« 9月1日(火) ミズキンバイ | トップページ | 9月3日(木) レモングラス »

9月2日(水) ウリハダカエデ

150902urihadakaede4日前、ホソエカエデの雌株に会えなかったことを嘆いたばかりだったので、もしかしてこれが!と、かなり心ときめきました。長くぶら下がった翼果は、ホソエカエデのそれにかなり近く見えるし、写真を横に走る太枝の樹皮は瓜の皮状で、この点もホソエカエデである条件を満たしています。
しかし、いかんせん葉柄にさっぱり赤みが見えません。なんと言っても、先日の記事でそこを一番の特徴にあげたのですから、この木がホソエカエデである可能性はまったくゼロということになります。
ではこれは?と言えば、こんな瓜肌の樹皮を持つカエデには、ホソエカエデのほかにウリカエデとウリハダカエデがあるわけです。その一つ、ウリカエデの翼果はもっと房が短く、葉型も割れません。したがって、残るウリハダカエデがこの木の正体となります。5月には雌花を写していて、ようやく花と実がつながりました。

2014年のきょうキツネノマゴ> 2013年のきょうヤマボウシ> 2012年のきょうカナムグラ> 2011年のきょうハナトラノオ(カクトラノオ)> 2010年のきょうシロネ> 2009年のきょうツルガシワ> 2008年のきょうミズカンナ> 2007年のきょうヒメシロネ> 2006年のきょうイヌタデ> 2005年のきょうハス> 2004年のきょうピンクノウゼンカズラ

|

« 9月1日(火) ミズキンバイ | トップページ | 9月3日(木) レモングラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月1日(火) ミズキンバイ | トップページ | 9月3日(木) レモングラス »