« 番外編 : 芝ざくら滝上公園 | トップページ | 9月9日(水) ノコギリソウとセイヨウノコギリソウ »

9月8日(火) イチイ

150908itii北国の人々がこの木をオンコと呼んで親しむことは、キミノオンコを載せたときに触れました。写真の木は実が赤いふつうのオンコ(イチイ)であって、サロマ湖のほとり、常呂町の民家の庭先にありました。
その「ふつう」をつい再掲するのは、豊かな実りに引かれたとは言え、もっと強い理由は「高さ」です。今まで見ていたのはせいぜい2mほどの背丈だったのに、この木はその倍はありました。北の大地はなんでも大型です。
などと簡単にまとめようとしたら、図鑑的なイチイの最大樹高は20mでした。今までこのことを知らずにうろついた森で、ひょっとしたら迂闊にもモミと思って見過ごしてしまったイチイの大木があったかもしれません。
20mのイチイの雌株が上から下まで赤い実で彩られた景色…また新たな捜し物ができてしまいました。

2014年のきょうナンバンギセル> 2013年のきょうアメリカノウゼンカズラ(黄花)> 2012年のきょうナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ)> 2011年のきょうシラヤマギク> 2010年のきょうゴジカ> 2009年のきょうキツリフネ> 2008年のきょうミヤコグサ> 2007年のきょうギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)> 2006年のきょうキカラスウリ> 2005年のきょうナガホノシロワレモコウ> 2004年のきょうシュクシャ

|

« 番外編 : 芝ざくら滝上公園 | トップページ | 9月9日(水) ノコギリソウとセイヨウノコギリソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 芝ざくら滝上公園 | トップページ | 9月9日(水) ノコギリソウとセイヨウノコギリソウ »