« 番外編 : 男鹿の夕陽 | トップページ | 7月7日(火) スナビキソウ »

7月6日(月) ウメ

150706ume梅の雨と書いて「つゆ」ですから、毎日毎日が鬱陶しいこの季節に梅の実を愛でるのは、由緒正しい草木の道ということでしょう。
どうして梅の雨が「つゆ」なのか(語源)には諸説あるそうですが、が今ごろ収穫期を迎えることはおおいに関係しているはずです。
いかにも「おいしい梅干しになるよぉ」と言わんばかりに充実した実のせいで、枝がみんな地面に向かって引っ張られていました。

2014年のきょうバイケイソウ> 2013年のきょうサルナシ> 2012年のきょうサフィニア> 2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうイワガラミ> 2009年のきょうノカンゾウ> 2008年のきょうボッグセージ(サルビア・ウリギノサ)> 2007年のきょうギンロバイ> 2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

|

« 番外編 : 男鹿の夕陽 | トップページ | 7月7日(火) スナビキソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 男鹿の夕陽 | トップページ | 7月7日(火) スナビキソウ »