« 8月11日(火) アオツヅラフジ | トップページ | 8月13日(木) ホツツジ »

8月12日(水) ケイトウ(鶏冠鶏頭)

150812keitou1おととい、八千代鶏頭を取り上げたときに書き切れないことがあったので、続編的にふつうのケイトウ(鶏冠ケイトウ)に肉薄してみました。
「ケイトウの花」というとき、特に視力のいい人でない限り、あの鶏冠(とさか)や槍や房の部分が花に見えてしまうはずです。ところが、ケイトウの本来の花はあのフワフワ・フサフサ部分の下で、こうしてささやかに咲いているのです。
150812keitou2分解すると、その一つひとつに5枚の萼があり、赤く突き出た雌シベと5本の雄シベが備わっているのがわかります。
となると、あのフワフワ・フサフサは何?となるわけで、答えはユーフォルビア・ラクテアの記事で取り上げていました。本来は上にのびるべき茎の先が横広がりに生長してしまう「帯化」という現象がその正体でした。
しかし、その帯化部分がなぜフワフワ・フサフサになるかの説明は、にわか勉強ではまったく追いつきません。動物と話せるオバサンがいるのだから、植物と話せるオジサンになりたいものと、心底思うときがあります。

2014年のきょうモミ> 2013年のきょうガマ> 2012年のきょうナギ> 2011年のきょうベニシダレ> 2010年のきょうタバコ> 2009年のきょうカノコユリ> 2008年のきょうキキョウ> 2007年のきょうトチバニンジン> 2006年のきょうカンガレイ> 2005年のきょうニチニチソウ> 2004年のきょうミソハギ

|

« 8月11日(火) アオツヅラフジ | トップページ | 8月13日(木) ホツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月11日(火) アオツヅラフジ | トップページ | 8月13日(木) ホツツジ »