« 9月22日(火) ホオノキ | トップページ | 番外編 : ヒラヒラもの三態 »

9月23日(水) タカサゴユリ

150923takasagoyuri
目測ではあっても、2m超えは明らかなタカサゴユリです。花は花柄とほぼ直角をなして横向きに咲いていたのに、できた実(朔果)はまっすぐに空を向きます。ヤマユリウバユリも同じ仕掛けで、種が一度にこぼれない工夫でしょう。
また、花が咲いているときや、実がこうしてまだ若いときは、その重さで茎は弓なりにしなっていることがほとんどです。しかし、これから実が枯れて水分を失うと、茎は種をできるだけ遠くに飛ばそうとして直立します。
このタカサゴユリは繁殖力が旺盛で、侵入植物(台湾から移入)として警戒されています。それは、この朔果が大量の種を風に乗せて撒き散らすからです。
ところが以前はその時期を逃してしまい、間抜けにも、空っぽになった朔果(の殻)を「きれいだなぁ」と眺めたりしていました。今度こそ、朔果が割れ出すころ、その驚くべき種の数をチェックしてみなければなりません。

<補注> 種の数は、自分で数えるのをあきらめるほどでした。(2015年12月16日

過去のきょう 2014 タムシバ 2013 オオベンケイソウ 2012 サネブトナツメ 2011 アカメガシワ 2010 オオバチドメ 2009 ヤブマメ 2008 アゼナ 2007 シナアブラギリ 2006 コナギ 2005 ヤブツルアズキ 2004 ナナカマド

|

« 9月22日(火) ホオノキ | トップページ | 番外編 : ヒラヒラもの三態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月22日(火) ホオノキ | トップページ | 番外編 : ヒラヒラもの三態 »