに、獲物を盗られまいというのか、十分にこちらを威嚇する目つきでした。
あらためて思うのは、ここは彼らの土地なのだということです。立派な道路ができ、お気楽に観光はできても、その道路に横たわるキタキツネ、飛び跳ねて横断するエゾシカがいます(実際に目の前を通り過ぎました)。
世界遺産になったとて、これらの危険を顧みない暴走車もいれば、ゴミを捨てて去る不心得者がいたのも事実です。「獣に劣る」とはこのことで、慎ましやかに彼らの居住地を訪問する心は忘れたくないものです。
Tantyouduruオマケでタンチョウヅルです。雪原のなかで見るものとばかり思っていたので、9月初旬に畑で餌をついばむ姿に我が目を疑いました。
調べたらタンチョウヅルは留鳥でした。ただ、北海道に生息するのは800羽ほどだそうで、5~6,000頭はいるらしいヒグマよりはずっと希少種です。走る車から偶然に見つけたのは幸運だったと言えるでしょう。

|

« 9月6日(日) エゾノコリンゴ | トップページ | 9月7日(月) アッケシソウ »

コメント

"慎ましやかに彼らの居住地を訪問する心は忘れたくないものです。"
御意♪
数十年前の北海道しか知らないのですが13連泊を二度ほど、車で回りました。
自己中かもしれませんが、この自然を壊して欲しくないなあと強く思いました。
(壊している人の一部なんですが)


投稿: ムクロジ(無患子) | 2015/09/07 09:42

ムクロジさんへ:
13連泊×2回ってすごぉ‼
そのぐらいいたくなるところですよね。

投稿: はた衛門 | 2015/09/08 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月6日(日) エゾノコリンゴ | トップページ | 9月7日(月) アッケシソウ »