« 8月13日(木) ホツツジ | トップページ | 8月15日(土) テイカカズラ »

8月14日(金) ミズカンナ

150814mizukanna1ミズカンナというくらいだから水辺に咲くわけで、あまり接写しやすい被写体ではありません。足下の安全を思えば、遠目に眺めておくのが無難です。
ただ、接写レンズを一本余計に持たされたおかげで、このごろは「やったるで!」と燃える機会が増えました。草ボウボウで地面と水の境目が定かでないところをすり足で進み、及び腰でミズカンナの花に迫ってみました。
白い苞のなかには花が二つ咲くようです。熟すと黒い球ができるのは記憶にありますが、その元になる太い雌シベ(柱頭)も確認できました。
150814mizukanna2さて、その粉白色の皮が苞ならば、こちらは総苞のようです。長い莢状の皮がすでに枯れ色になっていて、早めに落ちてしまうのでしょう。
こうなると、この総苞に包まれた若い花芽のころも写したくなるし、ネジ状になる花茎のしくみ(たぶん次々と咲く花の痕跡)も確認したくなります。さすがにミズカンナ、ズブズブと深みに引きずり込むような魅力にあふれています。

2014年のきょうズミ> 2013年のきょうカキツバタ> 2012年のきょうアオギリ> 2011年のきょうハシドイ> 2010年のきょうミクリ> 2009年のきょうコスモス> 2008年のきょうキツネノカミソリ> 2007年のきょうキバナコスモス> 2006年のきょうハイビスカス> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうエンジュ

|

« 8月13日(木) ホツツジ | トップページ | 8月15日(土) テイカカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月13日(木) ホツツジ | トップページ | 8月15日(土) テイカカズラ »