« 7月4日(土) リョウブ | トップページ | 番外編 : 男鹿の夕陽 »

7月5日(日) タコノアシ

150705takonoasi1春先から何度もこの場所に来てみて、ようやく見つけました。赤ちゃん状態をとらえたかったのですが、もう幼稚園児くらいです。ママの足下で元気いっぱい、これが幼い苗の姿とわかってみると、周囲は園児であふれていました。
150705takonoasi2若緑色の葉は細身の流線型で、中央を走る白い葉脈がとても目立ちます。こうしてスギナくんと仲良く遊ぶ姿はなかなか平和です。
150705takonoasi3しかし、背後に忍び寄る魔の手もありました。セイタカアワダチソウです。タコノアシも茎は赤っぽいのですが、セイタカのそれは紫です。葉の形も似ているのですが、セイタカの中央葉脈は目立たず、葉全体もガサついています。
抽水状態(1枚目写真)やそれに近い具合(2枚目写真)だとセイタカの侵入は防げていても、少し乾いた土壌ではセイタカの我が物顔は止まりません。この場所はまだセイタカにとっての不可侵領域があるからいいようなものの、こうして在来の稀少種が抹殺されていくという恐ろしい光景を目の当たりにしてしまいました。

2014年のきょうタラノキ> 2013年のきょうトチバニンジン> 2012年のきょうイワガラミ> 2011年のきょうノハナショウブ> 2010年のきょうバーベナ> 2009年のきょうオオバギボウシ> 2008年のきょうブルーサルビア> 2007年のきょうリシマキア・プンクタータ> 2006年のきょうインドハマユウ> 2005年のきょうノブドウ> 2004年のきょうアサガオ

|

« 7月4日(土) リョウブ | トップページ | 番外編 : 男鹿の夕陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月4日(土) リョウブ | トップページ | 番外編 : 男鹿の夕陽 »