« 8月26日(水) ノシラン | トップページ | 8月28日(金) オキナアサガオ »

8月27日(木) イヌビワ

150827inubiwa1おいしそうな実を見て、ワタシの涎(よだれ)が葉の上にタラ~リ…ではなくて、これはイヌビワの実(果嚢)からしたたり落ちた蜜です。これだけ食べ頃サインがハッキリしていると、「子供が食べる」という図鑑の説明も完全納得です。
150827inubiwa2子供だけに任せておけず、爺さんも食べてみました。上品な甘さで、果汁にあふれていて、これで種(これが本当の果実)のザラつきさえなければ、千疋屋の店先に並んでいてもおかしくありません。
さて、困ったのは過去記事です。「雌株で決定」と断じた木が雄株だった疑惑が浮上してきました。あるいは、あの時点から1カ月少々の時間が、雌株の果嚢をここまで変貌させるというのでしょうか。
とりあえずきょうの記事の主旨は「イヌビワの雌株さん、ごめんなさい」です。写真の木があった森には、食べ頃の実(果嚢)をつけた雌株が何本もあって、この完熟状態が決して特殊な現象ではないことを理解できました。

2014年のきょうマツカゼソウ> 2013年のきょうヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)> 2012年のきょうコマツヨイグサ> 2011年のきょうオカボ(イネ)> 2010年のきょうアワ> 2009年のきょうイヌトウバナ> 2008年のきょうアキグミ> 2007年のきょうアキノタムラソウ> 2006年のきょうキクイモ> 2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)

|

« 8月26日(水) ノシラン | トップページ | 8月28日(金) オキナアサガオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月26日(水) ノシラン | トップページ | 8月28日(金) オキナアサガオ »