« 7月14日(火) ユリノキ | トップページ | 7月16日(木) クリ »

7月15日(水) バイカモ(ミシマバイカモ)

150715kakitagawa富士の雪解け水が三島(旧・清水町)にいきなり湧き出して川になり、たった1.2km流れて狩野川に吸収され、柿田川の名は失われてしまいます。
ただし、そのあっけなさとは裏腹に湧水の量はものすごく、一日110万トン…と聞いてもピンときませんが、標準的な小学校のプール3,056杯分、ということは1分間でプール2杯分がゴボゴボ・ゴボゴボ、すご過ぎます。
150715baikamo1当然ながらこの水はきわめてクリーンで低温です。つまりバイカモが生息する条件にピッタリというわけで、柿田川見たさ60%・バイカモ撮りたさ40%の爺さまは、ワクワク度100%でノコノコ出かけてみたのでした。
全体の姿としては、これはほとんど金魚藻です。なおかつ、金魚藻の代表であるオオカナダモがウチで開花したとき、たしかこんな感じだった記憶があります。
150715baikamo2さてその花は、ついリムナンテスを思い出したほどにおどけたお顔でした。梅の花と見立てるには花びらの芯の黄色がどうも邪魔なのですが、はるばる遠征して会えた憧れの君です。指先ほどの小顔を、ありがたく接写してきました。

2014年のきょうキンシバイ> 2013年のきょうホウキモロコシ> 2012年のきょうワイヤープランツ> 2011年のきょうコリアンダー(コエンドロ)> 2010年のきょうアーティチョーク(チョウセンアザミ)> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうムラサキバレンギク> 2007年のきょうイチジク> 2006年のきょうヒマワリ> 2005年のきょうオオエノコログサ> 2004年のきょうユリ(品種不詳・カノコユリ系)

|

« 7月14日(火) ユリノキ | トップページ | 7月16日(木) クリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月14日(火) ユリノキ | トップページ | 7月16日(木) クリ »