« 7月19日(日) ジュウモンジシダ | トップページ | 7月21日(火) マルバアサガオ »

7月20日(月) アオギリ

150720aogiri1かつては「よくわからない」で片付けていたアオギリの花です。一昨年、少しだけ作りがわかったので、今度はさらにグッと迫ってみました。
今年の収穫は、まず花びらだと思っていたパーツが萼だとわかったことです。写真には蕾が1個だけ写っていますが、そのカプセル状の萼が5つに割れて寸法がのび、反り返ってカールしたものが花びらに見えるのでした。
その萼の内側は赤いのかと思うとさにあらずで、穂の先端にある雄花(飛び出た球体が葯の塊)のそこは黄色です。では雄花の萼が黄色で雌花は赤いのかと思うとこれもまた違い、雌雄ともに咲いた初日は黄色で、翌日は赤く変化するのです。つまり、この穂では雄花が当日開花したもので、雌花はそれ以前に咲いたものとわかります。雌花の一つはすでに萼が枯れ、実が割れ始めています。
150720aogiri2その実がさらに熟すと、まるで獲物を狙う鷹の爪のようです。これも2年前に不完全なレポートをしていて、これが補完・修正バージョンになります。
150720aogiri3さて、その実を割ってみました。いきなりおつゆがジョジョッとこぼれてびっくりです。来月半ばにはもうこれが自分で割れ、青い種が露出するのですが、その種はまだまるでアコヤ貝のなかの真珠のような姿でした。
と冷静を装っていますが、このジョジョッとおつゆがこぼれたとき、すかさずオオスズメバチが水を飲みに来たのには焦りました。いったいどこで見張っていたのか、割った実にオレンジのヘルメットくんが張り付いたのです。
あわてて実を地面に捨てたら、どこかに行ってしまいました。オオスズメバチのなかにも温厚な御仁がいるらしく、もし「なんで落とすんだよ!」とか絡むヤツだったら、いまごろワタシは病院のベッドか棺桶のなかにいたかもしれません。

2014年のきょうヤマシャクヤク> 2013年のきょうムラサキシキブ> 2012年のきょうフシグロセンノウ> 2011年のきょうヘリオトロープ> 2010年のきょうクヌギ> 2009年のきょうスジギボウシ> 2008年のきょうゴウソ> 2007年のきょうシダルセア> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

|

« 7月19日(日) ジュウモンジシダ | トップページ | 7月21日(火) マルバアサガオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月19日(日) ジュウモンジシダ | トップページ | 7月21日(火) マルバアサガオ »